最新の記事一覧

秋休み。

カテゴリ:教員

04/28

"You don't know anything! Adult life is sooo cool!"

特別支援学校で仕事をしていた時に、高機能自閉症の子たちが「大人になんかなりたくない」って言った時の先生の返答でした。
いいこと言うなぁ!って思ったので、覚えています。
海外で仕事をすると、同じ業種でも、刺激的です。

NZはここ2週間、秋休みでした。
この休みでは、自家製ビールが大活躍!
友達の家に行くたびにビールを持っていった。
嫁さんの実家にも。
そして、芝刈りをいつもしてくれる隣の家のにーちゃんにも!
自家製ビールばんざい!

さて、この2週間の休みの前半は、嫁さんの実家に行き、後半はオークランドの家で、プライベートレッスンをしたり、娘の勉強を見ていました。
かなりのんびりはしましたが、子育てって、こんなに面白いんだなぁって感じる2週間でした。

今年は運よく娘のクラスの担任の先生がすごくいい先生で、あんまり算数を僕が教えなくても、勉強ができるようになってきている。そんなこともあり、今までなかなか手が回らなかった「日本語」の勉強を中心に取り組ませた。

朝、一緒に一日にする勉強を紙に書く。
English
Reading: read the favorite book
reading eggs
story bee
Writing: write a letter to a friend

Japanese
Reading : Read a Japanese text book
Listen to 「日本昔話(ももたろう・きんたろう・鶴の恩返し等)」
Writing : Remember some Hiragana

Maths
Book page 18

Swimming

こんな形で朝に計画を立て、僕がプライベートレッスンの生徒を見ている間に、机上の勉強メニューをこなしていく。
やっぱり女の子は賢いですね、6歳児が2時間もつんですよね。

プライベートレッスンがない日は、隣で算数と日本語を教えてあげました。
みるみる覚えていく娘を見ていると、こっちがわくわくしちゃいます。

夕飯を作る時は、必ず少しずつ手伝ってもらい、少しずつ料理も教え続け、今日はカレーが一人で作れました!
もちろん要所で口を出したり手を出したりして、安全な切り方や、米の洗い方等は教えていますが、ほとんど全部自分で!
御見それしました。

子供にものを教えるのが仕事なので、せっかく身に着いた教える技術を生かして、自分ができることは何でも教えてあげたい。
数学だけでなく、料理や日本語、水泳、キックスクーターの乗り方など、たくさん教えられて楽しかった。

こんなに短期間でこんなに伸びるんだなぁって、自分の子ながら感心です。

大人って、本当に面白い。
仕事は刺激的だし、お酒は楽しく飲めるし、子育てもすごく深くて面白い!

いい秋休みをありがとう!

しっかり充電できました。
来週から、また思いっきり頑張ろうと思います!



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

誕生日

カテゴリ:暮らし

04/01

3月31日は、僕の誕生日です。

誕生日って言っても、もともと高校生ぐらいから、あんまり自分の誕生日とかに興味がなくなってしまっていて、スペシャル感がないんです。自分は熱い教育者ですが、その辺が妙にドライなんです。
学校では「私はこの日、誕生日だから休みを取るの!」と言っているベテランの先生もいます。
僕からすると、誕生日とかあんまり特別じゃないんで、むしろ働いていたいんです。
でも、日本での教員時代、3月31日は春休みで、働くとしても部活を見る程度。
たいして働くこともできないんですよね。
でも、今年はNZでの職場なので、思いっきり普通の平日。働けてありがたい。

嫁さんが「今日はカフェでコーヒーを飲んでから仕事行きなよ!」と、いつもは子供の世話を嫁と僕が一緒にしてから出勤するのですが、昨日はいつもより30分ほど早く家を出ました。
学校の近くのカフェでコーヒーを買って、その近くの海の見える公園に車をつけてコーヒーを飲み、本を読みました。
学校に着くやいないや、隣に駐車していた同僚にHappy Birthday!と笑顔で祝われた。
ちょっと照れ臭かったけど、いい一日のスタートでした。

今僕は、学校の人事の事情等ありまして、数学を教えずに一人の生徒につきっきりになって回っています。
僕は、教員として仕事し始めてから、大体もう13年ぐらいになりますが、病気、そして移住とうで職がないとき以外は、ずっと数学を教えてきました。
なので、学校にいながら何も教えないと鬱っぽくなるんですね(笑)
なので、夕方やっている個人指導が楽しみで仕方ないのです。

昨日も、その特定の一人の生徒(ここでは仮名ジャックと名付けよう)につきっきりになりながら授業中にふらふらと歩いていた。
そしたら、マオリの先生が彼女の教室の窓から僕の声を大声で呼んできた。
『Mr! Can you come here PLEASE!!!』って。

そのマオリの先生は、素晴らしい指導力を持っています。まさにプロフェッショナル。
授業に切れがあり、また情熱と愛情に満ちています。
また、カパハカと呼ばれる、ハカの指導にも熱心で、指導力も国から認められるほど定評があります。

この学校で、僕が緊急で呼ばれるときって、割と生徒が暴力をふるっていたりすることが多いのですが(ちなみに、私、ある格闘技で黒帯所持者です)マオリの先生は、もと軍隊にも所属していた強者なので、たぶん暴力系の問題じゃないだろう・・・だとしたら・・・たぶん日本の文化について質問したいか、もしくは数学について聞きたいことがあるか、どっちかだろう。
そんなことを思いながら、ジャックと一緒にその教室に向かう。

そしたら、そこにいた生徒たちとそのマオリの先生がすくっと立ち上がり
Happy Birthday To You~♪
と歌い始めました。
また、歌が終わったら、今度はハカが始まりました。
僕のためだけに、僕の誕生日を祝うためだけに、NZの伝統のハカを披露していただいて、本当に感動しました。

午後に行ったほかのクラスでも、歌を歌ってもらいました。

昼にはうちのクールな図書館員の先生から、ケーキの差し入れ。
Happy Birthday! って、さらっと言ってケーキをおもむろに僕の目の前に置いて去っていきました。
ケーキのあげ方までクールなんですよ、この人。
しかもすごくおいしかった!

仕事を終えて家に帰ると、家に帰ったら、娘が描いたバースデーカードが机に置いてあった。

気づけば生まれて初めてこんなにたくさんの人に祝福された誕生日だった。

気づけば日本だと、僕の誕生日は春休みで、多くの人に祝福されること自体あり得ないんですよね。
学生時代も春休み、就職してからも春休みだったんでね。

すごく嬉しい誕生日でした♪

誕生日って、いいもんですね(笑)



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

仕事のこと。

カテゴリ:教育

03/22

どうも納得がいかないことが仕事で起きている。

ここはさすがにここでは細かく書くことはできないが、自分も教員として、色んなところでいろんな経験を積んできた。
向き合う生徒の質も、教員として働いた香川と東京では、同じ国内なのにだいぶ違った。
当たり前だけど、地域が違えば文化も違う、学校で大事にする文化も違うんですよね。
僕は、香川では3校経験しましたが、似ているようですべての学校に特色があり、共通している部分とそうでない部分とがあるんですよね。
東京と香川とではもっと大きな違いがありました。
また、東京で退職後、その学校に併設していた特別支援通級学級にも勤めたり、オークランドでも、現地の特別支援学校で働いたりしました。
オークランド補習校でも、数学を教えたり、小学校1年生の補助教員をするなど、数えてみればきりがないほどいろんな場所でいろんなタイプの教育活動を経験している。

そして、今はニュージーランドの現地の普通学級の学校で働いている。
その学校で働き始めて、今日でちょうど一年経ちました。
そこで気づいたことは、自分から見えているものと、現地の学校の方針を決めている方から見えているものが違うということ。
働いていて「あれ?」と思うことがいくつかあり、今年に入り、その数が急に増えてきた。
ぶつかり合うのは好きではない僕には、ここで働くことは向いていないのではないか?と正直思い始めています。

前に勧めるべく、決断する時が来た。
そんな気がします。
新たな報告があったら、またここに書こうかと。
さぁ、また明日から頑張ろう!


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

カテゴリ:未分類

03/15

ニュージーランドの学校には、図書館に図書館員がいて、学校の職員の一員として働いています。

本の管理だけでなく、英語の授業で生徒に読み聞かせをしたり、注文する本の選定や、本の紹介など、すごくわくわくする図書館の仕組みの根底を支えている人です。

うちの図書館員は、すごくクールで、本の紹介分を雑誌に載せるコラムを担当していたり、有名な作家さんをうちの学校に招いてスピーチをしてもらったり、とにかくやることが創造的。

今日、その図書館員とお話ししてたら「ナルトを何とかうちに全巻入れたいんだけど、予算がねぇ。何とか安く変える方法はないの?」と聞かれた。

僕もナルトは大好きなんです。
特にあの哲学が。
「憎しみを憎しみで消し去ろうとしても、永遠に消えない。憎しみをどう解決していくかを追求しろ。」といったようなメッセージが大好きです。

でも・・・英語版は高いんだよねぇ・・・。
「よし!集英社に連絡してみるよ!」って返事して家に帰ったが、どこにe-mailしていいか分からず(笑)
ということで、作者本人のfacebookのアカウントに思い切って直接メッセージを送り「教育目的で本を購入したい場合、何とか安く購入できる方法はありませんか?」と聞いてみた。

あんなに目をキラキラさせてお願いされたら、そりゃやるしかないよね。

どう返事が返ってくるかが楽しみです♪
(返事が返ってくるだけでも奇跡だけど笑)


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

03/11

ここ一週間、本当にハードだった。
もうそろそろこの学校で勤め始めてから1年経とうとしている。
ありがたいことに、補助教員でありながらも、僕じゃないと成り立たない仕事がこの学校にはそれなりに出てきている。
数学の発展クラスの指導や、日本語の指導、ほかにもそれなりにあったりしますが、プライバシーとかも考えてこのあたりにしておきます。

本業であるはずの数学を教える時間があんまりなくて、逆に特定の生徒の補助に入ることが多くなっている。

僕は、教育のことになるとすごくまじめになってしまうので、その生徒の面倒を見るたびに、その授業で何があったかなどをノートにいちいち書き込むんです。去年は週3日ぐらいの作業だったのですが、今年は毎日ノートに記帳しています。それだけ数学を教えている頻度が低くなっているんだなぁって自分で感じている。

学校が終わったら、家に帰って夕飯を作って、娘たちを迎えに行き、そして帰ってきたら、個人授業の準備に取り掛かる。
授業が終わったら夕飯を食べる。
食べ終わるころにはクタクタで何もできない(笑)

IELTSの勉強をしたいのですが、体力がもたない・・・。
今週はさらに、ほかの補助教員が病院に行くので、僕が休憩時間を削って仕事したり、朝早くからミーティングがあったりと、以上に忙しかった。

今日は朝、補習校のお手伝いに行き、そこから家に帰るともうクタクタで何もできなかった。
ベッドに横になり、2時間ぐらい寝た。
念願の昼寝!
ここ数週間、嫁さんの体調が優れずに、あまり自分の休憩時間がなかったので、ここでの昼寝はすごく助かった。

ゆっくり寝てから、夕飯の寿司を買いに行って、夕飯食べて今に至るが、久々にゆっくり休めた休日だった。

体が楽になると、幸せを感じる力も回復し、素敵な時間を過ごせた。

そして、ふと数日前にe-mailで打った先生方への報告書に目を通した。
そのメールで僕は、面倒を見ている生徒の現状と今後の対策への手掛かりになる情報を提供した。
夕飯も作らなければならなかったので、20分ほどで集中して書き上げたメール。
娘の問いかけも無視して、没頭して書いたので、意味が分からない内容になってたらどうしようって思って、見直してみた。
思ったよりもちゃんとした文書っだった。

今年に入り、数行ですが、毎日ノートに英語で文章を書いているからでしょうね。もちろんその特定の生徒が問題を起こしたり、もしくは逆に成長を見せたりすると、僕の書く量も増えたりして、時には一日A4用紙に2枚分ぐらい書き連ねることもあります。生徒が問題を起こせば起こすほど、僕の英語の練習になってしまうのは皮肉な話ですが(苦笑)やっぱり僕は、生徒のためにはがんばれるんだなぁって思った今日この頃。

そんなことを冷静に考えられる体力すらここのところなかったから、今日はとにかく、昼寝をさせてくれた嫁さんに感謝ですね。
さぁ、明日もゆっくりして、来週からまたつっぱしろう!

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム