最新の記事一覧

06/13

とある大きな高校で働き始めて、1週間がたちました。
生徒も先生も補助教員の方々も、みんな感じよく楽しく仕事をしています。

そこで、英語の勉強をし始めなきゃなぁって思ってはいるのですが、自分の目標がいざ近づいてくると、ビビったりするもんです。
「感じ悪い生徒がたくさんいたら、俺の英語で対処しきれるのかなぁ?」とか
「統計学はほとんど学生の時に勉強していないから、教えられないんじゃないかな?」とか・・・。

そんな不安を友達の数学の先生に漏らすと「全く問題ないよ!あんたは絶対だじょうぶ!」って言ってもらえるんだけど、今日もやっぱり不安になり、胃がキリキリする場面があった。
補助教員だと、メインの先生のスタイルに合わせて、働きを変えなければならなくなる。
なので、そのメインの先生方が何を言っているかを把握する必要があるんだけど、やっぱり先生方、みんなネイティブスピーカーなので、当たり前だけど、英語が上手なんですよね(笑)
「俺、これを説明しようとしたら、こんなにスマートに教えられるかなぁ?」なんて思ったりすると、もう不安になってしまうんですよね。

教員というのは、素晴らしい先生のコピーをしても、うまくいかないことが多い。
というのは、授業や生徒指導は、先生がもつ性格、気質によって全く変わってくるからなんです。
僕が細かく生徒を注意し始めたら、きっとうまくいかないでしょう。
でも、細かく注意するのが上手な先生が、僕のスタイルで生徒に接したら、きっと失敗するでしょう。

英語がいまいちってのも、自分のキャラクターの一つとしてとらえ、自分の強みを前面に出して頑張るしかないんだよね。
不安になってばかりいても、なにも解決しない。
困るんなら、先生になってから困ればいい。

そう割り切るためにブログを書いてみました。

頑張れ俺!
もう少し、もう少し!


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。




06/04

火曜日から、新しい挑戦へ一歩踏み出します。

先週までは、西オークランドにあるとあるインターミディエートスクールで数学の補助教員をしていました。
今年に入り、ある特定の生徒の面倒を見ることになり、数学を教えることができなくなり、転職を決めました。
やはり、僕は数学を教え続けたい。

そして、正直、インターミディエートのレベルの数学に物足りなさを感じていて、自分の教えたい数学に最も近い数学を教えている、カレッジに的を絞り就職活動。
20校近く回りましたが、門前払い。
で、何とか去年一緒に働いていた先生の伝手で紹介してもらった、オークランドのとあるグラマースクールで、数学の補助教員として採用されることになり、明後日から働き始めます。
3000人近く生徒がいるでっかい学校です。

自分の英語力も上がっている。
読み書きのスピードも上がっている。
後はテストに向けた微調整をすればいいかと。

早いところIELTSのテストに通って、何とか学校の先生になろう。

ということで、子育てはもちろんまだまだ楽しんでいますが、人生の目標がより間近に迫っていることもあり、ブログのタイトルを
「海外イクメンの頭の中」
から
「もし、日本の数学の先生が海外で数学の先生になったら・・・」
に変更することにしました。

これからも、細々と続けていきますので、よろしくお願いします。



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。



感謝。

カテゴリ:教員

06/01

この業界は、どこの国でもお別れと出会いが憑きものなんですよね。
今日は、たくさんの生徒、先生方にありがとう、さようなら、と言われる.

ただねぇ、日本との違いは学期の途中での異動が割と当たり前だということ。
そして僕もその学期の途中に異動する人のうちの一人。
生徒たちはまだそこにいるのに、いなくなる違和感。
桜の季節じゃないのに、さよならを言う違和感を今日はすごく感じました。

たくさんの先生生徒とハグして、思い残すことはもう何もない。

次の学校でも、やっぱりできることを全力でやりぬこう。
そう決心させてもらえる一日でした。

次の学校での仕事は来週の火曜日から。
明日からの4連休で、しっかり深呼吸して、来週からまたあばれるぞ~!


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

お別れの挨拶。

カテゴリ:教員

05/31

明日で今の学校はお勤め最後。
そして今日は、全校集会でお別れの挨拶をしました。

全校集会の前に、マオリの先生のクラスでShared lunch、そしてお別れの挨拶をそこでもしました。
やっぱりこのマオリの先生は暖かいし熱い。労を惜しまず人に尽くす、本当に尊敬できる先生。
いい出会いに感謝です。

小さなクラス用と全校生徒用で、言うことを変えたいので、全校生徒用のスピーチ内容に触れない形で話をしました。

この学校でたくさん学んだし、たくさん成長した。
ここで働き始めたときには、生徒たちの前で英語でスピーチするなんて、緊張してまともにできていなかっただろうけど、今日は全く緊張しなかった。

自分でいうのも何ですが、僕、この学校で、すごい人気者なんです。
だから「なんでいなくなっちゃうの?」とたくさんの生徒から言われた。
小さなクラス用のスピーチは、それの答えになるようにしゃべった。
「自分の情熱に突き動かされて今まで生きてきた。その情熱が消えそうになっていることに気づいた。だから、子供たちは好きだけど、もうここにはいられないと判断した。」と。
さすがにこれを語ったときは、結構目頭が熱くなった。

そしてもう一つ
「ハイスクールの数学は、今までの算数とは全く違って、もっと面白いんだ。だから、今、数学を嫌いと決めずに、いつかは面白くなると信じて、今の基礎的な算数をちゃんと学ぼう。」と。

情熱は失われ始めたが、やっぱり楽しく充実した日々もここにあったのは事実なんだよなぁ。

全校集会でのスピーチですが、同じ日にお別れの挨拶をする先生が先に挨拶。
彼女は、僕より若いのに、とある特別支援学校の副校長になるために退職。
頭のいいコンピューターを巧みに操る先生でした。

彼女のスピーチが終わり、僕の出番です。

「僕は、クラスで計算が一番遅い生徒でした。でも、今は数学の先生です。実は、計算が遅いから、計算をできるだけ省いて解く方法を見つけることが僕は上手かったんです。計算が遅かったから、数学ができるようになったんです。 僕は、中学生のころ、英語の先生に『英語なんて人生で必要ないのに何で学ぶの?』と言っていました。そして今、英語でスピーチしています。 最初はいやだと思っても、無理だと思っても、実はそうでもなかったりすることが人生には多いです。なので、今数学が嫌いと決めるには時期が早すぎるんだよね。」というくだりから、熱い格言みたいなものにつなげていく予定だったのですが、完全にその熱い格言が頭から抜けてしまい・・・。

「何が言いたかったかというとね・・・わすれちゃったんだ(笑)」

そんな感じで、そのあともちょっとユーモアを交えて「また会おう」とあいさつし、生徒たちが最終的にはドカドカ笑って終了。

我ながら、いいスピーチだったと思います。
えぇ、英語はグダグダだし、何が言いたかったか忘れたけど、スピーチ全体としてはよかったかなと(笑)

人生初の、ネイティブスピーカー数百人の目の前でのスピーチとしては、上出来だったかな。

これですっきりさっぱり切り替えて、次の学校に打ち込めそうです。
明日は最後の一日、ゆっくり楽しみたいと思います。

では!


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

05/30

今勤めている学校は、明後日でおしまい。
なのに、先週の水曜日の午後から、風邪で撃沈。
日本人なのでね、風邪でも薬で押さえて何とか・・・なんてレベルじゃなかった。

頭は痛いし、体はだるいし、のどは激痛。
とにかくイライラが止まらない。

水曜日の午後から土曜日にかけて、1日15時間ぐらい寝てた(笑)
マヌカハニーを目が覚めるごとに舐め、食欲がある時に、できるだけ何でもほおばり、水をがぶ飲み。
布団に入って、異常な量の汗をかく。
これは自分が子供の時にやっていた、風邪の治し方。
久々にやりましたよ。
普通なら、2日ぐらいすれば治るんだけど、今回は4日間かかりました。
その間の個人レッスンもキャンセルになり、風邪だけでなく経済的な打撃も・・・。

ここ2年以上、ずっとマラソンのトレーニングをしていたおかげで、その間は風邪とは無縁だっただけに「風邪ってこんなきついのかよ・・・」って正直辟易しましたが、何とか今日、授業ができるだけの元気が出てきました。

まだ鼻は出るし、咳も止まらない。
まだまだ風邪が完全には抜けきってません。
NZにお住いの皆さん、最近はやっている風邪、かなり厄介です。
予防を心がけましょう!


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム