2013年03月の記事一覧

03/30

昨日の夜から、嫁の実家に来ています。
オークランドから350km北上したところにある小さな町。
最近勉強とサッカーしかしていなかったので、刺激的な毎日です。
今日は、嫁のお兄ちゃんに連れられ、釣りに行ってきました。
明後日の義母さんの70歳の誕生パーティのテーブルに並ぶものを作るために。

狙いは伊勢エビとキングフィッシュ(ヒラマサ)

伊勢エビを捕ろうと潜ったのだが、ダイビング超初心者の俺には難易度がかなり高い。
伊勢エビって、暗い岩と岩の間に住んでいるので、まず潜って見つけるのが大変。
4〜5mもぐって、見渡し、伊勢エビがいそうなところを一通り探し、見つけたら、ひとまず息を吸いに水面へ。
そこからまたもぐって獲るという作業なんだけど、波に慣れていない俺には、捕まえるどころか、見つけることもできなかった。
でも、泳いでいたらキングフィッシュが並走?並泳?してきて、少しドキドキした。
ショットガンを持っていたら、しとめられていた距離だな。
次はショットガンに挑戦しよう。

今日の収穫。
お兄ちゃん:伊勢エビ10匹
俺:カウアイ一匹


久々に溺れた(笑)
幼稚園のお風呂以来じゃないだろうか?
ダイビングして、波にさらわれ、岩場に入り込み、全身打撲(笑)
岩場への打撲と海水を思いっきり飲んでしまったことで、頭がパニック。
それでも頭が冷静になる時間を自然は与えてくれない。
冷静さを欠いた俺は、波とは逆方向に無理矢理泳いでいていわばの脱出を試みる。
もちろん、波に逆らって泳いでいるので、いつまで経っても岩場を脱出できない。
波がだんだん高くなる。
体が疲れてきて、息をするのに精一杯。
脱出しようと言う意志も薄れ始めた。
『まずい、かなり苦しい。』
って思いながら、無理矢理海面に顔を出し、息をしようと思ったら、その瞬間に高い波が来て、さらに思いっきり海水を飲んだ。
結局、限界ギリギリのところで、一緒にダイビングに来た嫁の兄ちゃんが目の前に現れ、俺の手を引っ張って正しい抜け道を示してくれた。
なんとか岩場から脱出できた。

いや〜、焦った焦った。
元々水泳を10年やっていて、海では遠泳も毎年していたので、泳ぎのテクニックは問題ないと思う。
海を舐めていたわけではない。
逆に、ちょっとビビっていたかも(笑)
パニックを引き起こした、一番の大きな原因は、シュノーケル。
シュノーケルからは、いつでも空気が吸えるって言う先入観があるようで、そこから水を吸い込むと、軽いパニックになる。
「シュノーケルに慣れてないやつは、水に潜ったら一旦シュノーケルを吐き出しちゃえばいいんだ。」って嫁の兄ちゃんから助言を受けた。
あとは、足ひれの上手い使い方もマスターしたいなぁ。
しかし・・・すっげぇ悔しい!
次こそ、ちょこちょこ練習して、次こそ伊勢エビをつかみ取ってやる!

自然は厳しい。
そんなことを今更痛感したおっさんの日記でした。



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

03/26

最近の生活の流れを確認しよう。

朝5時に起床。
5時半までに朝ご飯、メールで情報チェック、コーヒーを入れる、ストレッチをする・・・などなど。
7時過ぎまで勉強し、娘を保育園に送り、その後学校へ向う。
学校が終わり、急いで家に帰り、インスタントヌードルを食べ、少しゴロゴロしたり、単語覚えたり、夕飯作ったり、洗濯したりする。
仕事場から嫁さんを迎えに行き、夕飯を食べ、勉強したり、お話ししたりしてから寝る。


最近、この生活で飽き飽きしていたことがあったのです。

そうなんです。

毎日のインスタントヌードルに、僕はヘドが出るほど飽き飽きしていたんです。


そして今日、たまたまロシア人のクラスメイトに
「5ドルで飯とデザートがつく食堂がある。一緒に来ない?」と誘われた。

最近、時間を節約するために、非社交的になっていた俺。
『テストも終わったことだし、5ドルは安い。よし、交流を深めよう!』
と言うことで、一緒に行くことにした。

そのロシア人に連れられ、オークランド大学に到着。
食堂の場所はオークランド大学の一室らしい。
昼飯を友達と楽しそうに食べている大学生たちを脇目に、校舎の奥の方へ歩いていく。

懐かしいなぁ。
おれにも大学時代があったんだよなぁ。
なんて思いながら、校舎の奥の怪しげな部屋に到着。


入ってみると、何か雰囲気がちょっと違う。
なんだろう?この違和感は^^;



あれ?みんな同じ様な髪型してる。


あれ?みんな数珠とかしてる。



あれ?みんな悟りを開いた様な、遠い眼差しをしている。








・・・周りみんなモンクじゃねぇか!!!


そう、その同じ髪型とは、ラーメンマンの様な髪型のことね。
坊主も結構いたけど。



いや〜、生まれて初めてモンクの集団の中で飯を食いました。
みんな優しいし、凄く真面目だし、一緒にいても楽しいのではありますが・・・・正直焦りました(汗)
明日はモンクにとって特別な日らしく、月が出るまで断食して、月が出たらたくさんの料理と歌とダンスでそのめでたい日を祝うそうです。
そう嬉しそうに話してくれました。



刺激的なランチだったなぁ。



これ、クミクミとかいう野菜らしい。

kumikumi

kumikumi2


日本では見たことがない。
嫁のお母さんがくれたんだが、あっさりしてる割りに歯ごたえがあり、バター焼きや、そのまま蜂蜜レモンに漬けてデザートにしたり、結構おいしかったです。
レシピ、全て自己流だけど。



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

誤算は憑き物

カテゴリ:勉強

03/24

力はついてきている。
しかし、まだまだ足りないんです。

昨日、IELTSの試験を受けました。
まずは、本番を知らないと、効率的にその後の勉強ができない。
そう思い受けることにしたテスト。

テストはいつもそうなのですが、誤算がいくつかありました。

1つ目の誤算は、食事。
3時間半も缶詰でテストするので、腹が減ってはいかん。
そう思い、ラーメン屋でみそラーメンと大ライスを頼んで食べる予定だった。
久々のラーメンなので、凄くワクワクしていた。
しかし・・・行こうと思ったラーメン屋が閉まっていたのですorz
すげぇガッカリです。

麺類より米の方が腹持ちがいい、と言う情報を手に入れたので、仕方なく試験場の近くの寿司屋さんで寿司とみそ汁を頂く。

大学のキャンパスを通り、用を足す。
ここは予定通り。

試験場に着く。
エントリーを済ませ、またトイレへ。
トイレのリズムはしっかりつかめていた。
お陰で試験終了までトイレは耐えられた。

次の誤算は、リーディング。
こっちは嬉しい誤算・・・になるはずだった。
試験最中は、さすがにいつもより集中力が上がり、Part1の「Otter(かわうそ)」についての読解はほぼ完璧にできた自信がある。
そこで「あれ?一番苦手な長文読解ができてる!やっぱり俺ってやればできる子なのか!」と、半分ニヤケた顔でPart2の読解に入る・・・しかし、そこで時間が予定より5分足りていないことに気づいた。
その瞬間から、異常に集中力が落ちてしまった。
そのお陰でPart2 Prat3は完敗である。
手応えでは、正答率は50%に確実に届いていない(涙)
ライティングとか数学を解いている時は、時間に追われている時にも冷静になれるのに、リーディングだけはそう言うプレッシャーに弱い。
また、長文を読むスピードを上げたりするトレーニングを更に続けていかねば。

ここで凹んでいられない。
次のライティングのテストに入る。
試験管が
「試験の解答用紙、裏表に書くことができます。Part1はページ1に、Part2は・・・ページ4に・・・おかしいわね(笑)」って言っていたのを覚えている。
あれ?おかしな話だな〜なんて思って配られた紙を見ると、Part1を書くスペースが恐ろしく少ない。
『ずいぶん分厚いしっかりした紙だな。もしかして、これ2枚くっついてるんじゃないの?』
なんて思いながら確認したが、1枚の紙だった。
表がPart1用、裏がPart2用。でも、ページ数は1と4と書いてある。
仕方なく、ぎゅうぎゅうにしてPart1のライティングを書き終える。
ぎゅうぎゅうに書いているので、段落なんて作れない。
残念なライティングですよ。
そして、次の課題に取りかかろうとしたら
解答用紙が
「ペラッ」って

?あぁ!!やっぱりこの解答用紙、2枚が重なっていた!
1枚目に書いたから、くっついていた紙と紙がズレたんだ。
すげぇ誤算・・・。
でも、Part2はスペースをつかい書けました。
ライティングで目立った課題は、単語とスペルだ。
スペルを間違いたくないので、リスクの低い単語を選びたがるクセがついている。
もちろん、リスクの低い単語は、幼稚な単語になってしまい、文章全体が幼稚に・・・。
書いていながらそれを認識している。
次の試験までにはそこらへんを改善したいものだ。

スピーキングは、Teenagerを中心に質問を受けました。
僕の専門分野なだけに、凄く話しやすく、スラスラ言葉が出て来た。
しかし、それと同時に、Teenagerについてはあまりに知識がありすぎて、まとめるのが難しい。

また、聞かれた質問も、凄く漠然とした質問。
しかし、試験管は質問の文章を読んでいるだけだから、質問の深い意図まで尋ねても答えられないだろう。
ということで、浅く広く差し障りのない応答をした。
あれでよかったのだろうか・・・。

ま、そんなこんなで試験は終わりました。

取りあえず、嫁がベーコンエッグを作ってくれって言っているので、この辺で。
無事最初のIELTSを受け終わりました。

報告まで。



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

スピーキング

カテゴリ:英会話

03/22

今日は、スピーキングに重きを置いた授業だった。
スピーキングに関しては、昔から英語で会話をする友達が数人いたため、リーディング、ライティングに比べると、点が稼げるんじゃないかと思っている。

IELTSのスピーキングは、3つのセクションに別れてる。
簡単に書けば

①世間話
緊張をほぐすための始めの会話ってところでしょう。
②2分間スピーチ
お題を出され、1分間それについて考える。
んで、その後2分間スピーチ。
③質問対応
少し難しい内容の質問をされ、それについて自分の意見を述べる。

今日は自分の声を録音して、それを聞き返すレッスンだった。
やはり自分を客観視するってのは凄く効果があるね。

俺の場合、全ては①にかかってきそうだ。
緊張していると、言葉が詰まり、何も言えなくなってしまう。
残念ながら、緊張している時の俺の英会話は、9年前とほとんど変わりないものとなってしまう。
何としてでも、ここで緊張をほぐしておきたい。

②の対策としては、課題に対して自分の経験や意見を述べるとき、あまり深いものを持ち出さないこと。
あまりに深すぎると、2分間では終わらないし、頭の中で簡潔にしようと思っている間に、時間が過ぎてしまう。

③の対策は、質問一つ一つに、細かく答えないようにすること。
英語を喋っている時は、日本語を喋っているときより余計なことを喋ってしまうことが多い。
言語をコミュニケーションツールとして扱うときに、「くどさを除き、簡潔に的を捕えて喋る」ことは、相当高等技術。
日本語でもたまにできないことがある。
どうしても尾びれを付け過ぎ、結局何が言いたいか分からなくなってしまう。
そのため、自分の意見を先にしっかり述べ、1つ例を挙げる程度に留めたい。


発音は先生方に言われた。
「あなたの発音は、アジア人の中でかなり聞き取りやすいしっかりした発音だ」って。
だから、発音はあまり神経質にならなくてもいいんだけど、自分のスピーチを聞いていて、少しだけ気になるところがあった。
速く喋ろうとか、緊張したりすると、どうやら俺は発音がおろそかになる単語があるようだ。
例えば、
I took lots of pictures there.
の「took(トゥック)」の発音の最後の「ク」の発音がおろそかになる。
そうすると、通じはするが、やはり相手に伝わりにくい。

シラブルが2つの単語の後ろの発音に気をつけよう。
sizeとか、take、fiveなんかも注意だな。

でも、やはり神経質になって、インタビューの最中に、文法や発音の間違いに気を取られ「やっちまった」とか思ってしまうのが一番よくない。
取りあえず、今日一日の会話の中でそう言うところを気をつけて、明日は何も考えずに臨もう。


今日はよく寝れるといいなぁ。



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

リズム

カテゴリ:勉強

03/21

明後日いよいよテスト。

予告として渡された紙を見ると12:30〜16:00の3時間半缶詰。
リスニング、リーディング、ライティングの順でテストが行われる。
その間の休憩は全くない。
・・・大丈夫なんだろうか俺?

食事にもしっかり対策を練っていかないとな。
入場間近の11:30頃に弁当を食べ終わるようにして、飴をなめ、リラックスしながら会場入りしよう。
眠くならないように、コーヒーを飲みたいところだが、利尿作用に注意したい。
やはり、食事と同時にコーヒーを飲み、12:05ぐらいにしっかり出し切っておく必要がありそうだな。

筆記用具以外に、唯一持ち込みが許されているのが水。
しかし、あまりガブガブ飲んでしまうと、トイレに行きたくなってしまう。
尿意は集中力を下げるし、試験中はトイレに行けるかどうかも分からん。
取りあえず不安を取り除くために、寸前からライティングの中盤までは、口を湿らす程度の水分補給にしよう。
そして、ライティングが終わる頃になったら、空腹にやられる可能性があるので、水をがぶ飲みしてごまかす。
ただし、ライティングの最後の5分はスペルチェックに当てているので、時間のない時に尿意に苛まれながら、しかも細かい作業をしていたら、膀胱が破裂してしまう。
その辺りも重々心得なければならない。

さて、今回のテスト、目標は高く、6.5を掲げているが、リーディングもリスニングも、今までやったテストは5.0〜5.5。
その辺りが結果として出てくるってのが妥当な予測だな。
ネイティブスピーカーの奥さんを持つ人間の点数じゃないなhahaha

でもいいんです。
俺、数学の先生ですから!(笑)

・・・と開き直りながら、実は、長期的には改善できる自信があるんです。
最近、自分の脳が英語の勉強のリズムをつかみ始めました。
どんな難しい単語でも、なんとか覚えられるリズムをどうやらつかみ始めたみたいです。
このままコンスタントに語彙を増やしていけば、僕の一番の弱点が克服されることになる。
語彙はやはり、数週間で何とかなる問題でないが、やればやるほどリーディングだけでなく、全てのテストの結果に反映されるだろうことを最近、肌で感じている。

やはり語彙の強化、そして慣れというか・・・テクニックの修練が何とかなれば、多分6.5は固いのではないかと。
7.0〜7.5は、まだ手が届きそうもないから、それについては、もう少し階段を上ったら対策を練ろうと思う。

取りあえず、当面は6.5を目指すこととしよう。

取りあえずは今週末の試験頑張ります。



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

プレテスト

カテゴリ:勉強

03/16

昨日、IELTSのリスニングとリーディングのプレテストを行った。

リスニングは「思ったよりも難しくなかった」と言うのが感想なんだが、その割りに正解率が50%だった。

20/40ってこと。
つまり、これじゃぁ4.5のスコアーしか取れないってことです(笑)
難しく感じなかったのに、なぜこんなに点数が悪いか。
それには、テストの流れを上手くつかんでいなかったところにあります。
いわゆるタイミングです。

IELTSは、リスニングの放送が終了してから、10分間解答用紙に答えを写すための時間があります。
その時間を考えずに、僕は何故か解きながら解答用紙に自分の答えを写してしまったのです。
それで、次の問題に目を通す時間がなく、リスニングが追いつかない。
しかも、急いで写していたので「コンサート」を何故か「オーケストラ」と書き写していたり、焦りながら聞き取っているので「15」を「50」と聞き間違える、焦りまくっていたのでtelephoneをtellephoneと書いてしまったり、複数形のSを付け忘れたり・・・。

つまり、呼吸がテストとしっかり合っていれば、間違いなくあと5問は正解できていました。
25/40でも、5.5・・・まだまだ足りないんだけどね(^^;)
ただ、落ち着いて集中していれば、できないことはないんじゃないかと思いました。
この自信、根拠がないわけではないのですが、上手く言葉で表現できない・・・。

とにかく、リスニングにおいて、即効性の高い改善点を2つここでメモしておく。

・試験最後の答えを書き写す時間を有効利用すること。
・答えを書いている間にオドオドしないこと。スペルがあやふやだったら、後で考えること。


次にリーディング。
リーディングは、苦手だと思っていたのですが、トラウマが薄れてから「あれ?行けるかも?」って思えるようになりました。
しかし、今回のプレテストでは、リーディングのこと以外の重要なことを学んだのです。
それは

エナジードリンクの正しい飲み方です。

実は、集中できるようにとリーティングのテスト前に飲んだエナジードリンクが、まさかの誤算を招いてしまったのです。

それは「尿意」です。
利尿作用を促すエナジードリンクの尿意は、大体25〜30分で僕の体に表れます。
当たり前の話ですが、尿意を感じると集中力が落ちます。
ただソワソワするだけでなく「トイレへ行ったら失格だろうか?」とか「時間ロスしちゃうんだろうか?」「トイレ行ったとしても、またすぐに行きたくなるんじゃないだろうか?」なんて、テストと全く関係のないことに気が行ってしまうんです。
実際、始まってから20分は、サクサク問題が解けたのに、30分頃に膀胱の限界が来て、トイレへ。
トイレへ行くと、集中し直しになる。

リーディングのプレテストで受けた教訓

・・・エナジードリンクは、極力避けた方がいい。


ということ。
もっと言えば、水を飲むタイミングも考えた方がいいですね。
生理的現象も、できるだけ操らないと、上手く集中できなそう。
とにかく、IELTSは時間との勝負。
集中力を落とす要因は、最初から消していかないとね。

リーディングは、来週にならないと点が分かりません。
最初の大問1しか集中して解けなかったのが痛いが、生理現象を事細かに研究すれば、きっとそれなりの結果になるだろう。


IELTSの勉強を本格的に始めてから4週間。

そんなこんなで、初めてのIELTSまで後1週間(汗)

今回の目標は6.5かな。
6.5言ってたら、自分で自分を誉めてあげたいです。



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

教訓。

カテゴリ:暮らし

03/15

昨日から、一昨年までやっていた教員時代の教え子が、NZに訪ねに来てくれています。

遥々日本からやって来てくれて、嬉しい限りです^^

せっかく来てくれたし、天気もいいので、One tree hillに連れて行ってあげました。
サッカー選手のまさ君と3人で途中でフィッシュバーガーを買って、hillのてっぺんで食べました。

そこには、現地の学生が遠足来ていて、いつもは10人ぐらいしかいない場所に50人以上いました。
凄い人だなぁって思いながら、ハンバーガーを食べ終わり、車に乗ろうとしたら、鍵が開いていた。

・・・?
鍵は確実に閉めたはずなのに・・・。

あれ?教え子のバックの場所が微妙にズレている。
あ、俺の財布がない!
あ、iPod touchとトランスミッターも!
しかも、教え子の財布も取られていました。

・・・やられました。
車上荒らしです。
昼の2時に、ごみごみしたこの観光スポットで。
白昼堂々とはこのことですね。

すぐに警察に電話したら、鍵穴を見てみろって言われました。
なので、鍵穴を見たら・・・ぶちこわされていました(涙)
警察に状況をできるだけ事細かに伝え、できることは終わったのですが・・・凹むねぇ。

不幸中の幸いなのが、そのipod touchはバッテリーが死にかけていて、あまり使い物にならなかったこと。
トランスミッターが日本製で、NZのラジオと相性が悪かったこと。
教え子は財布には少ししかお金を入れてなかったこと。
僕も盗まれる前に、現金をかなり使ったこと。
僕の財布はあまり使い勝手がよくなかったこと。

・・・挙げて見れば、最悪の最悪ではないってことに気がつきました。

話によると、観光スポットは、かなり狙われるらしい。
皆さん、気をつけて下さい。

それと、まさ君に言われて納得したけど
「盗まれたのが財布でよかったですよ。娘さんだったら取り返しのつかないことになってましたもんね。」って。
確かにその通りだ。
多分、犯行は1〜2分の間に行われました。
こんなに簡単に鍵が開くなんて知らなかった。

車の中に娘を置いて、かぎかけてちょっと買い物・・・なんてやって誘拐されたら・・・。

いい勉強になりました。

これからは、車には貴重品を置かない。
1分でも娘を車に入れたまま車を離れない。

そう決めました。

皆さんも気をつけて下さい!
車の鍵って、凄く簡単に開いちゃうんです。
本当に気をつけて下さい。




ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

03/13

今日は、ついに長文問題を解いている時に劣等感を感じなかった。
ちょっとでも「人より遅い」って思いそうになったら、「昨日の自分よりは速いな」って考えることにより、「あぁ、周りの人たちは優秀だなぁ。」って程度に俺の気持ちが状況を処理し始めた。
そうすると、気持ちがリラックスして、内容に全く興味のない記事でも、読解に集中して取り組めるようになった。

劣等感を感じていた時とはストレスがまるで違う。
いわゆる自然体ですね。

不思議な話ですが。
娘が朝保育園に行くときに泣かなくなった。
彼女も僕と同時に自然体を手に入れたみたいです。
親子って、どこかでつながってるんでしょうね。

泣く娘と、イライラしながら長文を読む親父の成長。(笑)

まぁ、成長を感じて嬉しいことは嬉しいのですが、ここで問題が。
最近、疲労の溜まり安い。
勉強に運動する時間を当てているため、血液の循環が悪いんでしょうね。
シャワーを浴びる前に、鏡で体を見ても締まりがなくなって来てるのがよくわかる(笑)
まぁ、来週の土曜日までは仕方ないですね。
多少は色んなことを代償にしてでも、テストの結果を重要視したい。

でも、贅沢言えば、運動しながら勉強できる術をどこかで身に付けたいです。
もし、これを読んでいる方の中で、いい方法を知っている方がいましたら、ぜひ教えて下さい!


ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

克服の兆し

カテゴリ:勉強

03/12

どうやら、過去の自分と比べるってのがかなり効果的だったみたいだ。
読んでいても「遅いのはしゃぁない」って思いながらリラックスして読める。

娘を見ていて思うけど、娘は速く走れないことに全く劣等感を持っていない。
でも、走りたいから走って、走ってるから足が速くなる。
無心で続ける大切さ。

トイレットトレーニングも無事終わっていはいるのだが、時々お漏らししてしまうと、やってしまった自分に残念がって泣く。
つまり、過去の自分と比べているんだよね。

学ばされるぜ。

子供はスポンジのように吸収するってのはよく言われることだけど、大人にだって実は言語を学ぶ時のアドバンテージがあるんです。
大人は歳を取っている分、自分のモチベーションを操ったり、脳の効率的な使い方を実践することができる。
そんな記事を今日授業で読んだ。

せっかく身近に2歳児の娘がいるんだから、娘の言語の成長から学びながら、大人の利点を生かして勉強を続けていこう。

よし、これから貴重な30分休憩。
そこから夕飯作りと宿題だな。



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

03/11

僕はやはりリーディングが苦手だ。
とてつもなく。

リーディングを目の前にするだけで、少し吐き気がするぐらい嫌いです。

どうしてそうなってしまったのかを少し自己分析しました。
どうやら、リーディングを解いている時の劣等感が原因のようです。
この劣等感は、小学校で国語の授業の時に培われたもの。
授業でみんな立たされ「このページまで読み終わったら座りなさい」と指示が出る。
元々読むのが遅い俺は、クラスでもドベの方。
みんながササッと座り、あと2・3人になった時に、異常な劣等感を感じました。
結局は一人になっても立ってて、さらにそれでも時間がかかり、先生の視線が気になるので、読み終わった振りをして座る。
たまにそのプレッシャーが嫌なので、全く読み終わってないのに座ることももちろんありました。
昔の国語の授業には、その他にもたくさん劣等感を感じずにはいられない内容があり、僕にとっては地獄の授業でした。

僕にとって、特に「読む」という行動は、本当に劣等感を感じるためのエクササイズになってしまったようです。
つまり、それが集中力を削ぐ逃避につながり、スピードが下がる。

どうしたらいい?

駅から歩いて帰る道で思いついた。

人と比べるから劣等感が生まれる。
元々人と比べるために勉強しているわけではない。
必要な英語力を付けるために勉強しているわけだ。

つまり、過去の自分と比べればいいわけだよな
昨日よりも単語量が増えているはず。
昨日より集中力が増しているはず。
昨日の自分より勝っているってことは、成長している・努力が報われているってことだよね。

もう、これから人と比べるのはやめよう。
過去の自分と対決していこう。

と、何となく思ったので、時間がないが、書き記しておくことにした。
さて、飯食ったら宿題やるか!


ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

03/08

最近、目が覚めてから20分は、脳を目覚めさせるために、コーヒーを飲みながら、朝飯食いながら、パソコンをいじることにしている。

1時間は朝に勉強時間を取りたいので、今までは6時に起きていたが、ここ数日は5時40分に起きるようにした。
やはり、1時間しっかり勉強時間が取れることは有り難い。

しかし、この1時間ぐらいしか、しっかり集中して勉強する時間が取れないことが最近分かった。
クラスは後2週間。
2000ドル(16万円ぐらい)を投入して通っているだけに、もっと効果的に授業を受けたい。
しかし、家事と子育てを並行しての勉強は、かなり疲れる。

実は、この日記では、今の生活がどれだけしんどいかを書いていたのですが・・・消しました(笑)
そう、辛い、大変、と書く前にやることがあったのです。
それは「一日のスケジュール管理」

今朝は、勉強ではなく、このスケジュール管理にかなりの時間を使いました。
とすると、分かったことがあったのです。
一日のスケジュールを細かく立てると「この時間しか勉強できない」っていう時間帯が明確になったのです。
そうすると、今までぐったりして、やる気が出なかった学校帰りの電車の中、気合いがどうしても入らなかった家に着いてからの1時間等に、集中して勉強できるようになった。

電車の中では、長文読解で分からなかった単語を抜き出し、意味を調べる。
学校から帰って、家では、しっかり宿題をやりながら、writingに備えて、調べた単語を使って文章を書く。
朝の時間は、長文読解に当てられる。

夕飯のメニューもあらかじめ立てて、ちょっとした空き時間に、効率的に買い物を済ませられるようにした。
時間面でも体力面でも、かなり効率化が図れた。

そして、もう一つ対策が。
「禁酒」です。
酒を飲むと、どうしても眠りが浅くなったり、無駄にだらだら遅くまで起きていたりすることがあり、そうすると次の日一日頭が働かない。
とりあえず、23日、もしくは、授業が終わるまでは、酒を断つことにしました。


さて、23日まであと2週間。
どこまでできるか。
頑張れイクメン!

ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

拒否反応

カテゴリ:勉強

03/06

ついに来た。
英文に対する拒絶反応が。

脳があらゆる手を使って、英文に集中するのを避けようとしているのがよくわかる。

元々、読み書きが苦手で、日本語でもなかなか集中できない人間でしたからね^^;
それ故に数学の先生になったわけです。
そう、英文を呼んでいる間に、最近腹が立ったことや、文章が書いてある紙の質について考えたり、変な思考回路のサイクルに入ったりする。
「この単語知らないなぁ。」→「この文章いまいち理解が浅いなぁ」→「もう一度文章を読んでみよう」→(同じ単語にぶち当たり)「やっぱりこの単語知らないよなぁ」→「もう一度この文章を読んでみよう」・・・

この無限ループの根源にあるものは「拒否反応」である。
食いたくないもんを無理矢理食わされている様な感覚、ストレスにしかならないね。
そのストレスを避けるために、違うことを考え、頭の中で摺り替え作業を繰り返し、現実を見ないようにする。
多分、僕が小学校から高校までの間の英語と国語の授業で身に付けたテクニックです(笑)
9年間、努力して身に付けた「自己防衛」の技術に対抗するためには、気合いじゃ無理。
その自己防衛は巧みで、小手先の対策を練るだけでは長期的な効果は発揮できない。
気持ちの根底から、しっかり理論立てて脳を整理しないとうやむやになってしまう。


そこで、3つの対策をとるとにした。

①なぜ英語を勉強しているのかを明確にする。
こっちで教員になり、充実した生活を送っているビジョンを描く。
人生設計をもう少し詳細に立ててみる。

②ゴールを確認する。
ゴールが見えないマラソンのような、過酷さを排除しなければならない。
そのためには、ゴールを見定めること。
俺にはネイティブと張り合える英語力は必要ない。
IELTS 7.5 が取れればいいんだ。
知らない単語が出て来ても、問題が解ければいいんだ。

③過去の自分と比べる。
人と比べると、少しでも劣っていると劣等感でやる気をなくしたり、無駄な緊張を除外させる。
満足いくほどの勉強はできてはいないが、今できるギリギリの範囲で頑張っている意識はある。
昨日の自分より必ず成長しているはずだし、その成長を感じれば感じるほどモチベーションも上がってくるはずだ。



ここにまとめただけで「拒否反応」長いトンネルの向こう側に出られる様な気がして来たぞ!
頑張れ俺!
負けんな俺!


さて、とりあえず、これから買い物をするついでに運転しながらこの3点について考えることにしよう。

ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報



03/01

集中力を保持するのは難しい。

昨日、7人制のサッカーが最終試合だったので、サッカーを2試合して、その後飲みにも行き、今日はかなり疲れが残っていた。

こう言う時こそ集中できてなんぼだとは思うのだが、今日は集中して勉強できなかった。
集中できなかったどころか、自分の気持ちが異常な反応を起こしていたのに驚いた。
「こんな疲れてんのに、なんでこんなクソつまらない記事を元にした問題を、しかも英語で解かなきゃいけないの!?なんなの!?このクソつまらない問題は!」
・・・そうなんです。IELTSはクソつまんないんです。
純粋に読み書きの力を判定するためには、興味深い文章やトピックスは必要ないのです。

そこで僕、気づいちゃったんです。


IELTSは苦行だということを。

と言うことは、逆を返せば、俺の様な落ち着きのない人間が、IELTSの勉強を淡々とこなせるようになれば、きっと悟りが開けるんじゃないか。
そう、IELTSは修行。
きっとそうだ。
英語だけでなく、これはきっと修行なんだ。
そうだ、きっとそうだ。
これを乗り切れば、きっとヤッホイから泳いで天下一武道界にたどり着いてもケロッとしていられる精神力が着いているはずだ。




・・・でも今夜は早く寝よう(笑)



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報
トップへ | 

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム