最新の記事一覧

04/22

ホリデープログラムが終わりました。
今回もかなり気合入れて授業を組み立てました。
資料はできるだけ前日に全部用意して、授業が始まる前は、20分ぐらい頭の中でどういう授業になるかを描いて、必要になるだろう教材や
席配置、授業全体に一貫性を持たせるための数学の話や、学習効率を上げるための脳科学や心理学などの研究結果を用意。

実際はうまく行った点とうまく行かなかった点とに二極化された授業でした。

上手く行った点は、生徒の定着率が上がったことと、生徒の驚異的な伸びが見られたこと。

あまり深く書くと企業秘密がバレてしまうので書きませんが(笑)授業中に入れると生徒たちの学習効率が確実に上がる秘密のお話の成果で、生徒たちの定着率がググっと上がり、短期間で一人ひとりが学んだことをものにしていました。(※生徒たちみんな素晴らしい人格を持っていることが基礎にあっての話ですが。)

また、前回のプログラムから見ている生徒たちの実力が伸びていることが確認できたのもすごく嬉しかった。

ただ、逆に失敗だったのがインテンシティが落ちてしまったことです。
今回は、4日間だったところを5日間に、2時間だったところを2時間半に設定。
これが完全に裏目に出ました。
数学はいくら楽しくても、学習時間はやはり2時間が限界ですね。
最後の日は歓談の時間をとったりして、横のつながりを深めようと思い、最初の一時間だけ授業をして、あとはおやつを食べながらお話していましたが、歓談の時間は楽しさを引き出せなかった時間になってしまいました(^_^;)
子どもたちの貴重な時間を削って用意した時間なだけに、これであれば最終日はないほうが良いですね。

僕のスタイルの授業であれば、1日2時間で4日間のプログラムがいいということがわかりました。


さて、IELTSですが、驚愕の結果に…。
あのいじわるばぁさんが試験管だった朝のインタビューから、なにか調子を崩していたのは確か。
教わった英語の先生からは「こんなはずはない。あなたのリーディングもライティングも、いつでも7.0を取れるぐらいなのに…何が起きてこんなことになったの?」って質問されたほど。

結果は
リスニング8.0
リーディング5.5
ライティング5.5
スピーキング6.5

結果がすべてのテストとはいえ、全く納得行かない。
IELTSを知り尽くした先生から見ても、このリーディングとライティングの結果には首を傾げるしかないようです。

もしかしたら、長年蓄積されたトラウマが働き、テスト本番では本来の力が出ないようになってしまっているのかなぁ。

となると、やるべきなのは勉強ではなく、メンタルトレーニングなのかな?(^_^;)

IELTSの以外のテストを受けることも視野に入れ、引き続き勉強していきたいと思います。


ちなみに、リスニングは8.5届くんじゃないかな?って思っていたんだけど、多分テスト自体が簡単だったから平均点が高くて、2つや3つのミスでも多分8.0まで落ちてしまう設定だったんでしょうね。

と言うことで、ホリデープログラムは学んだことがたくさんありましたが、IELTSはいまいちだったというお話でした。
このまま引き下がったら、あの意地悪バァさんに負けたことになってしまうので、まだまだ諦めずに行きます!
少し休憩を挟んで、また気持ちを切り替えて、前に進もうと思います!

↓もし、よろしかったら、押して行っていただけるとすごく嬉しいです(^^)
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

扁桃腺摘出。

カテゴリ:暮らし

04/10

長女の扁桃腺摘出手術が今日行われました。
昨日から、本人以上に僕がソワソワ。

もしこれがきっかけで、すごい後遺症が残ったらどうしよう・・・とか、考えても仕方ないことばかり気になってしまって・・・。
親父ってのは、こんなにも娘に弱いものなのか(苦笑)

病院への付き添いは嫁さんに任せて、僕は次女の子守をしていました。
朝一番で病院に降ろし、そこからスーパーで買い物して、家に戻って昼ご飯を作って、そこからオークランド博物館へ。

オークランド博物館は、オークランド市民は無料で入れるので、雨の日の子守には最適なんですよね。
でも、平日にもかかわらず、なぜか車が多い。
止める場所がなかなか見つからず。
やっと止められたと思ったら、娘爆睡(笑)

仕方ないので、ハリル解任劇の記事を片っ端から読み進める。
日記の題名とは全然違う内容なのですが、僕は個人的にハリルさんのサッカーに無理が見えていたというか、途中から急につまらないサッカーになったと感じていたので、変わってもらってよかったかなぁ。
これで、ワールドカップはみようかな?なんてまた思えるようになり、一つ楽しみが増えました。

とまぁ、そんなこんなで娘が起き、博物館でお昼ご飯を食べてから、博物館を歩き回る。
次女は動物がすごく好きなので、動物のセクションを何度も行き来して、大きなペンギンの人形の隣に立つたびに写真を撮れとせがまれ、最後には僕に「ペンギンを抱きしめなさい!」って命令し始めた。
おっさんがペンギンを抱きしめる図は、きっと滑稽だったろう・・・。
塗り絵をする場所とかもあって、普段はあまり一緒に行動しない次女と、ゆっくりとした時間が過ごせました。

家に帰る頃に、無事長女の手術が終わったと連絡をもらい、迎えに行って家につき一息。

なんっていうか、子供の手術ほど落ち着かないものはないですね。
親になるってのは、本当に喜びも不安も倍増なんですね(汗)
いい経験になりました。
手術もそうですが、術後の経過も今のところ順調。
今週は安静に家で様子を見て、スクールホリデーに入ります。

ホリデープログラム、張り切っていくぞ~!




ランキングが高いと、また書こうって思えるので、
↓もし、よろしかったら、押して行っていただけるとすごく嬉しいです(^^)
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

04/08

昨日、IELTSを受けてきました!
タイトルにある通りなのですが、今回は誤算が続きました。

僕は、今回Manukau Institute Technolog(MIT)という大学のキャンパスでの受験を希望しました。
MITはスタッフの人がみんな結構フレンドリーで、リラックスした雰囲気が好きなのと、学校が割と家から近いこと、さらにはキャンパス内にある駐車場を利用できるので、駐車場代がかからないことが選んだ理由なんですが・・・実際僕がクリックしてしまったのは、MIT commerceというところだったらしく、MITのAuckland Cityにあるキャンパスに申し込んでしまったようです。しかも、スピーキングのテストは午前9時から。受験者は45分前に来てくださいという注意書きがメールに書いてあったので、8:15までに会場入りしなければならなくなってしまった。
で、実際に8:15に会場入りしようとしたら、会場が開くのは8:30からですよと係の方が教えてくれた・・・イライラするわな(苦笑)
スピーキングテストは15分程度で、午後のテストは12時40分から・・・いつも思いますが、3時間トイレに行くことが許されなかったりなど、受験者の人権はこのテストは無視なんですよね。
しかも、会場を知らされたのは試験2日前で、こっちとしてはメンタルブレまくりでしたよ。

で、なんとかテストが始まる。
面接官が僕の名前を呼ぶ。
笑顔で挨拶をしたのに、返してこない。
「この会場初めてなのよねぇ」ってボソッと言ってたから、「俺もだよ」と話してちょっとした世間話をテストが行われる教室までの間しようと試みたけど、完全に無視なんです。

テスト中も、終始冷たい受け答え。
まるで僕い攻められているような感覚に陥りました。
385ドル払っていじめられて散々ですよね(笑)
スピーキングすべての受け答えで冷たい試験管。
かなりのプレッシャーを受けました。
こんなんでは日本語でだって受け答えできねぇよ・・・ほぼいじめ状態。

ここ数回スピーキングは7.0か7.5をマークしていますが、こんな緊張感の中で、相手の言っていることが頭の中に入ってこなくて、結局質問を聞き直してしまったり、7.0を切ることは間違いない。
ただ、僕はスピーキングは気にする必要はないので、気持ちを切り替えたいのですが、そこで受けた冷遇に精神的にダメージをくらってしまい、気持ちが切り替わらない。
さすがにこれはクレーム出しました。
人として失礼すぎる。

完全にダメージを負ったままListeningに。
ただ、今回のテストは簡単だったんじゃないかな?
珍しくすべてが聞き取れた。ちょっとあやふやな点が3点ぐらいで、あとはよっぽどの自分の勘違いがない限り正解していると思う。

しかしReadingはちょっと状況が違った。
最初の問題から、ちょっと問題がいつもよりも難しかったんです。
そして、大問2は、宇宙のことを話していて、かなり難しく感じた。
結局前半の2問に50分かけてしまい、最後はほぼ勘。
これで7.0取ったら、鼻血出てしまうぐらい驚くぜ(笑)
正直、精神的に疲れていて、脳に入ってくる情報のスピードがかなり遅かったのが原因かと。
後は、今までと少し傾向が変わっており、選択肢の文章が長い。
結局本文だけでなく、質問文を読んでいる時間も長くなっていた。
結果が5.5であったとしても驚きはしないってのが、解き終わったときの感想。
しかし、へこんでいる暇はない。
すぐに次のテストが始まる。

Writingは
タスク1は折れ線グラフ。
タスク2は
Some people say that a government money should not be used for art and cultural activities. Others say to fund these activities has benefit for the population and the culture.
こんな感じでした。

文字数はかけたけど、質が気になる。
タスク1に25分かけてしまい、いつもなら稚拙な単語をアカデミックなものに置き換えるためにかなり時間を使うんだけど、今回は時間が足りなかったから、ちょっと質を落とさざるを得なかった。
手ごたえとしては、6.5~7.0.
6.0だとしたらすごく驚く。
7.5取れていたとしたら、意識しないところで高等なグラマーや単語を使っていて、さらにくだらない間違いの数がすごく少なかったってことだろう。
ここで7.0を取れれば、次はreadingだけに集中できるから、できれば7.0に届いてほしいなぁ。

昨日の夜は、久々にワインをボトル1本開けて、酔っぱらって寝ました。
細かな反省としては、やっぱり体調管理だったかな。
ストレスからなのか、3日間あんまりよく寝れていなかった。

ストレスのコントロールをもう少し改善したら、リーディング行けるんじゃないかなぁ?


ということで、もう少しチャレンジは続きそうです。



ランキングが高いと、また書こうって思えるので、
↓もし、よろしかったら、押して行っていただけるとすごく嬉しいです(^^)
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

04/03

どうも最近体調がよくなかった。
急に息苦しくなったり、体がほてりだるくなったりなど、異常なほどの体調不良が続きました。
正直、体調不良は一番痛いので、ここ数週間お酒は一滴も飲んでいませんし、できるだけ体調に響きそうな小麦や乳製品の摂取も抑えていますが、一向に良くならず。
10km走っても、全く改善が見られない。

んんん~・・・、って自分でもわかっているのですが、完全にストレスですね。
テストへのプレッシャーもそうなのですが、例のプロの英語の先生、かなりストレートなんです。
出来が良ければほめてくれるけど、ダメだったら思いっきりだめだしする。
でも、子育てと家事と仕事を両立させながらの英語の勉強となると、自分の英文の出来を自分ができるだけ高くしようと思っても、質は落ちてしまう時があるんですよね。
精一杯がんばっているけど、どうも先生が思うレベルには達していないようで、かなりここ数回怒られていまして・・・。
自分が怠けていてその結果叱られるのなら、きっと納得して頑張れるだろうけど、もうギリギリのところでやっているので、かなり精神的に参っていたようです。

ということで、嫁さんと話して、先生にある程度スローダウンしてもらうように頼んでみました。
土曜日に試験なので、ここでプレッシャーをかけても何もいいことがないのでね。
明日の水曜日にあの先生の最後の授業があり、それで勉強は終了!
そこからはプレッシャーから解放されて過ごせそうです(笑)
この先生、すごくいい部分もあるけど、友達にお勧めできるかどうかは・・・どうかな(苦笑)

とにかく、今日と明日と木曜日に少し勉強して、金曜日はなんもしないで土曜日に挑もうと思います。
応援よろしくお願いします!


ランキングが高いと、また書こうって思えるので、
↓もし、よろしかったら、押して行っていただけるとすごく嬉しいです(^^)
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

03/24

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム