201211の記事一覧

11/22

北での滞在を終え、西海岸から南下する事に決めた。
Kaitaiaという街を通り過ぎ、山道を抜けて、フェリーに乗る計画。
距離は100kmで、kaitaiaまでは、道路工事が所々にあり、速度規制がある。
また、山道は制限速度がいくら100km/hであっても、僕のファンカーゴで山道100kmは出せません^^;
Coopers Beachの嫁の実家を出たのが9:40am。
そして、目指しているフェリーの時間が11:00am。
・・・必死に走りました。
11:00が過ぎても、まだ船が出ていない事を祈って走り続けそして、着いたのは11:05am。
船のゲートは閉まりかけていたのですが、なんとか開けてもらい、フェリーに乗る事ができました!
ferry1.jpg
間に合った上に、さらにフェリーの風景や風邪を満喫♪
すごい充実感でした^^
ferry2.jpg
ちょっとディーゼルの臭いが難点ですが・・・。
ferry4.jpg
でも、凄く爽快でした♪

その後、フェリー乗り場の近くのカフェでお茶をして、カウリの神様「タネマフタ」を見にまた車に乗り込む♪

で、到着!
tanemahuta.jpg

何度見ても、いい木です。
どーんとした大きさと、木の特性がもつ優しさが混ざり合い、森の中の独特な神秘的な雰囲気の中に佇む姿が、何とも言えない雰囲気を醸し出しています。
近場から一枚
tanemahuta3.jpg
ちょっと離れたところから一枚
tanemahuta4.jpg

もう少しゆっくりしていたかったのですが、タネマフタを見ている間に、雨が強まったので、急いで車に乗る。

ガソリンがなくなりかけていたので、ダーガビル(Dargaville)という小さな田舎町でガソリンを入れる。
fuel2.jpg
まぁ、こんな風景です。
NZにはよくある小さな町です。
そして
fuel1.jpg
これがそのガソリンスタンド。

で、ガソリンスタンドを出てから300mほど走ったところで、僕の可愛いFuncargoちゃんが
「プスンプスンプススス・・・」とエンスト。
えぇ!?マジかよ(汗)
キーを回す。

「キュルキュルキュル」
・・・ダメだ動かねぇ。
しゃぁない、道ばたに停めて、何が起こったか見てみた。
冷却水はある、オイルも問題なくある。
こんなど田舎でまさかの故障かよ(^^;)
ガソリンも満タンに入れたばっかりなのに。


どうしたらいいもんかと思いながら、なんとなく先ほどのガソリンスタンドのレシートを見たら・・・







あぁ!
ディーゼルって書いてある(汗)



すげぇちょんぼです。
ガソリンと間違えて、軽油を入れてしまったようです。
時間と金の無駄ですが、いい経験にはなりました。
がっくりしましたが、人間、色んな事を経験して立派な大人になると思う事で。
fuel5.jpg
see you soon My Funcargo!

そこからロードサービスに電話をして、軽油を抜いてもらい、ガソリンを入れて、お腹がすいたから夕飯も食べて・・・と、かれこれ4時間近くその町で過ごしました。

なんというか・・・
これじゃ、フェリーの時間に合わせた意味があまりなかったね(笑)

ま、そんな事がありましたとさ。
ちゃんちゃん。


〜今日の英会話〜

今日は手短に。
高速道路を走っているとよく見かけるこの看板。
english.jpg

Keep left unless passing
「追い越しをしない限り左車線に」
という意味です。
車で運転していると、日本語で表現しようとすると、凄く長くなっちゃう表現が多いなぁ・・・なんて思ったりします。
これからも、NZの道路標識、ちょこちょこ載せていきます。
では。


ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。
NZ情報


11/21

3日目、Mill bayという湾のところにある、Pa(パー)と言われる、マオリ族の岡に登り、辺りを見回す。
風が強く、娘も僕も風に飛ばされかける。
でも、眺めは最高でした^^
pa0.jpg

pa1.jpg

その後、マンゴヌイという海辺の街のカフェでお昼ご飯。
我が物顔でテーブルの上を占拠するカモメ。
cafe.jpg

その後、マンゴヌイを離れ、東から西へビーチを一つずつ見て回る。

クリスマスになると、ポフツカワが奇麗なCoopers Beach
coopersbeach.jpg

オーストラリアからNZへ、最初の電話のケーブルが結ばれた場所Cable Bay
cablebay.jpg

川と海の合流が見られるTaipa Beach and river
taipa.jpg

Taipaで陸釣りをしていた兄ちゃんと話していたら
「奥の岩行けば、ムール貝が獲れるんだよ!」って言われたので、
ここは俺がムール貝を獲って、親にごちそうしてやるぜ♪
と意気込み、季節はまだ春なので、少し寒かったのですが、気合いを入れて向こう岸まで泳ぎました!
そして、ムール貝を探しその岩場を歩く事20分。
ムール貝など1つも発見できず。
くっそーーー!あの兄ちゃん、ただの知ったかぶりじゃねぇか!!!

と思いながら、泳いで両親の元に戻る俺。
でも、振り返ってみると、今シーズン初めての海水浴、凄く気持ちよかったです(笑)


帰りには、嫁さんの実家の岡の頂上を案内しました。
oka.jpg

植物や地形、全てにおいて興味津々の両親。
一つ一つに興味を持ってもらえて、案内のしがいがありました^^

4日目は、NZ最北端のCape Reingaへ行きました。
マオリ族では、スピリチュアルな土地として扱われている、神秘的な場所です。
先っぽが尖った岬。
西と東からの海流がぶつかり合う海。
トロピカルな植物。
沖縄の残波岬を少し思い出しました。
capereinga.jpg

capereinga2.jpg

帰りは、羊の交通渋滞。
sheepjam.jpg
数千頭はいましたね。
今まで見た中で最大級の羊の大群でした。
徐行運転で羊を避けていこうと思ったのですが、なかなか羊が車を避けてくれないので、嫁さんと両親が車の前を歩き、羊を追い払いながら進む。
しかし、それでも抜けるのに30分ぐらい要しましたね。
でも、両親にとってはとてもいい経験だった。
ラッキーですね^^

夕方。
親父が感動していた夕日。
確かに、NZの空は、少し雲がある方が素敵な様な気がします。
sunset.jpg

親孝行って、子どもにとっての生き甲斐なんですね。
幸せ満喫中です^^

あ、そうそう、前回のブログで予告した内容ですが、写真が親のデジカメに入っていて、親がもう寝てしまったので、次回アップします。
恥ずかしい大失敗談ですが、皆さんの今後の人生の参考になるかもしれないので、次回必ず書きます。
乞うご期待(笑)


〜今日の英会話〜

今日はwatchです。
watchには2つ意味がありますよね?
「見る」と「腕時計」です。
これらはスペルも同じだし、発音も全く同じ。
なぜだか知ってます?
一日に何度も「腕時計」を「見て」時間を確かめていた。
そしたら、いつの間にか「見る」のwatchが「時計」と言う意味も持つようになったと言う事です。
考えてみれば単純な事ですが、僕は今日までその事実を知りませんでした。


では、ここまで。


ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

11/20

先週の金曜日から、NZに両親が遊びに来てくれている。
今か今かと首を長くして待っていたこの日、来てしまうとあっという間に過ぎていってしまう。
びっくりするのだが、俺も33歳のいいおっさんになったにも関わらず、親の顔を見ると嬉しくなる。
親子なんだから当たり前と言えば当たり前なんだが、自分にも子どもがいるのに、自分も子どもだと言う感覚は、いとも不思議なものだ。

金曜日はゆっくりと僕の家近郊で過ごす。

土曜日は、張り切って朝9時に出発!
西海岸を北上。
9年前に僕がお世話になったホストファミリーの家に行き、お茶をいただく。
そこのホストマザーは、当時小学校の先生をしていた。
教員志望だった僕にマザーが受け持つクラスを一日貸してくれた事があった。
1日小学校のクラスを借り切って「ジャパニーズデイ」と名付けて日本の文化を伝える授業をした。
そんな授業を2回させてもらった。

そのマザーは現在、オークランドでもちょっと田舎の方の小学校の校長先生になり、その優れた手腕を発揮して、それまで赤字運営だった学校を建て直しているところです。

マザーとファザーが、その学校の案内をしてくれた。
この学校は、オークランドで木登りが許されている数少ない小学校らしい。
これがその木。
school2.jpg
その小学校の象徴としても知られている木だそうです。
木登りをする子どもたちを眺めては、たくましさを感じずにはいられなかった。
school5.jpg

そして、校庭と言うにふさわしい、自然を利用した遊具がある、まさにお庭があります。
school4.jpg

school3.jpg

道を挟んだ隣には、グラウンドがありました。
school1.jpg

これがグラウンド!?って突っ込みたくなるけど、グラウンドです。
ちなみに、よく見ると、このポール、ラグビーゴールにもサッカーゴールにもなる優れもの。
・・・NZならではですけどね^^;

この後、さらに北上し、Whangareiという街に住む、嫁の兄さんの家に寄りお茶をいただきに行きました。
この兄さん一家、実は8年前日本に来て、家の両親にお世話になった事があり、お互いに再会を凄く喜んでいました。

午後6時頃、やっと嫁の実家に到着。
到着したらしたらで、嫁のもう一人のお兄さんが、鯛とジョンドリという魚を釣って来てくれて、刺身やフライにしてくれていました。

ここ2日間は、とにかく、両親の反応を見る事で、予想以上に幸せを感じている自分がいた事に驚いた2日間でした。
両親を案内する事ができて、自分はつくづく幸せだなぁ、って感じています。

実は今、今日は実は嫁の実家から帰って来たのですが、帰り道で大ちょんぼをしてしまい、半端なくクタクタなのです。
クタクタなので、その大ちょんぼの内容は、次回にします。

とりあえずおやすみなさい!


〜今日の英会話〜
今日は使いやすい会話のフレーズ
all good
の紹介です。
・・・と言っても、適切な日本語訳が浮かばない・・・。
思いつく和訳を書いてみると
「問題ないよ」
といったところでしょうか。
No problemの代わりに使えますね。
是非使ってみて下さい^^



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

かくれんぼ

カテゴリ:子育て

11/17

昨日、うちの両親がNZに到着しました!
空港でpick upして、そのままone tree hillへ!
その後、5ドルのドミノピザを食べて、散歩。
家の裏の橋を渡り、帰って来る途中、娘がかくれんぼをし始めた。
しかし・・・隠れられてない。
おじいちゃんもおばあちゃんも、必死に見つけられない振りをしていました^^;
IMG_0206.jpg

IMG_0209.jpg
どこかな〜って叫びながら通り過ぎるおばあちゃん
IMG_0210.jpg

最後はおじいちゃん、カメラ構えながら「あれ〜、いないなぁ〜。」って言ってました(笑)

IMG_0213.jpg


さて、これから350km北へ!
家族旅行!
楽しみだ♪


〜今日の英会話〜
インスタントみそ汁を家のお父さんが買って来てくれました。
それで「かき混ぜてって英語で何って言うの?」って聞かれました。
この場合は、mixではなくstirと言います。
stirはカタカナ英語だと・・・ステアになるのかな?
単純ですが、難しい発音なので、ぜひgoogle先生に発音を尋ねてみて下さい。

では、行ってまいります!



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。
NZ情報

11/16

今日から、両親が日本からはるばる来てくれます。
色々なところに案内したいと思っています。
そこで気になるのが天気。
先週までは凄くいい天気が続き
「あぁ、家の両親が来る時も、こんな天気だったらいいのになぁ」と毎日つぶやいていました。

天気予報は?
えぇ、雨です。
両親が居る間ずっと・・・。
でもね、オークランドの天気は凄く変わりやすいんです。
予報では雨だった昨日の天候も、実際は晴れている時間の方が、雨の時間より長かった。

きっと大丈夫、天気予報が外れてくれる。
昔に書いた日記を読み返して、なんとなくそう思いました。



題「冬のオークランドの誓い(8月に書いた物です)」

一昨日の朝、土砂降りの雨が屋根に当たる音で目覚めた。
そして、コーヒーを飲みながらトーストを焼き、外に目をやると晴天・・・。
う~ん、よし、洗濯機を回し始める。
そして、嫁が仕事に歩いて出た5分後に雹(ヒョウ)が降る。
急いで嫁さんを車で迎えに行き、嫁さんを乗せる頃には晴天orz

そして今朝、天気がよかったので、ピクニックをしようと思いつく。
天気予報も今日は珍しく予想降水量0mm。
cityにある公園に行こうと、洗濯物を干した後、サンドウィッチをわざわざ作って車に乗り込む。
車で15分後、city到着。
見渡す限り雨。

仕方なしに家に帰る。
しっとりした洗濯物を必死に急いで取り込み、テーブルや椅子を駆使して部屋干し。
まだ雲行きが怪しい。
娘がぐずらないようにDVDをセットし、トイレへ行く。
トイレから出る。
晴天。

次ぎ引っ越ししたら、必ず乾燥機を手に入れようと天に誓う。

〜日記終わり〜

きっと、こんな感じで、時々晴れ間が見えてくれることを信じよう。
両親が居る間は、なかなかアップできないかもなぁ。


〜今日の英会話〜
工事現場の脇を車で走っていると、路肩に
「Shoulder Closed」
という看板を見る事があります。
shoulderは、車道の脇の歩道の事。
僕はてっきり、歩道が封鎖されているという意味だと思い込んでいました。
でも、自転車でその看板の道を通っても、特に歩道が封鎖されている事はなかったのです。
それで、その日の英会話学校で、先生に聞いたら、
Shoulder closedというのは、歩道に駐車できませんという意味らしいです。
勉強になりました^^

さ、これから空港に行ってきま〜す♪




ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

11/15

9年前、初めてNZに来て英語を勉強し始めたとき、厳しい現実を目の当たりにしました。
僕は大学受験の英語に頼り切っていて、頭の中で翻訳しながら喋っていたので、会話は全然成り立たず、日記を書いても評論家の様な硬い文章ばかりを書いていた。
そして、気づいたんです。
今まで学んだ英語にすがりつく事を止めなければ、英語は上達しないって。
そこから、現地の人が実際に会話で使っている言葉を、会話の中から拾い、実際に使う事を試みたのです。
その作業が9年間続きました。
お陰で、普通の会話には全く困らなくなりました。

そして昨日、夜間学校でエッセイの授業をしていたのですが、そこで習うエッセイに使うための単語、熟語が、大学受験で学んだ物ばかりだったのです。
20以上のエッセイ独特の表現を学びましたが、知らなかった表現はわずか一つだけ。(マルコは半分は知らなかったようで、色々教えてあげました笑)
大学受験の英語を封印してから9年、大学受験での英語の封印を解き放つ時が来たのです。


9年の時を越えて、あんだけ苦労して封印した大学受験英語を甦らせる時が来るとは・・・。
まさに、地中奥に埋め込んでいた大木の木の実が顔を出した感じですね^^

どのぐらい努力すれば目標点に達する事ができるか予想ができて来た。
まずは、脳の奥の方に埋め込んだ単語や表現を召喚し直さなきゃね(笑)



〜今日の英会話〜

昨日はサッカー日本代表、見事勝利しましたね!
それを見て思ったのですが、日本では的確な場面でのシュートだったのだがミスをした、
そんな味方に、「ナイッシュー(ナイスシュート)」って言ったりしますよね。
でも、パスミスをした時には、「ドンマイ」ってたまに言うぐらいで、これと言って決まった言葉はないですね。
ただ、英語だと、パスミスやシュートミスをした後にみんな
「unlucky(アンラッキー)」って声を掛け合うのです。
何というか、ミスを指摘しあうのではなく、やりたい事は分かるけどついてなかったね!みたいな感じが伝わって来て、なんか優しい表現だなぁって思いました。


ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

苦しさも。

カテゴリ:哲学

11/14

嫁さんと付き合い始めたとき、嫁さんは香川県の田舎町でALT(英語の教師のアシスタント)として仕事をしていました。
デートと言えば、うどん屋に行き、田んぼの隣を二人で歩いて帰るようなデートが多かった。
香川の田舎町で、国際恋愛だからこそ起こる、こんな不思議なエピソードがあった。

夏の終わり、鈴虫の鳴き声が奇麗に響く田んぼ道。
僕が虫の音に聞き入っていたら、嫁さんが驚いていた。
NZでは、虫の音が心地いいと感じる習慣がないらしいのです。
確かに思い返してみると、夏の始まりに、蝉が鳴いているのをホストファミリーたちは「うるさい」と嫌がっていました。
日本の感覚でいる僕は「これから夏だぜ〜!」ってワクワクしちゃうんだけど。

その後、嫁さんは目を閉じ、集中して虫の音を楽しんでいました^^
「確かに奇麗な音ね^^」と笑っていました。

考え方一つで、本当に苦が楽になるんですね。
虫の音が美しいと思える方が、人生トータルで見ると絶対プラスですよね。

今日、夜間学校で勉強している時、吹奏楽部の演奏が聞こえた。
授業中演奏が聞こえた事に対してイラッと来たらしく、先生は急いでドアを閉めました。
でも、実は僕、教員時代の放課後の吹奏楽部の練習を聞きながら仕事をしていたのを思い出していた。
もう少し聞きながら勉強したかったんだけどなぁ^^;

実はこの授業、最初はレベルが高いし、マルコは俺の英語をけなすし、ちょっと通いたくないなぁって思っていたのですが、今はマルコも好きだし、先生の英語を教える腕もよく、授業のレベルの高さも楽しめています。

帰りの車の中で、何となく遠くを見つめていたら、花火が上がっていました。
火薬でクーデターを起こそうとしたガイフォークス。
戦争を起こせるその火薬を、人が見て感動する花火に変える技術。
まさにポジティブの象徴ですね^^


全てのものは、見方によって、使い方によって、考え方によって、マイナスにもプラスにもなるんだなぁ。
そう、つくづく感じる一日でした。

精一杯楽しもう。
どうせ同じ時間を過ごすなら。


〜今日の英会話〜
醜いっていうのを、eyeを使った英語で言うと
eyesore
といいます。
「sore=痛み」なので、分かりやすいですね^^

逆に見たくなる様な魅力的な人(物)を
eye candy
って言います。
日本語で言う「目の保養」でしょうね。

昼に通っている英会話学校のレベルがあまりにも低いので、英会話学校を変えようかと思っています。
で、嫁に
「学校変えようかと思ってるんだよねぇ。」
って言ったら
「なんで?」って言われました。
で、なんとなく冗談で
「Because there is no eye candy」
と言ったら、僕の左脇に嫁のボディーフックが炸裂しました。

ちゃんちゃん。


 ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

初洗車。

カテゴリ:子育て

11/13

汚い車をずっと汚いままにしていた。
娘が車に触る度に、あぁ、やべぇな^^;
って思っていました。
昨日も外に出かけようとしたら、汚い車にベタベタ触って遊んでいたので、思い切って洗車しました。
もちろん娘も手伝ってくれました^^
IMG_0199.jpg

結構上手に洗ってくれました^^
2歳児は無限の可能性を秘めていますね。
写真を撮りながら、これからも、色んな事を手伝わせようと企んでいました。

今日はこれだけ。
ほのぼの日記でした^^

〜今日の英会話〜
今日、英会話学校のテストがありました。
その中の一文です。
普段行われている会話と同じように、質問に答えなさい。

What does your teacher look like?

答えは
She is tall and has got short dark hair.
とか答えるのが妥当なんでしょうね。

She is so beautiful. You have to come and have a look.
って書いたら笑われましたが、高得点を頂きました(笑)

ちゃんちゃん。


ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。
http://overseas.blogmura.com/newzealand/index.html

11/12

一月半ほど前から、娘のトイレットトレーニングが始まりました。
まだまだ、娘のサインを気づいてあげられず
「ダディ!アンパンマンのパンツが、
    びしょびしょになっちゃったーーー。」

と眉間にしわを寄せながら報告してくることが多々ありますが(笑)
ここのところは僕も要領をつかみ、そこまでオムツを使わないでも生活ができています。
一日4枚〜5枚オムツを使っていたことを思うと、もの凄い節約になっています。

そうそう、NZは結構オムツが高いです。
そして、日本と比べると、オムツの質も劣ります。
なんとか安いオムツを売る店を見つけたんで、質は悪くても、そこまでの出費にはなっていなかったのですが、全く使わないに越したことはないですよね。

最近、小便をオマルで出来るようになった代わりに、大の方を出来るだけ我慢する傾向が出てきました。
いくら元教員とは言え、トイレットトレーニングについては初心者なもんで^^;
大も我慢させずに、オマルでさせたいのですが・・・誰かコツを教えていただけませんか?

トイレつながりで、ちょっと思いついた事があります。
「う●こ」という響きを聞くと、老いも若くも男性はみんなワクワクしてしまいます。
でも、これ、どうやら日本だけみたいですね。

え?そんなことはないって?
日本人男性はうんこは好きではないって?
では試してみてください。
白い紙に、うんこの絵を描き「う●こ」と題名を書いて、日本人男性に見せてください。
ほぼ100%喜ぶはずです(笑)
え?・・・はい、僕もそのうちの一人です(笑)

・・・さぁとにかく、このトイレットトレーニングは、後どれぐらい続ければいいのやら・・・。

〜今日の英会話〜
日本では、「すみません」と謝ってから会話を進めたりする事が多いですよね。
「お茶飲みます?」
「あ、すみません。それでは1杯頂きます。」と。

これ、英語にすると凄く不自然なんです。
「Would you like something to drink?」
「I'm sorry. I would love to have a cup of tea.」
なんで謝ってるの?(笑)って展開になります。

英語圏では、日本ほどsorryを連発すべきではないようです。

じゃぁ、そうすればいいの?と表現に困った時は、できる限り
「Sorry(すみません)」を「Thank you(ありがとうございます)」に置き換えるといいですよ。

「Thank you. I would love to have a cup of tea.」
「あ、ありがとうございます。それでは1杯いただきます。」

これでしっくり来ますね^^
英語だけでなく、日本語でも、日常から「すみません」より「ありがとう」を使って過ごしていきたいですね^^
では!



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。
http://overseas.blogmura.com/newzealand/index.html

11/10

みなさん、NHKの子ども番組に出てくる「うーたん」というキャラクターをご存知ですか?
u-tan.jpg

なんでも人がやっている事を真似したがるキャラクターです。
人が何かをしていると
「うーたんも、うーたんも!」と言うのです。

そのTV番組のお陰で、娘は、親が付けたありがたい名前を使わずに、
自分の事を「うーたん」と呼ぶ癖がついてしまったのです(笑)


昨日の晩の事です。

スナック菓子を僕が食べていると
「うーたんも、うーたんも!それぱべたい!」
もう疲れて泣き始めちゃった。
仕方なくひとかけら上げる。
泣き止む。

ダディ、トイレ行くね。
「うーたんも、うーたんも!トイレ行くー!」

泣き始める。
仕方なく一緒にトイレに行く。
泣き止む。


じゃ、ねんねしようか?
「やだ」
じゃぁ、ダディはねんねするね。
「うーたんも、うーたんも!ねんねしたい―!」

泣き始める。
一緒にベッドに入る。
泣き止む。

まぁ、最後のは誘導するために「うーたんも(私も)」の法則を利用したわけですが。
疲れてくると、些細な事でも大人がやっている事は全部やりたいと言う欲求が強く出てくる。
欲求が満たされるまで限り泣き続ける。


そして、寝かしつけてるベッドの中で、僕はうっかりおならをしてしまいました。

ブリブリ

そしたら娘が
「うーたんも、うーたんも!
       ブリブリ し た いーーーー!」

って泣き出してしまいました・・・。

そりゃ泣いたって無理だ。
自分でなんとかしなさい。


〜今日の英会話〜
まぁ、会話ではないですが、今の時代、誰しもが使うインターネット。
英文で書く時はInternetですよね?
この言葉は、言葉の歴史の中では生まれたての赤ちゃんの様な、新しい言葉なんです。
だから、文章の途中で出て来ても、internetの頭文字のiは大文字で書くそうです。

例えば
I am an Internet user. 
と言った具合に使うそうです。

日本語で言うと、外来語がカタカナ表記になるのに似ていますね。

でも、今から10年か20年経てば、Internetは、新しい単語とは扱われなくなり、大文字から小文字に変わる日がくるそうです。

では。


ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
※ニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。
にほんブログ村ニュージーランド情報

カウリの木

カテゴリ:未分類

11/09

日本の檜(ひのき)やキリのように、NZにもカウリと呼ばれる特有の高級木材があります。

カウリの木は世界でも非常に優れた木材として重視され、最も大きくなる木のうちの1つとして知られています。また、腐りにくいので、無傷でカウリの細工を維持することができれば、美しい外観は永久に続くらしい。
歴史の上では、カウリの木をニュージーランドの先住民・マオリ人族が見つけ、家を含む、船、建物、ブリッジおよびフェンスなどの建造に使用しました。幹の部分のサイズは、巨大で、一大木カウリに彫刻を施し彼らのカヌーの船全体を作ることが可能でした。

カウリの王様「タネ・マフタ」
tanemafuta.jpg


先日、カイタイアの近くのカウリの木のお土産屋さんに行った時の写真です。
店内の様子を撮ろうとしたのですが、ついついこの写真を撮ってしまいました。
kauri1.jpg

なんというか・・・カウリの木よりも、この顔にインパクトがありすぎますよね^^;


これは、カウリの木を一本丸ごと利用して、中をくりぬいて階段にしたものです。
kauri2.jpg

kauri4.jpg

kauri3.jpg

kauri5.jpg


カウリ、NZに来た際には、是非お手に取ってご覧下さい^^



〜今日の英会話〜
間違い探し。

"Where is she?"
"She is on the beach."

僕は、この間違い、見つけられませんでした。
この会話では、彼女が居るのはビーチのあるポイントを意味するそうです。
だから、
She is at the beach.
と言うのが正解らしいです。
このぐらいは、会話の時は、特にこだわらなくても全然通じますが、in at on for of などの前置詞のイメージは、こういう細かいところの違いを知るとできていくので、紹介しました。

では、週の最後の金曜日、がんばるぞ〜!


ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。
http://overseas.blogmura.com/newzealand/index.html


憎めない男。

カテゴリ:英会話

11/08

昨晩のIELTS用の勉強のための夜間学校の時の話です。
午後6時40分から開始なのですが、6時20分に教室に着いてしまい、先生を待つ事に。
そしたら、この前、僕の英語をボロクソにけなしたセルビア人が現れました。

彼は楽しそうに俺に話しかけてくる。
僕は少し警戒しながらも、それに答える。
彼が聞き取れるように、ゆっくり丁寧に喋った。

しばらくしたら、彼は必死に僕に英語を教え始めました。
彼は、僕にどうやったらスペリングのミスをなくす事ができるか伝授し始めたのです。

・・・聞いてもないのに・・・。



彼曰く
※飽くまで「彼曰く」ですよ!


いいか?ひたすら新聞の英語をノートに写すんだ。
そうすれば、だんだんミスがなくなって来るんだぞ。
分かるか?見てみろ、俺のノートを。
見開き1ページ写したのに、
俺はスペルミスが2個しかなかったんだぞ!
たった2個だ。
だから君もやってごらん!
きっとスペルミスもなくなるし、英語力も付くから。


それが効果的かどうかは別として、彼は僕を助けようと一生懸命になってくれていることに気づいた。
最初はちょっとムッとしたが、
だんだん「あれ?こいつはぶっきらぼうなだけで、本当は単純でいいやつなんじゃないか?」と思い始めた僕がいた。



僕がお人好しなだけなのかも知れないが、そのあたりから、そのセルビア人が嫌いになれなくなった。



ノートを見せてもらった。
確かにびっしりノートに書いてある。
確かに2つだけ単語に赤でチェックが入っている。


そして、授業が始まる。

トイレ休憩の間に
「おい、俺の名前、日本語で書いてくれよ。」
って頼まれたので、名前の発音を聞いて書いてあげた。

彼の名はマルコ(仮名)

身長190cmの大男が、
カタカナで書かれた自分の名前を見て
満面の笑みを浮かべている。


なんと単純で憎めない奴なんだろうか(笑)
そんなことで、そんなにニンマリするのは、小学生までだろ(^^;)

その後、リスニングのテストがあった。
リーディングは僕には凄く難しかったが、リスニングは思いのほか簡単に感じた。
そして、隣の席に座ったマルコの正解率を遥かに上回った。
マルコはそれを見て、どうやら少し僕の事を見直したようだ。

クラスで僕一人しか正解していなかった問題があった。
それを見て、マルコは僕の肩を叩き、口笛を吹いた(笑)

そして笑顔で一言
「やるじゃねぇか」
と言ってくれました。


自分の正解率の悪さを棚に上げ、未だに少し上から目線なのが憎めませんね(笑)




そして、最後の問題の最後の2文。

①The doctor has got ( ______ ) , so she needs to change the date.
②My house is next to (_______).

答えは
① the flu
② the cafe

でした。
僕は
①a fluと書き不正解。
②は正解しました。
で、マルコの答案を見たら・・・



① A flEW

② THE CAffE



・・・あれ?マルコさん?


スペル間違いまくってますが・・・というか、それ以前に、大文字と小文字がぐちゃぐちゃなんですけど^^;


僕のスペリングの師匠マルコ、リスニング分野でことごとく惨敗。

彼は、自分の大文字と小文字を織り交ぜる癖が、英語の文章ではやってはいけないと言う事に、この時気づかされる。

うなだれるマルコ。

どうでもいいですが、マルコは、ムキムキの亀仙人に少し似てる感じです。


えぇ、あのフライパン山をカメハメ波で吹っ飛ばした時のです。



こんな感じ↓マルコさん
kamesennin2.jpg

で、その後、例のノートをよ〜く見せていただきましたが、全ての単語に大文字と小文字がぐちゃぐちゃに入っていた事に気づきました。


それよりも、もっと重大な事に気づいたのです。




よくよく考えてみると、新聞を写して、スペル間違いってするもんなの?

しかも、2個って多過ぎじゃない?(笑)

とにかく、マルコとはいい友達になれそうです(^^;)

See you next week マルコ!
kamesen.jpg

書いていて気づいたのですが、最初の敵が後の仲間になる感じ、ドラゴンボールの流れそのものですね。
まぁ、ドラゴンボールの時は、頼もしい仲間に変わるわけですが(笑)



〜今日の英会話〜


具合が悪いときに使うフレーズ

熱が出たら
I've got a fever.
風邪引いたら
I've got a clod(sick).
頭痛だったら
I've got a headache.

I've got a 〜〜〜.というのがお約束なのですが、日記にも書いたように、インフルエンザだけ違います。
I've got the flu.
と言います。

では、みなさん健康に気をつけて、今日も一日頑張りましょう!



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

11/07

先日、カイタイア(kaitaia)という街のコミュニティセンターに訪れたときの写真です。
カイタイアは、街としてはそこまで活気のある街と言う感じはしないのですが、この日は子どもたちを満足させようと、ここまで来ました。
しかし、残念ながら子どもたち向けのお部屋はお休みでした。

何となく、こういうデザインいいなぁって思って写真に収めました。

kaitaia1.jpg


kaitaia2.jpg


kaitaia3.jpg
人と人が出会い、仲良くなる。
扉が閉まる度にその写真が見れるなんて、なんかいいですね^^

館内に入ると、鳩が飛んでいるんです。
kaitaia4.jpg
素敵だったなぁ。

そして、壁にはこの絵が。
kaitaia5.jpg

あぁ、これだったのか。

う〜ん、素敵なコミュニティセンターだ^^


ここで報告させていただきます!
移民局から連絡が来て、永住権の資格を頂きました^^
あとはパスポートを送り、支払いをするだけです。
1年近く格闘した書類も無事受理され、これで一安心^^
まわりのみなさんのお陰です!
ありがとうございます!
感謝感謝です。



〜今日の英会話〜

英語は英語で強くなる、のお話の延長なのですが・・・気づいた事があったので書きたいと思います。
先日、どうしても意味がわからなかった単語を英和辞書で調べました。
そして、英文読解をしている時に、ある違和感を感じたんです。
英文を読んでいるときは英語脳なのに、その単語を見た瞬間に日本語脳に変換され、大学受験のときのように日本語で文章を訳している自分がいたんです。
もちろん、日本語に訳しちゃうと、どうしても時間がかかるし、文と文がひっつかなくなったりします。

英語は英語で強くなる・・・日々痛感しております。


おしまい!

ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
書くモチベーションにつながるので、お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


自分の使い方。

カテゴリ:哲学

11/06

今日の午後、夕飯前に
「最近夕方になると元気出ないなぁ・・・なんて何となく思っていたんです。」

珍しく原因不明で元気がなくなっていたイクメン。
最近生活がガラリと変わってるしなぁ・・・なんて思ったりしてました。
そんな悩みを解決しようと、色々考えていたんです。

人によって気持ちには異なる反応が出るんですよね。
前に読んだ心理学の本に書いてありました。

その本には
人は、漫画や小説の気に入った登場人物に似てくる
                とも書いてありました。
自分が目指す性格を無意識にその登場人物に重ね合わせるので、似てくるそうです。

落ち込んだりしてる時に、自分の好きな登場人物と照らし合わせ、自己分析すると、自分がよく分かるそうです。
そう分析すれば、要は自分の使い方が分かるってことですね。


ちなみに僕は、生粋のドラゴンボールファンです。
しかも、思いっきりベタな孫悟空ファンです。
gokuu1.jpg

どんな辛い事があっても、
ケロッとしている強靭な精神力。

「クリリンの事かー!」
でおなじみの人情深さ。
kuririnnno.jpg


そして、どんな辛い状況でも笑顔
素敵です。
素敵すぎ。
完璧すぎます。


孫悟空が好きで、孫悟空のように強くなりたくて、小学校・中学校と少林寺拳法に通い、一生懸命稽古に励みました。
確かに強くなりました。でも、僕は悟空ほど強くなってないどころか、まだ空も飛べません。


僕は10年以上水泳をやっていました。
しかし、悟空のように地球の裏から泳いで来れる体力はありません(ヤッホイ)。

僕も悟空も重病人として、病院で寝たきりの状態で入院していました。
僕も驚異的な回復は見せましたが、仙豆を食べて高層ビルの窓から筋斗雲に飛び乗る度胸はありません。



そんな素敵な悟空に憧れ続け30年近くたちました。




そして、あることに気づいたのです。




なんと!僕と悟空の共通点を見つけたのです!





僕も悟空も、
   お腹がすくと元気が出なくなるのです。

ご存知でしょうか?
ドラゴンボール史上最弱のはずのヤムチャに、最強の悟空が唯一負けたのも、お腹が空いていたからなんです。
rouga.jpg

そうなんです、僕も夕方になると元気が出ないのは、お腹がすいてたからなんです。

夕飯後、お腹いっぱいになって、元気を取り戻し、やっとその事が理解できましたとさ。
ちゃんちゃん。


〜今日の英会話〜

今日は、朝一ちょっと寒いです。
鼻水が出ている娘を見て嫁が一言。

"You've got a good runny nose, my little baby."

鼻水が出ているという表現、なかなか知る機会がないので載せました。
今日はここまで!


ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

11/05

最近、NZでは、そこいら中で花火が打ち上げられています。
hababi.jpg

まぁ、日本の花火とは比べ物にならないほど小さいものですが。

どうしてだろうと調べたら、こんな事実が。

1600年代に、ガイフォークスと言う男が、火薬を使ってイングランド政府をひっくり返そうとしていました。
その試みを阻止できた事を祝い、花火を打ち上げた。
それが11月5日だったそうです。

ちなみに、現代使われているGUY「男、奴」は、そのガイフォークスに由来するらしいです。

そして、日本ではコンビニ、スーパー、ドンキホーテなどで手軽に買う事ができる花火ですが、NZでは、この時期にしか購入できないようです。
過去に凶器として使われる事件が多発し、花火はこの時期限定で売り出す事にした様です。

ちなみに、一昨日の夜に僕たちも花火しました♪
娘の初花火でした^^
もう、はしゃぐはしゃぐ。
でも、そのはしゃいでる姿こそが、親の次の日からの活力につながるんですよね^^



〜今日の英会話〜
日本だと、お父さんお母さんの事を、おかん・おとんだったり、母ちゃん父ちゃんだったり、ママ・パパだったりしますよね。
今日は両親の呼び方です。
日本でよく言うママ・パパは、実はフランス語なんです。
NZでは、
mummyとdaddy
で、大人になると
mumとdad
になるんです。
日本人からすると、大人になってもマム・ダッドって言うの、ちょっと子どもっぽく聞こえますが、おっさんおばさんも言っています。
お母さん、お父さんってところなんでしょうね。

では、今日はここまで。


ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

豆知識

カテゴリ:暮らし

11/02

NZで手に入るお米なんですが、やはり日本のものに比べるとかなり味が落ちるんです。
この前、安い!って思って買った10kgのお米、だいぶ古かったみたいで、炊きあがりの臭いがひどくて・・・。

そこで日本のお母さんに聞いたところ、お酒を大さじ1〜2杯入れるといいと言われたので、入れてみた。
かなり味はよくなった。
あと、基本なのは30分は水に浸けておく事。
それと、お米は炊く前に一度冷たい水でしめると、うまみが増すらしいので、氷を2〜3個炊飯ジャーに入れる。

それで、なんとか食べやすくなったのですが、さらにもっと食べやすくする方法を見つけました。
タイ米と混ぜて食べるんです。
昨日、試しにやってみたんです。
タイ米は、タイ米特有の香りをもっており、古いお米の臭いを隠してくれる事を昨日発見しました。

ということでおさらいです。
古いお米には

・お酒を入れる
・30分以上水に浸ける
・その際、2〜3個氷を入れる
・タイ米を混ぜる

タイ米の割合は5合炊くなら2合分ぐらい。
普通米:タイ米=3:2
で昨日はやってみました。

以上、海外に住んでいると出てくる悩みの解決法でした。
お困りの方、ぜひ試してみて下さい^^



〜今日の英会話〜
英語脳ってよく言いますよね。
前々回に書いた
「英語は英語で鍛えると強くなる」
という言葉通り、全てを英語で考える事が英語脳だと僕は理解しています。

英語脳・・・でもどうしても日本語が入り込んで来てしまう!
聞き取りの時に、どうしても日本語に訳して考えてしまう。


ここら辺、僕もそれなりに英語を喋りますが、それでもたまに出て来てしまう悩みです。
これの解決策として重視したいのが

"聞く"と"喋る"のバランスです。

一方通行の会話になると、どうしても人間は集中力が下がってしまう。
先生の話を20分も聞き続けるなんて、日本語であっても拷問です。
その拷問に脳が耐えられず、英語脳よりも楽な日本語脳に勝手に切り替えられてしまう。
そんなときは、無理矢理質問を作り上げ、先生に英語で質問をするといいと思います。
そうすると、一方通行の会話から、会話のキャッチボールにシフトされます。
会話の一方通行の時間が短くなればなるほど、脳が日本語に切り替えるタイミングが減るので、日本語脳に切り替わる事を避けられるんじゃないかと、最近強く感じます。


では。


ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

11/01

久々にクソ真面目な日記を書いてみた。

実は、去年難病(ギランバレー症候群)を患ってから、病気から立ち直るという目標以外には、ほとんどチャレンジがなかった。
まぁ、その難病を体験するだけで、心は凄く鍛えられたのだが、ただ体を回復させるだけで心が折れそうになる病気だったので、他の事で自分を追いつめるのを止めていた。
全ては自分との戦いで、自分以外の人との比較からは離れていた。
1年以上この状態が続いた。

そんな時、日本人サッカーチームに誘われ、サッカーの練習に参加するようになった。
でも、そこの選手たちは凄く上手で、自分は常に足を引っ張っていた。
だんだん自分の下手くそさに嫌気がさして来た。
サッカーは気持ちがプレーを左右するスポーツなので、日に日にプレーの質が落ちてくる。
比較の中にいる。久々に感じる劣等感だった。

昨日、英語の授業に新しく生徒が増えた。セルビア人だ。
俺は、最初彼が何を言っているか全然聞き取れなかった。
英語とは思えなかったほど、かなりクセのあるアクセントだ。
そのセルビア人とペアになり、インタビューの練習をしたのだが、彼の俺に対する評価の最低点だった。
「あなたが何を言っているか全然分からない。そして、質問に対してあなたは1つしか答えてない。なんてつまらないスピーチだ。」
とズバッと言われた。

俺にとって、彼のアクセントにクセがあるって思うのと同じように、俺の英語にも独特のクセがあるんだろう。
しっかり受け答えしたのだが、彼には何を言っているのかが聞き取れなくて、こんな事を言われてしまったのだろう。
俺がそのセルビア人より英語ができないとは思わない。
彼の言っている事が100%正しいとは全く思わない。
でも、そこまでダイレクトに言われると正直凹むわorz
これも、比較の中で自分を伸ばす環境にいるからこそ起こる事。
彼の意見に全く納得がいかない分、劣等感より処理しずらく、心の回復に時間がかかる。

ということで、少なからずイライラしていた時に、中学生からの友達がFaceBookで
「恒例の”人間の限界探求”ママチャリツアー」を開催すると書き込んでいた。
彼は、意味もなくただのママチャリで、ひたすら日本の西へ走り続ける、という恐ろしい企画を毎年のように行っている。
途中で倒れる事も珍しくないようです。
でも、毎年、自分を追い込む荒行として、ママチャリツアーを開催するんです。

彼の人生は非常に興味深い。
大学卒業後、就職するが、20代中頃に会社を辞め、「そうだ、弁護士になろう。」と思いつき、「六法って何?」というところから勉強を始め、9年かけて、去年司法試験に合格。
しかも、合格した年の彼は、司法試験の勉強と並行してボクシングジムにも通い、プロテストの合格を同時に目指した。

そのママチャリツアーの書き込みを見て、奮い立った。
俺が凹んでいた事は、取るにたらない事だったことに気づかされた。

サッカーは、楽しくやればいい。
劣等感を感じそうになったら、他の選手にどうしたらプレーが改善できるか聞けばいい。
みんな凄くいい人たちなんだから^^

英語圏の人でも、同じ英語を話すアイルランド人のなまりが理解できない事もある。
彼の英語が僕に分からないように、僕の英語が彼に通じないのは、考えてみれば納得がいく事だ。
それに、彼もネイティブと、俺もネイティブと普通に英語で会話ができると言う事は、双方の英語が間違っているわけでもない。自信を失う事はない。
自分の英語が、セルビア人の彼にも通じる様な英語になった時には、今より更に奇麗な英語の発音で会話ができると言う事だろう。

ここからが正念場。
ダディすごい!って、娘が20歳になった頃にも言われ続ける様な、熱い親父でありたい。
そうあるために、日々命を賭して自分磨きに専念する。
娘の寝顔を見ながら、そう誓った朝でした。

〜今日の英会話〜

何となく、手に取った車の鍵にキーホルダーが付いていたので、キーホルダーについての英語。
キーホルダーと言うのは、和製英語で、ちゃんとした英語では、キーホルダーの事を
Key ring(キーリング)もしくはKey chain(キーチェイン)って言います。
Key holder(キーホルダー)というのは、よくフックがたくさんある壁にかけて使う鍵掛けの事らしいです。

ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







トップへ | 

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

アクセス解析

リンク

ブロとも申請フォーム