201402の記事一覧

02/28

IELTSの結果が発表された。
取りあえず、失意の底から這い上がれないレベルの傷を負う事はなかったが、意外な結果にかなり戸惑っている。
とにかく、善くも悪くも全くの予想外の結果が出た。
それだけに、これからどうやって勉強を進めていけばいいかを慎重に考えなければならない。


受験3回目のIELTSの結果

Listening 7.5
Reading 6.0
Writing 6.5
Speaking 7.0

over all 7.0


3回目の受験で、なんとか7.0の大台に乗せる事は出来た。
驚いているのがListeningの7.5だ。
あの女の子がExuse me!って言わなかったら、もしかしたら8.0乗ったんじゃない?(笑)
そして、もっと驚いているのがReading…7.0は固いと思ったあの手応えで6.0だとしたら、俺はまた一からReadingの勉強をし直さなければならない。
今度の受験までに、どうやってReading力を上げていくか、それだけが課題。

Writingの6.5は、手応えから言って妥当かなって思っています。
Task1 は会心の出来でしたが、Task2はほどほどと言ったところ。
両方会心の出来に仕上げられれば7.0は届くかなと。

Speaking…前回の5.5から7.0へのジャンプアップ。
思いっきり失敗したと思っていただけに、下手したら6.0ぐらい何じゃないかって思ってたから、かなり嬉しい。
Speakingは自分で善し悪しが判断しにくいので、手応えと結果が伴わなかったんでしょうね。

何というか・・・驚きました。

あとちょっと、あとちょっとで目標点に達する事が出来ます!
ReadingとWritingをこれからどう勉強していくか、英会話学校に通い続けるかどうかも視野に入れ、数日かけて考えて行きたいと思っています。
引き続き、集中を切らさずに、これからも頑張っていきます。

さ、これから着替えて学校へ行ってまいります。


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

新生活とIELTS

カテゴリ:暮らし

02/27

月曜日から学校が始まり、今までにない忙しさを感じています。
自転車で毎日はやはりきついです(^^;)
なぜきついかは、理由が明らかなのですが・・・学校が午後だったのが午前になったので、他の自転車通勤の人たちと時間がかぶり、無駄にライバル意識を燃やし「抜かれてたまるか!」なんてことしてるから、学校に着いた頃にはクタクタになり、大体お腹が減っています(苦笑)

そして昨日、お腹ペコペコ状態で学校から帰ろうと思ったら、後輪のタイヤの空気が抜けてた。
・・・いたずらかな?って思い、取りあえず空気入れで空気を入れてみたら、ちゃんとタイヤが膨らんだので、気にしないで帰路につく。
いつもOne Tree Hillのふもとを抜けていくのですが、昨日はそのふもとのところでまたタイヤがパンク。
5キロぐらいを歩くはめに・・・そして、家に着いたら、Warehouseに行って、タイヤの修理ツールを買って、
早速修理。
でも、あまりに穴があるところが多すぎるので、結局直りませんでした。
と言う事で、今日は自転車屋さんでチューブを買って、チューブを交換してから登校したので、遅刻しちゃいました。
実は今週は一度も時間通りに登校できていない。
娘と嫁さんを保育園と仕事場に降ろしてから行くので、ちょっと時間が調節しづらくて・・・。
来週は修正したい。

そんなこんなで、ヘトヘトになって学校に着くのですが、前のクラスの友達と会って話したりすると、元気をもらえたりして、それだけでも学校に行く価値があるかなと思っています。


話しは変わり、IELTSの結果発表、明日なんです。
必然的に、学校が始まってからは、先生や友達とIELTSの試験の事について話すことが多い。
で、色々な人と話しをしたら、なんと、実はIELTSは苦情に対して真摯に対応する事が多いという情報をGET。
早速、今回のテストでリスニング中に他の受験者が「Excuse me!」を連発した事に対しての苦情をe-mailで送りました。
上手くいったら、次の受験がタダになったりするんだろうか?
385ドルはデカすぎる。
次も同じ事が起きる可能性だってあるわけだし、言う事は言わないとね。

明日は、朝一番で結果をもらって、それでから学校へ行く予定。
結果次第では、失意のどん底から這い上がれずに、自宅待機になるかもしれませんが(笑)


あぁ、もうこんな時間。
家事に戻ります。
では。

ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

JAPAN DAY

カテゴリ:暮らし

02/23

オークランド日本人会が主催する「JAPAN DAY」に今日は行って来ました♪
一年に一度の、企画。
JAPANDAY

嫁さんと娘は、一昨年に参加していたのですが、僕はその時に一時帰国していてNZにいませんでした。
去年は、日本人のコミュニティーにあまり関わりを持っていなかったので、JAPAN DAYには縁がない感じでしたね。
今年は、補習校でチラホラ話しを聞いていたし、娘の日本への興味関心を高めるために、娘に浴衣を着せ、フラットメイトの女の子にも浴衣を着せて、行って来ました。

昼飯はやっぱりラーメン!
・・・って麺のびのび(涙)凄く期待していただけに残念でした。
スープはおすごくいしかったのに・・・本当に残念だ。

さて、今回娘が初めて食べたのが「かき氷」。
また子育てに重要な知識が増えました。

3歳児がかき氷は食べる時間がかかるってことです。
1時間ぐらい悪戦苦闘しながら完食していました。
だから、今日のイベントの半分ぐらい、娘はかき氷を持ち歩いていた事になる。
今日は煩わしかったが、これは考え方によっては凄くいい。
かき氷さえあげていれば、1時間ほどは退屈しないで黙っててくれるんだなと。
かき氷機を買ってしまおうかな(笑)

補習校の先生や保護者・生徒、日本人サッカーチームでチームメートだった人、僕の10年以上前からの友達、日本で共通の友人を介して知り合った友達など、歩いていると知っている人がたくさんいた。
日本のこれだけ大きな(4万人規模)イベントだと、自分の友達に会う事なんてまずないだけに、なんか新鮮でした。
しかし、大きなイベントだった。
どこを見ても、どこにいても人人人。
オークランドのサンタパレードより人がいたように思えます。
もちろん日本人も多かったけど、韓国人や中国人、タイ人やフィリピン人など、アジア系の人たちもかなりいたなぁ。
もちろんKIWIも、他のラテン系の言葉を喋る人もたくさんいました。
まだまだNZでは、日本は人気の国なんだなぁって思って、ちょっと嬉しくなりました。

来年も行こう♪


さて、明日からは、英会話学校が始まる。
前回のIELTSコースは午後だったのだが、今回は午前中。
どんなコースなのかがよくわかっていないのだが、取りあえず、路頭に迷わないようにと思い、去年申し込んでおいたコース。
まず1週間通い、自分にプラスになるコースかどうかを見極めねば。
新しい発見があるといいなぁ。
気を引き締めて、頑張りたいと思います。



ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。


心温まる

カテゴリ:未分類

02/21

日本語以外の言葉で生活していると、本当にいい言葉だなぁって思う日本語の言葉がいくつもある。

今日見つけたいい動画を見て、心があったまった。
「心あたたまる」ってのはいい言葉だなぁなんてつくづく思いながら見ていました。



寒そうにしている少年を見た大人の対応を、カメラに収めたもの。

親切にしてもらったり、してあげたりする人だけではなく、それを見ている人にも、素晴らしい影響を与えるんだなって感じた。
こうやって、思いやりを表現する事って、10代だと照れくさかったりかっこわるかったりするけど、親切にされた人、する人だけでなく、それを目の当たりにした人にもポジティブな影響が出ると考えたら・・・。


もう少し、心にあたたかみをもって生きよう。
そう思えるきっかけを与えてくれるVTRでした。


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

02/21

お父さんが、日本で使わなくなった車を僕に譲ってくれるという話しが出たので、ここのところパソコンとにらめっこしたり、友人知人から情報を集めたり、日本の会社や役所に電話したりして、どうやったら輸入できるかを調べていました。

最初は全く知識がなかったので、何を調べればいいかもよく分からず、パソコンの前で、過去に車を個人輸入した人たちのブログを一生懸命読んでいました。

基本的に言われている事は、NZに欲しい車を個人で輸入する場合、費用が馬鹿にならない。
だったら、NZの中古車屋さんで買った方がずっと安く手間も省けると・・・。

う〜ん・・・果たして本当にそうなのか・・・。

調べてみると、輸入に関するコストがまちまち。
トータルで3000ドルで済んだという人もいれば、5000ドルかかったという人もいる。
どうしてこんなに違うのか。
それを調べてみたら、どうやら輸入する車と使う会社に違いがあるみたい。
結局、こっちのガレージとかに頼むと、代行手数料がだいたい500ドル、陸送とかのコストがかかってくる。
陸送も、日本の業者によって雲泥の差額が発生する。
そして、船で運ぶ会社によってもどうやら違うみたい。
結局、代行業者は、贔屓の会社を使って車を輸入するから、全てを最安値でする事が出来ない。
つまり、代行を頼んだ場合は、手数料以外にも無駄にどこかで出費しちゃうということが見て取れます。

調べた結果
S社 Shipping Fee $1290
その他諸経費 15000円
   放射能検査 1500円
   MAF検査 $250

F社 Shipping $1390
その他諸経費 8500円(100ドル)

ぱっと見、あれ?どっちがお得?とか思っちゃうんだけど、F社の諸経費には放射能検査もMAF検査も入っている。
という事で、F社に今回はお願いしようと思う。

陸送業者だって、同じ距離を10000円で請け負うところもあれば、25000円もかかるところもある。
ここら辺は、自分でやったらタダなのにってのもあるし、とにかく代行は高い。
仕事で忙しい人はそれでいいのかも知れないが、テストが終わった今の僕は時間がある。
自分で何でもやった方がいいに決まってるんです。


そして、これ以外に必要なのが、NZ側での手続き。

これに関しては、カスタム(関税関係)に費用がかかる。
これに多分・・・150ドルぐらいかかる。
そして、その後、ガレージに運んでもらって
ガレージで車検とか諸々。それが400ドル。
それと車両登録に500ドルかかるかな。

それで考えると
1390+100+150+400+500=2490ドル
そこで問題になるのがGST。
輸入する時は、GST(税金)がかかる。
ここがそれぞれの車の輸入額に差が出るポイントになるようだ。
GSTは、基本的にその車の価値の12.5%が税金で持っていかれるというシステム。
しかし、所有者が5年以上車を所有していた場合、それにかかるGSTは普通よりも価値を75%引きにして計算していいという事になるようです。
つまり、仮に輸入する車が10万円だったとしたら、普通は1万2500円支払わなければならないところが、
5年以上所有していれば10万×0.25×0.125=3125円のGSTで輸入できてしまうわけだ。
12500円=約147ドル
3125円=約37ドル
これだけの差になるわけだね。

しかし、75%OFFというのは、車が古くなり、価値がもとの25%程度の価値だからという想定で出来たルールだから・・・そうなると、お父さんが新車で購入した時に、超格安で車を買っていた事を願う限りです。
丸が一個多いぐらいで勘弁してもらいたいもんだ。

そんなこんなで、日本での陸送であったり、陸運での輸出登録抹消であったり、の費用を考えても、普通に輸入すれば、3000ドル未満で済むのではないかと。


・・・?そこで疑問になるのが、父親から車を譲り受けた場合、僕が所有している期間は数日。
そうなったら、GSTを100%払わなければならなくなるんじゃないか?という点ですね。
とすると、親父名義でNZに輸入した方がいいのかな?

・・・あぁ、また調べる事が増えたorz。
なんとか調べ切ろう。

取りあえず、途中報告でした。

ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。


02/19


絶好の帰国のチャンスを逃した・・・というか、逃さざるを得なかった。

と言うのは、NZ航空がたまに出すGrabe a seatという、超格安航空券を発表するサイトがあるのですが、そこになんと片道300ドル台NZ→JPが出てたんです。
片道3万円しないなんて・・・。
僕は火曜日と木曜日に仕事が入っているので、金曜に飛んで月曜に帰ってくるのでもいいから、今回は取りたかった・・・。
しかし、そのセールの週末が、学校のスクールキャンプなんです・・・。
何度も何度も試行錯誤して、何とか上手くいく方法がないか調べたのですが・・・残念ながらダメでした(涙)

まだあるかも知れないですよ!
もしよかったら、ここから情報を見ていって下さい。

http://grabaseat.co.nz


あ〜、帰国したい(><)


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。


IELTSのコツ。

カテゴリ:勉強

02/18

土曜日に終えた試験、結果がまだ出てないけど、自分が今までに気づいた点を書き留めようと思う。

まず最初に。
僕はおっさんになってから英語を学び始めたので、20代前半とかの人とは違う勉強法を採用しないと行けない事に気づきました。
まず、僕の方法は、大学生とかには向かないと思います。
しかも、高校では、英語の単位を落としそうになったほど、英語が苦手でした。


さて、気づいた点のまとめに入ります。

Readingなんですが、僕は、どうしてもPart3にかけられる時間が10分前後という短い時間になってしまう。でも、それだけ時間をかけてPart1と2を解いているので、そこでの正解率がかなり高い。
そこで導き出された方法が
Part1と2で26問あるのですが、そのうち24問以上正解させる。
Part3は半分(14問中7問)正解させる。
これで31問正解になり、7.0が取れるわけだ。
半分であれば、10分でも何とか取れる可能性が高い。
Part3にかける10分の内訳は、問題文のタイトルを読み、第一段落をサラッと読み、さらに問題文にサラッと目を通し、当て勘で正解できそうな問題を探る。
運にたよるような問題も、ちょっとした工夫でその正解率を上げる事が出来るんです。
Yes No Not Givenとかは、最初の2段落と、最後の段落を読むと解ける問題が1問は入ってるので、そこで1問。そこが仮にYESだったら、あとはNot Givenと回答欄に書いて埋める。
分析から言って、この系統の問題で一番厄介なのはNot Given。そして、今まで出された過去問で、Not Givenが答えになかった事がない。
つまり、そこで2問は拾える事になるんです。
あとは、5問拾えばミッション完了。
そこからは、個人的な得意不得意なので、これ以上は書かないでおきます。

Listeningなのですが、これは瞬間的にどういう風に時間をかけるかが勝負の鍵。
正解率が悪くなる問題傾向として、僕にはこの3つがある。
①フローチャート形式の問題
②問題文が長過ぎて全部に目を通せなかった問題
③苦手な歴史ものの問題
なので、こいつが入って来た場合は、いつもより倍のケアがそこに必要になるわけ。
最初の問題を解いている時って、大体時間が余るので、10秒ぐらいでサッと全体の内容を見る。
それで、どこに自分の苦手なのが入っているかを見て、時間が取れ次第その問題をチラ見する。

これをやるようになってから、模擬試験で7.0を取る事が出来るようになった。

Writingなのですが、こればっかしは、他の教科と違い短い期間でガンガンやって伸ばした方がいい気がします。
これだけは、数学と同じ様な脳の反応が必要となる気がするんです。
数学って、問題に応じて、自分が持っている数式などのテクニックを取り出し、当てはめ、正解を導き出す。
Writingも、自分が結論を出したら、それを組み立て、自分の言いたい事に見合った道具(語彙)を持ち出し組立て、正解(結論)を導き出す。
と言う事で、僕は今回3週間集中トレーニングしました。
やはり、一回一回自分が使える単語や文法が増えていくのが分かり、上達を感じるスピードも他のスキルより速い気がします。

Speakingは・・・気づいた事は特にないかな(涙)

今後、また試験を受ける事になったら、こう言う小さな違いをまた思い出せるように、書き留めておこうと思い、ここに書いてみました。


さて、今日は何しようかなぁ〜。


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。



02/15

昨日、200mlの水をコンスタントに飲むという作戦に打って出たのですが、ちょっと裏目に出た事がありました。
翌日のために体内に蓄積された水が、ベッドに入った瞬間に、その姿を便意に変え、コンスタントに出現したのです。
10:30pmに床に入ったまではよかったのですが、11:50pmにトイレで目が覚め、そこからコンスタントに30分置きに尿意が・・・そして最後に時計を見たのが3:30am。
お腹の風邪で崩れてしまった生活リズムもしっかり直っていなかったのも影響しましたね。
結局、(想定)総合3時間半〜4時間の睡眠時間でIELTSを受けるはめに(苦笑)

半分脳みそが寝ている状態で、Speakingテストを受けるために廊下に並ぶ。
そこで、サウジアラビア人のアフロのお兄ちゃんと仲良くなり話す。
いやぁ〜、奇麗なアフロでした。
彼はペラペラ喋るのだが、レベルは高くなく、僕がちょっとでも複雑な文章で話すと理解してもらえなかった。
使う単語もレベルを下げ喋っていたのだが、それがちょっとマイナスに出たかも知れない。

いざ試験が始まったら、簡単な単語ばかり頭に出て来くる傾向があった。
そして更に眠気から関係代名詞や時制が上手く操れない。
喋っている途中に何を聞かれていたのかを忘れてしまう。

まぁ簡潔に言って、Speakingは完敗です(笑)
あの状態の俺じゃ6.0が関の山だろうな・・・。

Listeningのテストまで2時間半ぐらい時間があったので、売店で昼飯買って、昼食をちゃっちゃと済ませ、車でゴロゴロして15分ぐらい仮眠が取れる事を祈りながらアラームをセットして目をつぶる。
まぁ、もちろん寝れませんでしたけどね(^^;)
車内で20分ほどしたら、さっきのサウジのアフロ君から電話がかかって来て、一緒にオタラマーケットを見学。
その後、アフロ君もSpeakingテストがボロボロだったらしく、二人で木陰でしょんぼりしていました(笑)

いつまでもしょんぼりしてても仕方ないので、気持ちを切り替えようと前を向く(アフロ君はうつむいたままでしたが)。
脳のエネルギーは糖分!と言う事で、試験管から整列の号令がかかる10分前に、アイスクリームを買って食べる。
脳のエネルギーのためにって思いながら食べるアイスは、あまりおいしく感じないものですね・・・。

さて、ここで新たな発見が。
前回まで試験と試験の間にトイレへ行ってよかったのだが、Listeningが始まる寸前に「今年から制度が変わり、トイレ休憩はなしになりました。」と宣告が。
値段が他のセンターと一緒になった地点で、薄々勘付いてはいたのですが、やはり・・・。
勘付いていたお陰で、事前に水分やカフェイン摂取を控えるなど、トイレ対策を万全にしてたので、今回は難を逃れましたが、後に受け直したとしてもトイレ休憩なしかと思うと・・・残念です。

Listeningは、普通にやってたら7.0は固かったと思うのですが、今回は予想外の展開が・・・。
隣の女の子が、試験の途中に手を上げ、試験管に向け「Excuse me! Excuse me! Excuse me! Excuse me!」と連呼したんです。
その声でレコーディングの声がかき消され、そのリスニングのパートは半分以上落とした。
ずっと自分1人で勉強していたので、こう言うイレギュラーに弱いんですね。
反省。そしてズルズル後半はミスが目立った。
もう、隣の女の子、超迷惑!!!
多分あれじゃぁうまくいっても6.5ってところだろうなぁ・・・くそう・・・。

その後のReadingですが、手応えとしては、これが一番よかったかな。
でも、斜め後のお兄ちゃん、ずっと小さい声で問題文読んでて、凄く気が散ったけど(涙)
今回上手くいったと思った一番の要因はタイムマネージメントが上手くいったところだと思う。
眠気はその頃には吹っ飛んでいて、リーディングピードは、今までで一番早かった。
そのお陰で、いつもより時間に余裕があり、落ち着いてPart1とPart2に取りかかれた。

ビックリした事に、Part1に一つあやふやな問題が、Part2は全く答えに自信がない問いがなかった。
そして、いつもなら、Part3にかける時間が10分以下なのに対して、今回は15分もあった。
お陰で、半分ぐらいはしっかり解く事が出来た。
お願い!7.0取れてて!

そして最後のWriting。
ここまで来ると、膀胱の様子を伺いながらの試験。
色んな意味で手に汗握ります。
今回は時間配分は上手くいったかな。
Part1は、今まで書いてきた中でもトップ3に入る出来だったと思う。
Part2は、トップ5に入る出来ってところかな・・・失敗したのは、接続詞の使い方を一つ間違えたのと、一貫性がちょっと最後にぶれちゃったところ。
でも、よくやったかもね。
正直、英会話学校では、writing以外の3教科に焦点を当てて勉強していたため、writingだけは模擬テストで6.0以上をマークした事がなく、どのぐらいの出来で6.0を越える事が出来るのかが正直分からない。
と言う事で、こればっかしは予想できない・・・。

試験の全課程が終了し、試験会場を出て、ふと隣を見たら、ぐったりしたアフロ君がそこに(笑)
「俺、何も出来なかったよ。」って泣きそうになったアフロを見て、申し訳ないのだが、なぜかちょっと心が和みました。
アフロってなんか魅力的ですね。


まぁ、こんな手応え。
反省としては
・前日の睡眠の確保方法の改善
・Speakingテストの直前の準備の見直し
・試験中の雑音に慣れる
・アフロは何か素敵

この辺りかな。
昨日の日記でした、IELTS奮闘記終了宣言ですが、もう少しだけ続きそうです(^^;)

ドラゴンボールの後のドラゴンボールZみたいにならないように気をつけます。
※これが分かる人はマニアです。

今、久々に家でコーヒーを飲んでいるのですが、もう眠くて眠くてたまりません。
ビール飲んで、夕飯食べて、今夜はゆっくり寝たいと思います。

あ、そうそう、あのサウジのアフロ君。
凄く奇麗なアフロだったのですが、あれ、生まれつきの天然パーマらしいです。
まぁ、そんなこと、どうでもいいんですけどね。


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

02/14

教員をしていた時代に、「ばからしいようだけど、手洗いうがいな。」なんてよく受験生に言ったもんです。
まぁ、そんな僕が一昨日までは下痢に悩まされていたのですが(苦笑)

今日はライティング、リスニングの勉強を朝一で済ませ、スーパーで新聞と明日のテスト時に飲む水を買って、Onehungaのおいしいカフェ(Luscious)でランチしながら、新聞読んだり本読んだりしていました。

嫁さんに内緒で行っている贅沢なのですが、これは「前日の食事が、翌日の体調に大きく影響するはず」という仮説に基づいているので、よしとしましょう(よ)。

腹一杯食べて、コーヒー飲んで、新聞読んで、本読んで。
なかなかいい時間が過ごせました。

やはり、脳も体も緊張しているのか、今日はやけに何をしていても集中力が簡単に上がる。
朝方3時に娘に起され、脳は絶対寝不足なはずなのですが、それでも頭がそれなりに冴えているんです。
この状態を何とか明日まで維持したい。

さて、題名にもある体調管理なのですが、ここでキーになるのが「睡眠と食事と運動」。
睡眠なのですが、今日一番やってはいけないのが昼寝。
明日は朝8時半には会場についていないと行けないので、今昼寝して、夜しっかり寝れなかったら最悪ですから。
しかし、カフェでの昼飯の後の今、異常なほど強力な睡魔に襲われています・・・(笑)

夜に十分な睡眠を取るためには、やはり消化にいい夕飯でしょうね。
夕飯は、サラダと鶏肉とキノコのスパゲッティにしようかと。

それと朝ご飯。
朝飯は、消化にいいものと、そうでないものを両方食べた方がいいかなと。
なので、取りあえず、米を炊いて、そのご飯に納豆と海苔をかけ+みそ汁、それとパン一枚にしようと思います。

IELTS特有のキーになるのが水分補給のタイミング。
人間は、多くても200mlしか一度に水分を摂取できないらしい。
となると、試験当日にそれ以上飲んだ場合、飲めば飲むほどそれが尿意に変わり、集中力を妨げるという結果を作り出す事になります。
じゃぁ、当日喉が渇いたらどうするの?飲んでも飲んでも喉が渇いてる時あるじゃん!って思って色々調べたのですが、どうやら、当日水をたくさん飲むのではなく、前日からこまめに水を飲み、体内に水分を蓄積することで防げる・・・らしいです。
と言う事で、朝から1時間おきに水を200mlぐらいずつ今飲んでいます。
明日は尿意と言う強敵と遭遇しないよう、今日からいい準備をってところですね。

今日は睡魔、明日は尿意。
筆記テスト以外にも強敵が多いですね(笑)

さて、運動なのですが、過度にすると疲れてしまうので、ワントリーヒルのふもとまで車で行って、ぐるっと歩いて来ようと思います。
帰ったら、しっかり手洗いうがいを忘れないようにしないといけませんね。

あとは気持ち・集中力を高めて、明日に臨みます。

バレンタインデーなのにそれに一切ふれないところを見てもお分かりの通り、今までIELTSの記事ばかりで、面白みに欠ける記事を書き連ねてきました。
それでも、読んで下さっている方々、本当にありがとうございます。
明日の試験でIELTSの奮闘日記に終止符が付けられるように頑張って来ます!


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

あとちょっと

カテゴリ:勉強

02/13

IELTSのテストが土曜日に迫っているにもかかわらず、今週はほとんど勉強できなかった。

なぜかと言うと、胃腸の調子が絶不調で(汗)
どうやら、僕が住んでいる辺りで、吐き気・下痢を伴う、インフル並にしんどい風邪がはやっているらしい。
それにどうやら俺も捕まったみたいだ。
僕は吐き気はなかったのだが、ずっとお腹が痛い。
そしてずっと下してばかり。

何も食べないでひたすら寝たりしてたから、勉強の予定が狂いまくって焦る焦る。
実は、試験一週間前になったら、生活リズムを整えようと思っていた。
それが・・・ひたすら寝るサイクルに陥ってしまい、リズムなんて全くありません。

そのお腹の風邪にやられ始めたのが木曜日。
金曜日はトイレの近くの部屋でずっとゴロゴロ。
実は、火曜日まで、大学時代によくなっていた胃腸炎に痛みがそっくりだったので、ストレスで胃腸炎が出て来てしまったのかと勘違いしていた。
で、昨日、娘の「おもちゃの図書館」に行って、他のお母さんがたとお話しして、お腹の風邪がはやっているという事を知り・・・と言った感じです。

まぁ、お腹をぎゅるぎゅる言わせながらも、何とかWritingの勉強だけはしていたのだが、どうも自分が思ったほど伸びない。
その焦りから、痛みが悪化。
この悪循環を繰り返す事5日間。
ついにしびれを切らし、昨日は思い切って寝るのを止めて自転車で図書館へ行き、今まで借りていた参考書を全部返して来ました。
それから家に帰り、久々に汗を流して気持ちよくなったので、ビールを飲んでみました。
アルコール消毒です。

そして今朝、お陰さまでお腹快調です!

しかし、風邪のお陰で生活リズムはぐちゃぐちゃ。
昨日はやっと寝付けたのが3時頃。
しゃぁないので、今日は4時間睡眠のまま時間を過ごし、今夜ゆっくり寝る事で、体内時計を調節しようかと。

えぇ、肝心の試験勉強なのですが、ここに来てReadingに復調の兆しが!
忘れていた速読の感覚を取り戻しつつあるんです。
7.0をコンスタントにマークしていたときは、必要のない部分を適当に飛ばして読む技術に長けていた事にやっと気がついたんです。
それから、インターネットでささっとニュースを読む癖をつけ、要点だけ搾り取る作業を続け、今、ちょっとあの時の感覚に近づきつつある自分がいます。

Writingは、テストの寸前まで小手先の技術を鍛えていこうと思います。
他の分野より、圧倒的に難易度が高いと言われるWriting。
でも、この分野こそ、付け焼き刃が役に立つ様な気もするんですよね。
と言う事で、最後の最後まで無駄な抵抗を続け、7.0に届かせたい。
そんな意気込みでやっております。

Listeningは、調子が悪くても6.5はマークできるし、あとはもう勉強はヤメて、凝り固まらないよう気をつける程度にしようと思っています。

Speakingは、もう・・・お手上げです。
出たとこ勝負と言う事で。



あぁ・・・非常に眠い。


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

切り替え。

カテゴリ:勉強

02/07

決戦1週間前。

ここのところ、日本語の本にはまってしまい、睡眠時間が上手くコントロールできなくなってしまた(汗)
これだから、読書初心者は・・・って感じですよね(笑)

読んでいたのは「空飛ぶタイヤ」。
どっぷり浸りました。
先が気になり、夜遅くまで読み続け、3日で読破。
読むのが遅い僕にとって、3日で2冊と言うのは快挙なんです。

そして、日本の本を読むことが、やはり英文を読む力に反映されている事をまた実感した。
娘が寝る時に、英語の絵本を読聞かせしているときに、その違いを感じた。
一度に脳が認識する単語量が、読書を始める前は1〜2単語だったのが、昨晩は2〜3語に増えていた。
単純に考えれば、読解スピードは1.5〜2倍に上がった事になる。
成長はしている。
しかし、こんな事をしていたんでは、生活リズムが作れない(苦笑)

ちなみに、読書の合間にIELTSの勉強を試みた。
しかし、睡眠不足の状態だったので、色んな事を脳が処理するのに時間がかかる。
IELTSは、全て時間との勝負。
一つの思考に倍の時間がかかる脳の状態で勉強しても、あまり意味がない。
当たり前だが、IELTSの問題を解いても、正解率が低い。
正解率が低いとイライラする。
やる気をなくす。

この悪循環から抜け出さなければならない。

そこで、今日は、思い切って昼寝をする事にした。

11時に床に就き、目が覚めたのは1時過ぎ。
起きて早速Speakingの勉強に入る。

今までやって来てなかったSpeakingの練習。
自分のスピーチをipodに自分の声を録音して聞く作業を繰り返す。

いざ、自分のSpeakingを録音して聞くと・・・。
何度聞いても深いため息しか出ない。
発音も流暢さも、表現や使う単語もまるでダメダメ。
気持ちと体調を本番に向けて切り替えるために昼寝したのに、しばらく部屋で本気で凹んだ。

しかし、自暴自棄になっている時間はない。
冷静になれ。どうにかするしかないんだ。
でも、残り1週間しかない。
さて、どうすっぺかなぁ・・・。
出来る事としたら、今まで通り、今いる自分を見て、対策を立て、課題に向って勉強していくしかない。

しばらく黙って考えてみた。

練り出された結論は「切り捨て」(笑)

今回はSpeakingは捨てた方が良さそうだ。
Speakingは、勉強したからと言って、そうそう上達するもんじゃない。
むしろ、凹んで勉強への意欲が削がれる。
それなら、むしろ割り切って、他に狙いを絞ってそこに全力を注ごう。
Speaking対策としては、今まで通り、日常の会話を意識的に英語で行う程度にする。

というわけで、Writing,Reading,Listeningが7.0取れるように、残りの1週間頑張ることにする。

切り替えが大事だ。
頑張れ俺!
ぶれるな俺!

・・・テスト本番まであと1習慣。


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

トップへ | 

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム