最新教員の記事一覧

新たな挑戦。

カテゴリ:教員

12/15

ホリデープログラムの前半を終え、反省点を洗い出している最中です。

実は、このホリデープログラムの拡大を図ろうと計画をしていたのですが、この場合は、やっぱりもう英語でやるしかないかなっという結論に至りました。
拡大すると、一人当たりの価格を落とすことができ、より多くの生徒に数学の楽しさを味わってもらうことができる。
でも、生徒のレベルがある程度同じでなければ質が落ちてしまうので、多くの生徒を集めたい場合には、レベル分けができない生徒数しか集まらない日本語ではやっぱりできることが限られてしまう。
また、もう一つの問題は、たくさんの教室を展開したいと考えると、ソースが僕だけでは足りない。
自分と同じように、学ぶ喜びを大事にする教員を見つけないとならないのがまた次のハードル。

まぁ、それは置いておいて、話は変わり、今日、5月まで1年ちょっと勤めていたIntermediate Schoolに挨拶に行ってきた。
そこで、そこの校長さんや、地域の高校の校長先生と話す機会があった。
そしたら
「NZの教育委員会は、ここのところで制度を変えたんだよ。数学の先生があまりにも少ないから、IELTSなしで教員になれるようにしたんだってよ。勤めたいと思っている学校の校長先生が、教育委員会に申請すれば、教員として登録されるんだよ。」と言っていた。

・・・5年間もIELTSの勉強頑張ってきて、やっと目標点に到達できそうなこのタイミングでこれか(笑)

でも、僕はIELTSの勉強でたくさんのことを学んだ。
それがまた生徒への指導にも生きているから、別にイラつきもしないんだけどね。

一見焦ってNZ側が制度を変えたように見えるけど、実はこれ、NZにとってはすごくプラスな制度だと僕は思うんですよね。
僕はNZの学校で指導するようになってから、すごく指導力が伸びました。
日本での経験と、NZでの経験から、数学を多角的にとらえることができるようになった。
そんな先生が増えれば増えるほど、NZの数学は発展しますよね。

楽しみです。

ということで、IELTSの結果云々言う前に、数学の先生になれることが確定しました。

今日そこで話していた地元の高校の校長先生は、かなり僕に興味津々だった様子。
すかさず名刺を出してきた。
一応いただいたけど、できれば自分の今の勤め先で教えたいなぁって思っています。

っということで、来年からNZの数学の先生として働けることが、ほぼ確定したっていう話でした。

やっとタイトルに重みが出そうですね(笑)



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

不可解なもの。

カテゴリ:教員

11/15

大学時代にしていたバイトも入れると、もう16年近く数学を教えているのですが、そんな僕でも知らないことがあるんですよね。
まぁ、もちろん、僕の数学の知識も、初歩はかなり深くまで知っていますが、突拍子のないレベルには全くついていけない程度ですが(^^;)
大学で勉強したことを、この前復習してみたら、目が点になってしまいました(笑)
IELTSに受かったら、またもう一度勉強をし直そうと考えています(汗)

さて、その数学に関するものなのですが、先日、面倒を見ている現地校の生徒がもっていたコンパスです。
こんぱす?

両方とも針なんです・・・。
生徒が改造した後もなかったので、いたずらでないことは確かなんですが・・・なんに使うんだろう?

もし知っている人がいたら教えてください。

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

06/13

とある大きな高校で働き始めて、1週間がたちました。
生徒も先生も補助教員の方々も、みんな感じよく楽しく仕事をしています。

そこで、英語の勉強をし始めなきゃなぁって思ってはいるのですが、自分の目標がいざ近づいてくると、ビビったりするもんです。
「感じ悪い生徒がたくさんいたら、俺の英語で対処しきれるのかなぁ?」とか
「統計学はほとんど学生の時に勉強していないから、教えられないんじゃないかな?」とか・・・。

そんな不安を友達の数学の先生に漏らすと「全く問題ないよ!あんたは絶対だじょうぶ!」って言ってもらえるんだけど、今日もやっぱり不安になり、胃がキリキリする場面があった。
補助教員だと、メインの先生のスタイルに合わせて、働きを変えなければならなくなる。
なので、そのメインの先生方が何を言っているかを把握する必要があるんだけど、やっぱり先生方、みんなネイティブスピーカーなので、当たり前だけど、英語が上手なんですよね(笑)
「俺、これを説明しようとしたら、こんなにスマートに教えられるかなぁ?」なんて思ったりすると、もう不安になってしまうんですよね。

教員というのは、素晴らしい先生のコピーをしても、うまくいかないことが多い。
というのは、授業や生徒指導は、先生がもつ性格、気質によって全く変わってくるからなんです。
僕が細かく生徒を注意し始めたら、きっとうまくいかないでしょう。
でも、細かく注意するのが上手な先生が、僕のスタイルで生徒に接したら、きっと失敗するでしょう。

英語がいまいちってのも、自分のキャラクターの一つとしてとらえ、自分の強みを前面に出して頑張るしかないんだよね。
不安になってばかりいても、なにも解決しない。
困るんなら、先生になってから困ればいい。

そう割り切るためにブログを書いてみました。

頑張れ俺!
もう少し、もう少し!


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。




06/04

火曜日から、新しい挑戦へ一歩踏み出します。

先週までは、西オークランドにあるとあるインターミディエートスクールで数学の補助教員をしていました。
今年に入り、ある特定の生徒の面倒を見ることになり、数学を教えることができなくなり、転職を決めました。
やはり、僕は数学を教え続けたい。

そして、正直、インターミディエートのレベルの数学に物足りなさを感じていて、自分の教えたい数学に最も近い数学を教えている、カレッジに的を絞り就職活動。
20校近く回りましたが、門前払い。
で、何とか去年一緒に働いていた先生の伝手で紹介してもらった、オークランドのとあるグラマースクールで、数学の補助教員として採用されることになり、明後日から働き始めます。
3000人近く生徒がいるでっかい学校です。

自分の英語力も上がっている。
読み書きのスピードも上がっている。
後はテストに向けた微調整をすればいいかと。

早いところIELTSのテストに通って、何とか学校の先生になろう。

ということで、子育てはもちろんまだまだ楽しんでいますが、人生の目標がより間近に迫っていることもあり、ブログのタイトルを
「海外イクメンの頭の中」
から
「もし、日本の数学の先生が海外で数学の先生になったら・・・」
に変更することにしました。

これからも、細々と続けていきますので、よろしくお願いします。



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。



感謝。

カテゴリ:教員

06/01

この業界は、どこの国でもお別れと出会いが憑きものなんですよね。
今日は、たくさんの生徒、先生方にありがとう、さようなら、と言われる.

ただねぇ、日本との違いは学期の途中での異動が割と当たり前だということ。
そして僕もその学期の途中に異動する人のうちの一人。
生徒たちはまだそこにいるのに、いなくなる違和感。
桜の季節じゃないのに、さよならを言う違和感を今日はすごく感じました。

たくさんの先生生徒とハグして、思い残すことはもう何もない。

次の学校でも、やっぱりできることを全力でやりぬこう。
そう決心させてもらえる一日でした。

次の学校での仕事は来週の火曜日から。
明日からの4連休で、しっかり深呼吸して、来週からまたあばれるぞ~!


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム