201305の記事一覧

2年前の今日

カテゴリ:暮らし

05/22

今日は、グラウンドが使えないから、チームの練習がキャンセルになった。
運動不足になるのを、避けるため、朝一にワントリーヒルのてっぺんまで走ってきた。
オークランドは今、冬の入り口。
岡の頂上は、結構寒い。
岡を降りている時、寒さから手がしびれた。
しびれを感じると、今でもドキッとする。

僕は、2年前に、ギランバレー症候群という難病にかかり、2ヶ月入院していた。

そういえば、2年前の今日が、ギランバレー症候群が発症した日だった。
あの時の恐怖と、その後の闘病生活。
思い出すだけでもぞっとする。

朝起きたら、両手両足、それに舌がしびれ、体に力が入りにくくなる。
得体の知れない症状が体に出てきて、ただならぬ恐怖で頭がいっぱいになる。
次第に立てなくなる。
ベッドの上で起き上がれなくなる。
足先の感覚がなくなる。
腕が上げられなくなる。
顔の筋肉も動かなくなり、口が閉じなくなったため、口の中は常にカラカラ。
しかし、飲水は禁止。
ナースコールが押せなくなるほど、握力がなくなる。
焦点が合わなくなり、目を開けて人と話す事すら億劫になる。
一言話しただけで、呼吸困難になるほど、呼吸が浅くしかできなくなる。
心拍数が160〜180になり、常に体が熱い。
頭を持ち上げられず、後頭部に汗が溜まっても、自分では何もできない。
1ヶ月の絶食。
水すら飲めなかった。
身動きも取れない、TVすら見る気になれない体で、ひとりぼっちで病室にいることの恐怖。
7階に位置していた病室で、あまりに苦しいから、窓から飛び降りれないかって考えた事もあった。
でも、植物のように体が全く動かないのに、そんな事もできるわけがない。
一番きつかったのは、顔の筋肉が完全に動かなくなり、娘に笑いかける事ができなかったこと。娘は当時0歳。父親として、娘の目を見ても笑顔が作れない。惨めで情けなくて涙が止まらなかった。

家族と友達、看護婦さんや理学療法士の先生方に支えられた。

峠が過ぎ、深く息ができるようになった。
なんとか手が動くようになった。
飲食の許可が出て、1ヶ月ぶりに口にしたプリン。
こんなおいしいものが世の中にあるのか!と思うのと同時に、涙が溢れ出てきたのは今でも忘れられない。

順調に、必死にリハビリを重ねた。

しかし、退院してからがまたしんどかった。
家でいつも当たり前にしていた作業ができない。
布団を広げるだけでも一苦労、ましてや布団を持ち上げるなんて夢のまた夢みたいな感じだった。
毎日朝晩2回、1時間以上のリハビリを繰り返した。
生活に困らない体力がついた後は、精神面に負担が出てきた。
まるで風邪が治った後にわがままになる子供のように、ちょっとした事でもイライラしたり、悲観的になったりすることが多かった。
そんなこんなで、NZに引っ越す日が、考えていた日程より4ヶ月ズレた。

発症から2年経過。
体は間違いなく入院前よりいい状態。
精神面は、アップダウンはあるが、海外で生活していることを思えば、凄く良くやってると思う。

英語の勉強がなかなか軌道に乗らなくて凹む事もあったが、やっとここのところで持ち直せてきた。
自分はまだまだ努力が足りないっていつも思ってしまう癖があるが、やっぱり俺は俺でよくやっているんだな。
環境や周りの人に感謝する事も大事なのは誰もが知ってると思うけど、なかなかできない・気づかないのは、自分で自分に感謝すること。
効果的に努力を継続するには、自分に感謝する事だなって、走りながら思いました。

今週末、10月から家にホームステイしてくれていた、サッカー選手のMASA君が日本に一時帰国する事を期に、彼は引っ越しをします。正直すごく寂しいです。
僕らも7月に引っ越しを考えています。
また、7月になると、家の娘が3歳になり、国が保育園の費用を一部負担してくれるので、僕ももう一度英会話学校に通おうかと思います。

病気にならなかったら、この家、この暮らしはなかった。
嫁さんも今の仕事に就いてなかったし、MASA君とも出会えなかった。

発症からちょうど二年後の今日、やっと
「あの病気がなかったら」から「あの病気があったから」に自分の気持ちがシフトした様な気がする。
病気にかかった事は、僕にとって宝物で、その病気がきっかけで、たくさんのいい出会いや経験が僕の人生に送り込まれて来た。

新しい環境へ入る前に、病気に感謝して、周りの人に感謝して、環境に感謝して、そして、自分に感謝しよう!
大事な事が確かめられた、そんなギランバレー記念日でした(笑)



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

老い?

カテゴリ:未分類

05/19

先日、母の日でしたね。
一応、娘はまだ「母の日」を認識できるほどの歳ではないので、僕が代わりに嫁を慰労しました。
と言っても、ちょっと早起きして、ちょっと豪勢な朝ご飯を作っただけですけど(笑)

もちろん、母の日と言う事で、Skypeで自分の母親とも話し、その元気な姿を確認しました。
自分も頑張ろうと逆に元気をもらった母の日でした。

昨日、父親ともSkypeで話した。
日本の今の社会情勢が凄く気になり、次々とニュースについて聞く。
どれも興味深い返事が返ってくる。
やっぱり、現役の第一線で戦ってる団塊世代の人の話しは面白いなぁって思ったよ。

今日、サッカーの試合に出た。
自分の親は、まだまだバリバリ頑張ってるのに、俺の足は遅くなってきてる。
老化?・・・いやいや、まさか!?
しかし、去年と大差ない生活をしているはずなのになぁ・・・って思ったら、一つ大きな違いがありました。
娘を抱きかかえる頻度です。
家は3階建てで、去年の今頃は、まだまだ階段で娘を一人で上り下りさせていなかった。
だから、10kgを抱えて、一日何度も階段を上り下りしていたし、買い物しても、バギーに乗せていたり、抱きかかえていた。
今は、体重がほぼ15kg、身長も大きくなり、抱き上げる時に重心が取りにくい。
歩いてもらわなかったら、ヘルニア持ちの僕には耐えられないレベルになってきました。
とにかく、足の速さは、単純に運動量の差だなって納得して、少し安心しました。


ところで、実は今、午前3時なんです。

さっきまで、布団の中で気持ちよく、こんな夢を見ていました。

70過ぎのおじいさんが
「わしの膝、ワントリーヒルのてっぺんまで保つんじゃろうか?」
といいながら、ひたすら道を歩き続ける老人がいたんです。
すれ違うおばぁさんに挨拶したり、空を飛ぶ鳥を眺めたり、爽快な散歩を続けている。
えぇ、ごく普通の老人が散歩に挑む清々しい夢です。


その老人が僕だと言う事を除けば。


俺はそんな老いてない!まだ老いたくない!って本気で真剣に思いましたよ。

そして、いや〜な汗と、全身の筋肉痛で午前3時に目覚めました。
気づけば昨日は、試合の中で、40mぐらいの全力ダッシュを10本近くしたからだ。
単純に運動不足だ。
元気な親の姿を見て、自分が老いた夢を見て・・・これを機に、もう少し定期的に運動にも力を入れようと決心した夜でした。


〜子育て日記〜
最近の娘は、サプライズが好きらしい。
ティッシュにお菓子を包んで、「サプラーイズ!」と叫びながらティッシュを広げ満足してる。
台所でおやつを食べている娘の脇で、洗濯物をたたみ終わった俺。

あれ?たたんだはずの俺のパジャマのズボンがなくなってる・・・。

と思ったら、娘が持ってた。
僕に渡してくれたはいいが、きれいにたたんだものが、ぐしゃぐしゃになっている。
はぁ・・・とため息をつきながら、たたみ直そうとズボンを広げたら、娘のカボチャパンツが入ってた。
ぽろっと落ちたパンツを見つめる俺の傍らで、
にやりと笑って得意げに娘が叫ぶ。

「サプラーイズ!」

もうそろそろ3歳。
だいぶ計算高くなってきたな。



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

05/09

教員時代、特に東京での3年間は、「ポジティブ思考」を身につけることを、数学の授業と同じぐらい研究してきました。
だから、道徳の授業は僕にとっては、凄く楽しみな授業でもあったんです。
常にポジティブにものを考えるには、どうすればいいのか?
そういったことを考えれば考えるほど、子供に教えれば教えるほど「ポジティブ思考」の柔軟さ、強さがどう自分たちの人生にどんな影響を与えるかが、しっかりとわかるようになった。

少し前のmixiコラムで、鬱になる原因の一つに「ポジティブ思考」と書いてありました。
「あれ?」と思い、その記事をしっかり読んでみたら、こんなことが書いてありました。
「常に前向きでいなければいけないというプレッシャーに押しつぶされ、心が折れてしまいます。たまにはネガティブでいいんです。」

他にも「ポジティブ、ポジティブってばっかり言っていたら疲れちゃうんじゃないの?」とある友人から言われたこともありました。

う〜ん、違う。
ただ無理矢理前向きでいるって言うのがポジティブだとは俺は思わない。
そうじゃないんだよねぇ、ポジティブ思考って。
ポジティブって、ぱっと見、常に力強くグイグイ周りを引っ張っている感じが見えるけど、それはポジティブな考え方を実践した後の結果の姿で、実は「心の負担をなくす思考」だったり「心の疲れを取る」「心にエネルギーを補給する」ってのがポジティブ思考なんだと思う。
つまり、心が折れそうな時や折れている時にこそポジティブ思考は効果を凄く発揮できるんだ。

実際に例を挙げると
数年前、担任をしているクラスのスローガンが「ポジティブなクラス」だった。
給食の時間に、僕がエプロンが入っている棚の整理をしていると、壁から飛び出した釘に、僕のセーターが引っかかり、思いっきりほつれてしまった。
新婚旅行で、バルセロナで買ったセーターが・・・ショックorz
「マジかよ〜!スペインで買ったセーターがほつれちまった〜!(涙)」
と言ったら、一番近くの班で食事をしている生徒たちに
「またスペイン行って買えばいいじゃないですか!良かったですね!もう一回スペインに行ける口実ができましたよ!」
と言われちゃいました。
完敗ですね(笑)
そこまで行くと、凹んだりイライラしたりしてられず、笑って切り替えるしかない状況でした。
どんな嫌なことがあっても、考え方や行動でそれをプラスに捕えるのが、ポジティブ思考のあり方だと俺は思う。
そのためには、柔軟に多角的にあらゆる物事を捕える必要がある。
それには多少のテクニックがいる。

まぁ、そんな話は置いておいて・・・
今回、英語の試験の結果が思いの外ひどい結果に終わり、凄い挫折感を味わい、英語を勉強したくなくなってしまった自分がいました。
英語の文章を読んでいると、吐き気がするほどに(笑)
そこで、今度は無理矢理どこか英語環境に自分の身を放り出して、勉強しようか・・・なんて思ったけど、気持ちに元気がない時にそんなことをしたら、もしかしたら英語が本当に嫌いになってしまう。それって、国際結婚をしている俺には致命的だよね(笑)

それで、思い切って、英語の勉強をやめてみたんです。
ずっと必要だと思っていた、英語の勉強を、思い切ってやめたんです。
そして、部屋に散乱するおもちゃを入れるための棚を買って組み立てたり、ホームステイしてるまさ君と家を大掃除したり、「夢を叶える象」を読んだり、Skypeで日本の家族や友達に電話したり、サッカーの試合に出たり、one tree hillまでランニングしたり。
ずっと迷走していて、ずっと苦しんでいた。
英語を勉強したくないがために、いろんな言い訳が自分から出てきた。

自分の心を分析すると、常にストレスばかりだった。

「夢を叶える象」を読みながら、冷静に教員時代のことを思い出した。
『学校に来れなくなる生徒は、心のエネルギーが切れているから。』
不登校の生徒との接し方を学ぶ研修で、講師のおっちゃんがそう言っていた。
たくさん不登校生徒を見てきたが、その通りだと思う。

そこで気づいちゃいました。

・・・あ、今の俺も心のエネルギーが足りないだけだ(^^;)

それに気づけば後は簡単。

車と一緒。
いくら点火しても、ガソリンがなきゃ車は走れない。
夢を描いて行動を起こそうとしても、心のエネルギーが空っぽでは一歩も前進できない。

ここで無理矢理前進させようとすれば、壊れちゃうよね。

車だったら、ガソリンスタンドに行けば、ガソリンは満タンになる。
じゃぁ、心のエネルギーは?

心のエネルギーの補充の仕方は色々あると思う。
不登校の生徒の場合は、友達と遊んだり、スポーツをしたり、漫画を読んだり、ゲームをしたり・・・。
でも、補充方法を探す力もない時があります。
そんな時に、どんなに気持ちが疲れた時でも、心のエネルギーを回復させてくれる方法がある。

それが「感謝する」ことなんです。
これが、ポジティブ思考の原動力なんだ。

あほらしいと思われるけど、これは効果覿面なんです。
何でもいいので、紙にありがとうリストを書き連ねる。
教員時代、生徒に無理矢理書かせたことがありました。
無理矢理書かせても、効果は覿面です。
これをやると、必ず「鉛筆ありがとう」でもいいの?って生徒に言われます。
それでもいいんです。
・えんぴつありがとう
・消しゴムありがとう
・ノートありがとう
・靴ありがとう
・・・
こう書いていると、自分が色々なものに囲まれ、自分が幸せだということを、無意識なレベルで認識し始めるんです。
大人になれば、ただの「えんぴつありがとう」にプラスして
「鉛筆ができる前は、墨で書いていたんだろうか。本当に便利な世の中になったし、そのお陰でこんなに便利で快適な暮らしができている。えんぴつ、それに携わってくれた人、ありがとう。」まで発展して書くことができる。

もう既に長くなってしまったので、これがなんで心のエネルギーを満たすのかは、詳しくは書かないが、これをすると、あなたの心をエネルギーで満タンにしてくれます。
僕は、一昨日30分、感謝のリストをノートに書き連ねました。
そして、一昨日から、英語の本も楽しく読めるようになったのです。

ポジティブ思考とは、いつでも前を向けてしまう、魔法の様なもので、心を疲れさせる考え方ではないってことを声を大にして言いたい。
さぁ、今日も感謝してから、英語の勉強に入ろう。



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報
トップへ | 

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム