最新の記事一覧

これからの教育

カテゴリ:教育

02/11

「補習校の宿題いつやるの?」
と僕も娘によく聞いてしまう。

これって、本当に宿題やってほしかったら、逆効果なんですよね。

学校の先生も、こういった指導をする人を多く見てきた。
NZでも見ています。

勉強しなさい
宿題いつやるの?
テスト近いんだから

こういった親や先生方からの発言って、実は意味ないか、逆効果だったりする。
これから10年ぐらいかけて、このあたりが禁句ですよって言われる教育法が多分続々登場することになると思う。

今、世界の教育現場は、大きく変革の時を迎えていている。
勉強なんかしなくても、暗記なんかしなくても、グーグル先生に聞いたら、なんでも瞬時に答えが出てくるんです。
お医者さんだって、ググって診察する時代なんですよね。

じゃぁ、今、子供をどう教育すればいいの?
って思いますよね。

あくまで僕が今までの経験から割り出したものですが、これからは
「子供になりたい自分像」を強くイメージさせ、
子供たちが自発的に学ぶように仕向けること。

そのためには、学び方を教えることになるが、まずはなりたい自分像をどうやって発見させるかが重要になる。

この下に書く記事は、僕が実際に生徒にした指導です。
Twitterでちょっとバズッたのですが、こういった声かけが重要だと思っています。

※ここでしている会話は、全部英語で行われています。





教員してると、たまに天のお告げみたいな、そんなものに操られて行動する時がある。



今日の数学の授業に、去年から問題視されている生徒がいた。



厳しい先生から優しい先生まですべての先生に怒られてた。



怒られる理由は確かにそこにあった。



集中できずにちょっかい出したくなっちゃうんだよね。



いつものように、その生徒は課題を全くせずにボーッとしていた。



僕はふと彼の隣に座って話し始めた。



「実はね、僕は君が賢いということを知ってるんだよ。君が思うよりも詳しく、君の能力がわかってる。」



普段はいらないことを言って先生方に反抗するんだけど、この時はキョトンとしていた。



「なんのために勉強するか知ってる?頭を良くするためだよね。



頭が良くなると、いろんな面白いことができて、人生がもっと面白くなるんだ。それはわかる?」



彼は頷いた。



「でもさ、ちょっかい出したくなる。集中して勉強なんてしたくない。って思う自分もいるじゃん?」



彼はまた頷いた。



「でね、2つの人生の楽しみ方が君にはあるんだよ。一つは、頭を良くして人生を楽しみたい自分。頭を良くする作業を避けて、ラクして楽しみたい自分。」



じっと僕を見つめている。



「どっちがいいと思う?」 と聞くと



「頭を良くしたい」と答える。



ここで僕は



「じゃぁ、何をいますべきかな?」



彼は



「問題を解く」と答えた。



僕はこう答えた



「それは半分正解だ。でも、半分は間違ってる。」



キョトンとした顔で僕を見る。



「この問題、できたほうがいい。でもね、実のところ、この計算ができなくても、君はそんなに困らない。」



「数学ってそんなもんなんだよ。」



じっと僕を見つめている。



「この問題を解いているときに出てくる雑念とうまく向き合うトレーニングだと思う必要があるんだよ。どうやったら集中し続けられるか。どう言うときに集中が切れるのか。それを観察するんだ。」



「最初は簡単じゃない。でも、絶対に今の君は昨日の君よりも賢くなってる。明日はもっと賢くなってる。だって明日の自分は、自分をもっと上手にコントロールできるんだから。」



「もちろん全然簡単じゃないし、僕だってできていないときがある。でも、そこで自分がハードワークすれば、その先にもっと面白い人生が待ってるんだよ。」



「僕は君の人生にずっと寄り添うことはできない。でも、君の人生が楽しいものになってほしいと思っているんだ。だから、数学を使ってその方法を伝授してるわけ。」



彼はまだ、じっと僕の目を見つめている。



「じゃぁ、今やるべきことわかる?」



と言ったら、静かにうなずいて、必死に問題を解き始めた。



彼の課題が全部終った頃に、また彼の隣に座り。



「すげぇな。お前、半端なく賢くなるぞ。いやぁ、感心したよ!」



って万編の笑みで呟く。



涙ぐむ生徒の顔がそこにあった。



これだから教職はやめられない。





ちなみに、この生徒は普段課題を半分も終わらせられない、今まではほとんど真面目に取り組んでいなかった。



明日また崩れて学ばなくなるかもしれない。



でもいいんだ。 俺はまた同じように彼と接する。



いつになっても変わらぬメニューを提供する行きつけの喫茶店のように、これからも同じことを繰り返し言い続けるぜ。




こんなツイートでした。

方法としては

ゴールを見せて
何をすべきか考えさせる。
でも、さすがに子供には単純な道しか見えないので
もっとそのゴールを達成するために効率的な方法を助言したりする。

これ、すべて押し付けでなく、話し合いスタイルで行うべきなんです。
上からものを言うのではなく、感覚としては、生徒が運転手で、先生がナビゲーターみたいな感じです。
生徒が行きたい場所を示すので、先生がそこへの安全に行ける道や近道を示すんです。
と、僕がのちに使う記録用に書いてみました。




ぜひ↓押して行ってください(^^)
お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

02/02

正直言うと、お金とか関係なく、数学教えたい。
だから、学校の先生が僕にとってはやっぱり目指すところなのかなって思うんです。

お金って大事。
ホリデープログラムやってるとすごくわかる。

僕も、準備に相当時間かけてホリデープログラムを準備して、僕が17年間の指導者経験をそこに詰め込むわけだから、値段設定としては決して高くはない、むしろ提供できる質のものとしては、安いとは思う。
ただ、やっぱりお金とは全く関係ないところで、僕は教えたいし、延長したからって誰からも気を使ってもらわなくてもいい環境で生徒を指導したいという願いが、実は頭のどこかに常にある。

お金ってのは、資本主義の根本にあるものなんだけどさ、これの形がもし変えられたらいいのにって最近思うんですよね。
お金=信用を数値化したもの
ってよく言うんだけどさ、僕の授業とスーパーで牛の肉を比べたときに、どっちが価値があるかって、そうやって比べられること自体ちょっと変だなって思うんだよね。

今は、どうしても受験等があって、数学をどうして学ぶのかの理由が「テストでいい点を取れるから」というところに直結する。
テストでいい点が取れる指導、今まで嫌というほどやってきたから、やろうと思えばできる。
でも、そのテストだけに勝てる力がこれからの世の中でどれだけ役に立つかが不明なんですよね・・・。

それよりも、自分で考えて自分で学べる力を付けたほうがいい。
そう思って、実は自分の指導方法を今変えているところなんです。
もちろん、生徒によい点数も取ってもらいたいので、要所では試験対策をしますが、その他は授業の指導方法を変えています。
只今研究中なんだけど、今のところは、指導法を変えたことによって生徒たちにポジティブな変化が出てきています。

まだ、ここで公表するほど深く細かいデータが拾えていないので、具体的な方法はここでは語りませんが
「自分で考えて、自分で学び、自分で行動する」という力を付けさせるために、いろいろ取り組んでいます。
数学のような、単純反復と考える力が交互に学びの中に出てくる教科というのは、こういった力の育成を効率的に行えると僕は思っているんですよね。

例え受験制度が崩壊しようとも、資本主義が根底から揺らごうとも、人間に絶対的に必要な力を僕は生徒たちに付けていきたい。

なんて思考が最近頭の中を巡っている。

方向転換しているときって、どうしても迷いがあって、なかなかフルスイングできないもんなんですよね。
実は、1月はホリデープログラムをせずに、個人授業をしただけだったのですが、
その迷いのせいで、積極的に指導しようという気持ちにブレがあったんですよね。
今週、現地校の生徒たちと接し始めて、やっと自分の迷いがどこにあるか分かった。

とりあえず、これからは、しばらく正規の先生として教員登録ができるように、またいろいろ頑張ろうと決意した1週間でした。



ぜひ↓押して行ってください(^^)
お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

01/28

NZで保育園の先生、幼稚園の先生になりたい人。
小学校・インターミディエート・ハイスクールやカレッジの先生になりたい人に


超重要な情報です!

今年、言語のハードルが修正されましたよ!
もう、審査方法が不透明なIELTSにすがらなくてもいいんです!

Language competency requirement

これは、NZで言う教育委員会みたいな、教員登録を取り仕切っている機関(education council)のサイトです。

これを受けて、僕も行動を変えていきたいと思っています。
とりあえず、明日から学校が始まるのですが、その休み時間等にもっとリサーチしたり、実際にこの変化に携わった人が先生の中でいないか見てみて、深く話を聞いてみたいと思っています。

というわけで、僕も次のチャレンジの方向性が決まったら、ここにアップしたいと思います。
僕はあまりここで公言していませんが、
僕は「海外で活躍したい教員」を全力で応援します。
もし、詳しいことを知りたい人がいましたら、ぜひ僕に連絡ください。
僕が持っている情報は、共有しますよ!(^^)



ぜひ↓押して行ってください(^^)
お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

うどん切れ

カテゴリ:暮らし

01/21

うどん切れ

この言葉は、僕が香川の人から教わった言葉です。
意味は、うどんをしばらく食べなくなると無性に食べたくなる状態のこと。
ニュージーランドでは、讃岐うどんなんて食べられないので、かなりうどん切れを起こしている今日この頃です。

話は変わり、今週は、授業をしないで、子育てホリデーを満喫することにした。

娘の友達の両親が、スクールホリデー中の子供たちのベビーシッターを探しているから、僕が家にいて面倒見ることに。
女の子も8歳ぐらいになると、だいたい目を離していても危ないこととかしないからね。
子供たちが遊んでいる間に、ブログ書いたり、Youtubeの次の構想練ったり。

ただ、問題なのが、子供たちはやることがなくなると、デバイスで動画を見始める。
せっかく友達同士が集まっているのに、それではねぇ。

ということで、手打ちうどんを作ることにしました✨

これから仕込みに入りたいと思います♪

久々のうどん、楽しみだーーー!


ぜひ↓押して行ってください(^^)
お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

子供の便秘。

カテゴリ:子育て

01/19

うちの下の娘、二歳のときにものすごく便秘がひどくて、ひどいときは9日間も出さないことがありました(汗)

流石にその時はどうしようもなく不安になり、夢にも出てきたほど。

食事を改善したり、運動させたり、水をたくさん飲ませたり、いろいろやったけど、普通の大人がなる便秘ではなく、出すのを意図的に抑える便秘だということがわかった。

出すことに恐怖を覚えてるみたいなんですよね。
ちょっと我慢すると大きくなり、出すとき痛くなり、我慢して抑える。

この悪循環…とにかく可愛そう…。

僕らも日本語英語ベースでずっと便秘の解消法を探し続けたが、結局見つからず…。


で、僕は一つの結論に至りました。

この悪循環の始まりは

「親の焦り」

つまり僕らが取るべき行動は

「気にしないこと」

気にかけながらも気にしないことなんですよね。

放任することが一番の近道かと。


現に放任してからというもの、下の娘はもう便秘に困ることはなくなっています。

子育てしている方で便秘でお困りの方に、これも一つの選択肢ですよ!

という情報提供のお話でした(^^)



ぜひ↓押して行ってください(^^)
お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ


プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

アクセス解析

リンク

ブロとも申請フォーム