2014年03月の記事一覧

生徒から学ぶ

カテゴリ:教員

03/28

自分の人生を振り返ると、生徒から学んだ、自分の人生に活かされている技術や考え方がたくさんある。
特に、勉強がよくできる生徒は、僕と全く違った背景を人生に持っているので、とても勉強になったりする(笑)

本嫌いを矯正してくれたのも、毎日コツコツやることの大切さを教えてくれたのも、自分が担任をしてたクラスの真面目でおしとやかな女子生徒からだった。
卒業してからも、生徒のうれしい報告などが僕を鼓舞する。
教員というのは、本当に恵まれた職業だと思う。

昨日、補習校の学習発表会があった。
NZに住み、英語環境の中で、放課後の時間に日本語補習校に通い、一生懸命身につけた日本語でのプレゼンテーション。
いとも感慨深いんだろうなぁ・・・なんて思っていたのですが、そんなレベルではなかったことにびっくり。
全ての発表が、創造的かつ魅力的、そして、予期していたレベルを遥かに上回る出来だった。
そして、僕が初めて見る技術も多く盛り込まれていた。

まずびっくりしたのが、Preziというソフトを使ったプレゼン。
パワーポイントでは補えない力をもっています。
斬新かつ脳に直接飛び込んでくるような映像。
そして、海外で生まれ育ったとは思えない流暢な日本語でのナレーター。

他には、動画に音楽を後付けしたもの。
2人で前に出て、黒板に絵を描く役割と、解説の役割を交互に行い、絵と見ている側の理解が同時に進行する形式のプレゼン。
ブルースクリーンを利用した合成技術を利用した映像をもとに、クイズ番組形式にその日のプレゼンの内容の復習をするなど、見ている側を全く飽きさせない。

冗談やお世辞抜きで、教員として、本当に色々参考になった。

また、普段ちょっと難しい数学の問題に打ち当たっただけで、集中力を失ってテコでも動かないほどに何も出来なくなる生徒が、日本の優等生顔負けの解説をしていた。
流暢さはもちろん、抑揚から息継ぎのタイミングまで、目が覚めるほど上手な原稿の読み上げに、本当に感動した。
やはり、生徒はある局面だけで判断するべきではないということを、思い知らされた。

日本の教員時代は、生徒と接する時間が異常に長い分、生徒の長所を見つける余裕があったが、補習校での非常勤での働きの中では、生徒の長所を見出すのが難しい。
短時間での指導にあっぷあっぷして、生徒を尊敬して接する心がぼやけていた。
最近、生徒の短所ばかりに目がいっていた気がして、まじまじと反省させられた夜でした。

今の自分に満足せず、もっとすごい教員・指導者になりたい。
いや〜、非常に重要な時間でした。

・新しい技術を学び続けることは重要。
時代に取り残された、じぃさん先生にならないようにしないと。
昔いたんだ「戦時中はそんな甘っちょろいこと言ってられなかった」って説教する指導者が。
戦時中、あんたたち休む間もなく習い事通ったりしてなかったでしょ!って言いたくなりました。
人類は進化する生き物。立ち止まっちゃいかんね!

・生徒を見る目の改善。
NZの教員になったとしても、生徒とともにする時間は、日本の半分以下だろうし、より短い時間にどれだけ生徒の長所を見つけられるかというのは、これからの自分に非常に重要な技術になってきそうだ。
そのためには、何よりも生徒を尊敬する姿勢を大事にしよう。

明日は卒業式。
大切な節目を前に、初心に返れてよかった。

さぁ、これからもまっしぐらに熱い先生でい続けよう。


※ちなみに、Preziをダウンロードして早速試してみたのだが、すごくいいです。
もっと色々できそうなので、少し時間をかけて研究していこうと思います。


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

03/27

100%自分の意志で自分の勉強の計画を立て、それを実行するというのは、本当に難しい。
極端に言えば、一日中寝ていても、誰も困らないし、誰にも迷惑がかからない。
一日中寝ていたという証拠はどこにも残らないし、誰からも怒られない。

モチベーションと自律心を維持するのが非常に難しい。
Visualiseをし続けないと、自分の人生は海の藻くずに消えそうな、そんな恐怖さえ感じる。

さて、そんなことはさておき、昨日は腕の調子が良かったのと、最近運動を全くしてなくてストレスが溜まっていたので、自転車でCityまで行ってきました。
Cityでたまたま英会話学校で一緒だった日本人のお友達とばったり。
で、そのお友達がたまたま持っていた新聞をもらった。
新聞を買わずに済んでラッキーでした♪
そして、トータル1時間以上の運動ができました。
やはり運動はいい。身も心もスッキリする。

身も心もリフレッシュしたところで、シャワーを浴び、新聞を読み始める。
やっぱり、単純にマレーシアの航空機の事件は気になるね。
長い記事だけど、興味があるので、文の長さを気にせず読める。
結局、この記事のまとめ方からすると、機長の私生活のスキャンダルが取り上げられ、ダイレクトには書いてないが、機長の自殺という展開。
機長は奥さんと離ればなれ、愛人ともトラブルに・・・とスキャンダルが描かれた記事でしたが、信仰する宗教にもよるけど、マレーシアは一夫多妻制ですよね?なぜわざわざ愛人なんて作る必要が?そして、自分の私生活のトラブルからの逃避の為に200名以上の命と一緒に無理心中?
・・・どうなんでしょう?そんな無責任な人がパイロットになれるのでしょうか?
どう見ても、不可解な事件を推理小説のようにまとめているとしか思えないのですが・・・。
この事件、裏がありそうですね。

IMG_1204.jpg


なんてことはさておき、上に貼付けた新聞の記事に段落ごとに青いペンでごちゃごちゃ書いています。
これが今実践している「段落記憶」の練習です。
今のところ、段落ごとに内容を記憶するのは不可能。
でも、1〜5wordsぐらいで段落の内容を要約すると、その段落を振り返った時にすぐに思い出せる。
そして、驚いているのは、段落ごとの要約を始めるようになってから、文章全体をしっかり理解することができるようになった。
IELTSのReadingは、文章の内容を把握していないと解けない形式の問題ばかりなので、内容がしっかり把握できるのは、絶対にプラスの要素。
これを毎日続けて、語彙も増やしていけば、きっと違いが現れるはず。
Readingの練習は、もうしばらく新聞読みを続け、効果を見てみたいと思う。

Writingもそろそろやり始めなきゃな。

昨日、娘がおばあちゃんから手紙をもらい、それを開けるところの動画をipod touchで撮った。
IELTSの勉強を本格化させてから、娘に対しても英語で接することがほとんどになってしまった自分。
娘の動画を見返してみると、自分が英語をしゃべっている。
しかし・・・やっぱり発音はアジアなまりですねorz
まだまだ修行は続く・・・。



ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/hfgvm8160m7q

Visualising

カテゴリ:勉強

03/24

大掃除をした先週末。
今日、嫁さんの妹がUKから泊まりで遊びにくるので、必死になって掃除しました。
で、今日はたくさん洗濯物があります。
家の洗濯機は、洗い終えるのに2時間以上かかるので、時間を計算しながら洗濯しないと、何も洗えずに一日が終わってしまうのです。

朝一で洗濯機を回し、家族全員で朝食。
娘を保育園に、嫁を仕事場に送り、夕飯の買い物へ。
家に帰って、洗濯物を干して、軽く掃除、2回目の洗濯機を回す。

ただ今10時半。
これから勉強なのだが、ここで注意したいのは「ほっと一息」の時間である。
3時間の家事を終えて一息。それはいいのだが、その一息が1時間以上かかってしまうことが多々ある(笑)
それでダラダラした印象をその日一日に感じてしまい、その日のサクセス感を失う、そして自己嫌悪。

これがまずい。
この悪循環を回避する方法は、意外と簡単なのだが、結構忘れがちになる。
ブログに書くと、気持ちが整理されたり、脳に情報が蓄積されたりするので、その悪循環の回避の方法をここに記しておこうと思う。

生徒にもよく言っていたことだが、勉強というのは、最初の10分取りかかることができれば、意外と簡単に集中できたりする。
つまり、その10分に僕みたいなものぐさ人間は、かなりの力を込め、自分を動かさなければならない。
でも、いつも力んで自分を動かそうとすると、いつかはくたびれ、続かなくなる。
そこで、力まなくても勉強に入れる、もしくは入りたくなる方法がある。
それが「Visualise(ヴィジュアライズ)」という作業である。
一時期、ビジュアル系とかいう言葉がよくはやりましたが、Visualiseは
「目に見えないものをありありと心の中で想像する」作業なんです。

自分が付けたい力を付ける過程から、達成した時の高揚感までをVisualiseすること、これが勉強に取りかかるためのコツなんですね。
それを行うことにより、自分が今やらなければならないことがなんなのかが頭の中に鮮明に浮かび、自分が得たい未来のために今の自分をいとも簡単に動かせるようになる、という原理です。

さて、僕のVisualiseは

Reading7.5
Writing7.5
Listening8.0
Speaking7.5

All over 7.5

が取れている自分です。
全ての分野で7.5を超えることが出来ると、先生になるための大学院に1年間通うことが出来るので、それも選択肢に入れられるようにするのが、次のIELTSのテストの目標。
結果を受け取って、手がプルプル震える、そして、思わず仕事場の嫁さんに電話で報告してしまうような、そんなところまで想像し、これから勉強に入りたいと思います。
一ヶ月前にAll over 7.0をクリアしているのだから、きっと次回は!


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

03/22

最近、嫁が娘を寝かしつける時に、必ず最後に娘が僕のところに来て
"Dad, Can you read me a story and sing me a song please."って言ってくる。

そう言われると、可愛くて仕方がないので、もちろん一緒にベッドにゴロンと寝転んで、本を読んで、歌を歌ってあげる。
歌を歌ってる間にだいたい寝息を立てて寝てしまう。
子育ての幸せをかみしめる瞬間って、こんな時間だったりしますよね(^^)

今週は、娘の日本語強化週間だったので、日本語の本ばかり読みましたが、いつもは英語の絵本を読むようにしている。

娘も今年で4歳になる。
毎週末図書館に行って本を借りるのだが、最近はそれなりにレベルの高い本を選ぶようになってきた。
見開きで2〜30行ある絵本は、かなり読み応えがあるし、僕は日本語でも音読が苦手なので、かなりの音読の練習になる。
それと、悔しいことに、結構わからない単語が出てくる。
ごつい絵本になると、つかえてスラスラ読めず、娘は本の後の歌の前に寝てしまうことも多々(苦笑)

しかし、これが結構スピーキングに役に立つんです。
どこで切って、どこをつなげて読むかなどを研究できるんです。
どうせ娘を寝かしつけるために読んでいるので、僕の練習だと思って、スラスラ読めなかった文章は読み直すようにしています。

そして、やっぱり言語や文化というのは、子供の頃に学んだものが基礎になり、その上に成り立つわけで、子供の絵本を読むことが、英語を理解する重要な教材になる。
でも、わざわざ絵本を自分のために借りて読みたいとは到底思えない。
娘のために読むから読めるのであり、父として、娘にしてあげることの一つとしての「音読」だから続けられる。

このストーリータイムは、一石二鳥にも三鳥にもなりそうです♪

そう言えば、嫁さんと付き合い始めたとき、日本語の勉強として、何冊か絵本を読んでたなぁ。
「牛のちちが出なくなったので・・・」のちちを、乳ではなく、父と勘違いして混乱していたの思い出しました。

ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

新聞読み。

カテゴリ:勉強

03/21

言語は、日々の積み重ね。
ちょっとした意識の違いや工夫が、いずれ大きな変化をもたらす。
僕は、ここ数ヶ月、IELTSの勉強をし続けて、それをすごく実感しています。


新聞でリーディングの勉強を始めて今日で3日目。
ここで何となく分かってきた事がある。
ただ興味本位で記事を読むよりも、より効果的に読解力を伸ばす読み方がありそうだということ。

ここで、今思いつく2つの勉強法を明日から実践してみることにした。

①段落ごとに内容を簡潔に記憶するように読む。
読んでいる時に「この段落は、こんな内容だ。」と振り返りながら、記憶しながら読む。
そして、読み終わった後に、段落を眺めて、その段落の内容がサラッと言えるようにする。
これで文章の筋道が分かるようになるのと同時に、文章把握の際の記憶力も鍛えられ、IELTSのReadingの問題を解いている時に役に立つ技術が身に付くと推測される。

②読んだ後に嫁さんに内容を要約して伝える。
全体の流れや記事の一番伝えたいだろうポイントを整理して捕らえる力の成長を促すことができるとが予想される。


さて、やっと今日で自分の興味がある記事を読み終えることができた。
今週は、学校通っていた頃にできなかった家事をたくさんしてたので、勉強にあてる時間は1日1〜2時間程度でした。
読んだ記事は全部で9本。
そのうち8本は、1つ記事につき平均3〜4つわからない単語があった。
残りの1本が、驚くことに20個近くわからない単語があった。
1つ記事だけ異常だった。
人や場所、状況が変われば、使われる単語もガラッと変わる。
逆に言えば、ずっと同じところで慣れ親しんでも、語彙はあまり増えない。
ということで、そのわからない単語だらけだった記事を書いているライターにマークを付け、彼の記事は興味がない分野でも読んでみようと思う。
そうすることで、彼の使う語彙が僕の中に蓄積されるはず。

これらの工夫が、2ヶ月後には結果となって現れることを信じて、毎日がんばりたいと思います。


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

03/21

ただいま朝5時半。
昨晩、釣りの名人で、釣り人としてスポンサーまで付いてる嫁の兄ちゃんが、タラナキで行われる釣り大会に参加するため、ファーノースから家に泊まりにきました。
200名以上参加する釣りの大会。
もう、義兄さん、子供のようにウキウキしています。
で、久々の再会で話が尽きず、寝るのが12:30ぐらいになった。

で、目が覚めたのが4:30。
そこから寝付けない。

見ていた夢の印象が強烈すぎた。

教員をしていると、道徳の授業等でみんな一人一人個性があって、みんな一人一人違う意見を持っている、ということを認識させるために「他人と自分が受け取るイメージの差」を伝える授業をよくする。
その中で代表的な手法がある。
①生徒にまっさらな紙を1枚配布。
②簡単な言葉だけの指示で、簡単な絵を描かせる。
例「紙の右上に小さい円、左下に中ぐらいの四角、真ん中に大きな三角を描きなさい。」
※この指示の前に、隣の人の絵とかは絶対見ないように指示を出す。
③周りの友達と描いた絵を見比べる。

言葉だけの指示なので、生徒が描く◯△は、それぞれ大きさも位置も大分違う。
これは、全く同じ指示なのに、自分とは全く違う捉え方をする人がいるということを知れる、重要なサンプルになる。
特に日本人は、人と同じ動きをしたがる傾向にある民族なので、実は一人一人が全く違う考え方を持っているんですよ!自分は人と違ってもいいんですよ!と言うメッセージが伝えられるので、僕はこういう作業を授業中に入れるのが好きなんです。
それに対して、NZ人は、人と違う意見を持っていても、自信満々な人が多い。
その「違い」が不安の対象となりにくい性格の人が多い傾向にあります。

で、ここで強烈な夢の話に戻るのですが、
これがもし「ラジオ体操」で起こったらどうなるか?を僕は夢の中で忠実に再現したわけです。
ラジオ体操も、音声の指示だけでする準備運動ですよね。
もちろん僕らは学校でラジオ体操が何なのかを教わっているので、みんな同じ動きをします。
でも、これがNZで、みんながラジオから流れて来る指示をそれぞれの解釈でやっていったらどうなるか。

その僕の夢の中では、何故かラジオ体操がものすごい大ブームでした。
嫁さんの親戚から電話がかかってきて
「ラジオ体操って日本が発祥なんだろ?今度本物のラジオ体操を披露してくれ!」ってわざわざ電話がかかって来るほどに。
で、朝6:30になると、みんなが道ばたまでパジャマで現れ、ラジオ体操をするという、一世風靡振り。
ただ、そこで見た光景がすごかった。
全員が全員、全く違う動きをしているんです。
いいんです。人と違う動きであっても、その体操が、音声の指示通りで、健康そうであれば(笑)
でっかくてごついNZ人が、アルゴリズム体操みたいな、良くわからない動きを自信満々でするんです。
それが滑稽すぎて、家の中から外で体操する人たちを見て、大声で笑っていました。
その笑い声で、夢から覚めた。
ただそれだけのお話です。


ちゃんちゃん。

さて、布団に戻ります。

ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

一念通天。

カテゴリ:勉強

03/19

一念通天 (いちねんつうてん)
強い信念をもって一心に努力を続けていれば、
必ず成し遂げられるということ。

「一念通天」って見ると、魔貫光殺砲をイメージするのは僕だけでしょうか?

まあ、そんなことは置いておいて、ワールドカップが始まる時にIETLSのテストを受けようと決心しました。
決戦は6月14日。
それまでにどんな準備ができるかを考える。

前回7.0を取れなかったのがReading6.0とwrting6.5だ。
実は、Writingの課題はもう分かっている。
前回、Task2の問題に100%正対しない答えを書いてしまったことが原因で7.0に届かなかったものと思われる。
そして、Writingは先回の3週間のみっちりした特訓で、短期間にグッと実力が上がることも分かっている。

ということで、やはり、このテストでの僕の一番の課題はReadingだろう。
ここで僕の弱点を冷静に考えてみることにした。
もう、1年近く真剣にIELTSの勉強をしているので、各問題形式に対する対策はもう分かっている。

じゃぁなぜ点数が取れないのか?

単純に読解スピードと語彙力の不足だろうな。

これってどうやって補えるのだろうか?
決戦まで、あと3ヶ月ある。
それを考えると、やはり地道なトレーニングを毎日続けていくことが重要かなと。
亀仙人のもと、ヘビーな甲羅をかついで野良仕事をした悟空とクリリンのように・・・

ただ、悟空やクリリンは「強くなるためならなんだってする」というモチベーションがありますが、僕は基本的に英語を学ぶことにそんなに興味はないので「苦にならない」「楽しく続ける」ことを重視しなければならない。

楽しむためには、達成感を得ることが重要。

まず、達成感を計るために用いるのがこのサイト。
http://testyourvocab.com/?fb_action_ids=10203500610259580&fb_action_types=og.likes&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582

これでおおよその自分の語彙力が計れる。
簡単に言うと、このサイトは、意味を知っている単語にチェックを付けていき、語彙力を計る仕組みになっています。

僕はこれを1回の試行につき2回行うことにする。
1回目は、あやふやな単語にチェックを付けないで計る。
2回目は、あやふやな単語も知っているとしてチェックを付けて計る。
そうしたところ
1回目は7370ワード
2回目は8060ワードだった。
つまり、僕の語彙量はこの間に位置しているのでしょう。
海外生活が2年を超えているにしては、少し少ない気がします。
毎月計りながら、これを3ヶ月間で10000ワードぐらいに上げたい。

こう数値にして考えると、ドラゴンボールの戦闘力みたいで、ちょっと楽しいですね♪
10000というと、ギニュー特選隊のグルドぐらいでしょうね。
この2ヶ月の修行で、どこまでグルドに近づけるか・・・。

そこで今日から始めるトレーニングがこれ。
newspaper


毎日、コーヒーを飲みながら、朝一に新聞に目を通し、関心がある記事を読み倒す。
これに午前中かけてもいいかも。
今日は初日ということで、コーヒーも普通のプランジャーコーヒーですが、明日からは、エスプレッソマシーンを使って、フラットホワイトでも作って、新聞を楽しもうと思います。

さて、その後、やはり必要なのがoutput。
これもやはり英語でのブログを再開させて、しばらくは読み手の反応を楽しみに色々記事を書いていこうと思います。

さて、ブログを書くのに大分時間を使ってしまった。
タイトル通り、毎日強くなることだけを信じて努力しなければね。
さっさと朝のReadingに入るかな。
これで、Reading7.0の壁をあっさり貫いてみせる。魔貫光殺砲の様に・・・。


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

真相解明。

カテゴリ:暮らし

03/17

今朝、娘の開口一番の言葉が
「I'm feeling sick! I wanna see the doctor!」でした。

確かに鼻はぐちゅぐちゅ、咳もちょっとあった。
ということで、医者に連れて行くことに。

で、お医者さんに会う頃には、何故か娘の体調が絶好調になっていて、診療室で歌って踊っていました(笑)

"She was saying she is sick in the morning..."と言ってみたはいいが、気まずいし恥ずかしいし(笑)
そんな子供らしさが愛おしさでもあるんで、そんなに悪くは言えないのですが。
いつも混み混みの病院が、今日は偶然空いていたのが、不幸中の幸いでした。
お医者さんも嫌な顔一つせずに「鼻ものどもちょっと赤いから、風邪っちゃ風邪です。」と笑いながら診断してくれました。

で、ついでに先週水曜日に負傷した僕の左手首について、冷やした方がいいのか暖めた方がいいのかを聞いたら
「あれ?まだそんなに痛いの?・・・う〜ん、腫れてるね。念のため、X-ray撮りましょ。」
と言われ、レントゲンを撮る。
レントゲンの待ち時間が長そうだったので、レントゲン室のおばちゃんに断って、娘を保育園に連れて行き、また病院に戻ってレントゲンを撮ってもらった。
で、診断は「骨折」(笑)

確かに水曜日は病院がむちゃくちゃ忙しくて、お医者さんの診察時間が正味10秒以内で終わったので、誤診だったのも頷ける。
まぁ、俺より辛そうにしている患者さんがたくさんいたから、そのお医者さんや病院を責めるつもりはないです。
ましてや、歌って踊っている具合が悪い娘の対応を気持ちよくしてもらったので、感謝しています(笑)

厳密に言うと剥離骨折ですね。
全治は4週間以上はかかるって言われました。

さて、娘の具合と手首の痛みの真相が分かったところで、退学の手続きを行いに学校に行ってきました。
手を昨日以上にかばいながら(笑)

で、クラスの先生とも会い、ヘッドティーチャーとも話をして「自分でこれから勉強します」と宣言したところ、ヘッドティーチャーに「あなたの英語のレベルは、もう、クラス単位で教わるには効率が悪いと思う。自分でやるか、プライベートの先生をつけるかした方がいい。」と言われた。
確かに、今受けているクラスでは、生徒の実力差が非常に大きく、授業の半分以上基礎的な話に時間が費やされる。
クラスの上の方に位置する人たちには物足りない。
そして、僕が今、一番鍛えなければならないのはReadingで、そのクラスの授業では、Readingは全く触れない。
やっぱり効果的ではないよね〜って先生方からも言われました。

先生方から見ても、やっぱりそうだったのね。
これからは、自分でまた図書館等に通い、勉強したいと思っています。


そろそろ冬のサッカーリーグのシーズンが始まる。
今週の水曜日、久々にサッカーの練習が入っているのだが・・・どうしようかなぁ。



ブログランキング
最近気づいたのですが、これ、ランキング結果に反映されていない気がする(汗)
時間がある時に調べよう。

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

03/15

久々に書いています。

なぜ久々になったかというと・・・

先週土曜日に、PCが逝ってしまい、月曜に修理に出した。
請求書は500ドル・・・。
しょぼーんとしていたら、店員が「部品だけ買ってきてくれれば、工賃だけでやりますよ。」と。
請求書に280ドルと書いてあるHDDが、近くのショップで88ドルで売ってた(笑)
結局、直すのに260ドルぐらいかかったが、パソコンはさくさく動くようになったのでよかったかな。

で、HDDを交換したので、もちろんデータは消えてしまい・・・。
そんなこんなでひーひー言いながら、パソコンをもとある状態に必死に戻していた。
その間に、うっかりipodを同期させてしまい、曲が半分ぐらい消えてしまった(苦笑)

で、水曜日にいつも通り自転車に乗って学校へ向かう。
工事中の道路を走っていたら、自分の後ろに車が何台も溜まっていたので、歩道に乗り上げて、後ろの車を行かせ、車道に戻ろうとした瞬間、歩道と車道の間の溝に前輪が挟まり、そこから命がけのジャックナイフ。
そしてド派手にダイブ。
両手と右足負傷。
特に左手首はひどい。
もちろん学校はお休みした。

骨が折れていたら嫌なので、病院に行く。
骨には異常はなかったのですが、左手を使うことは不可能。
茶碗を持ち上げることもできませんでした。

翌日、首むち打ち(苦笑)
尾てい骨も打撲していたようです。

ということで木曜日も学校を休んだ。
夜の補習校の授業はしたんだけど、自分の調子があんまり良くなくて、全然自分のペースで授業ができなかった。
いわゆる普通の先生がする普通の授業をした。
その日は、腕の痛みもあって、あんまりセンスの良い指導ができなかった。

金曜日は、学校で自分の班のプレゼンテーションがあるので、電車で必死に学校へ向かう。
授業を受けていて、時間通りに行けないこと、授業の内容が今自分に必要なものに正対していないことなどを考えていたら、このまま学校に来続ける意味が見いだせなくなった。
そのまま意志を固めて、ヘッドティーチャーのところへ行き、辞めたいとの意志を伝える。
そしたら、家庭の事情で時間通りに朝登校できないことは、クラスの先生と話し合い解決できる。
授業のないようについては、それが解決してから考えるべきだ。
と言われ、それだったらと、クラスの先生と話そうと思ったら、その先生、他のクラスの授業中で話すことができなかった。

で、今日は補習校で生徒の発表があるので、学校へ行った。
そして、今来ているストームの関係で学校は休校になったことを知らされた。
たまたまグループメールに僕のアドレスが入っていなかったようです。

なんと言うか、1週間ずっとこんな感じで空回りしながら終わってしまった。
今週は、きっとこんな週だったんだ。
来週はきっとすごくいい1週間になるはず!
と思い、自転車に乗っている時に使っているヘッドフォンで音楽を聴こうと思ったら・・・自転車事故の影響で壊れていました。

でも、冷静になれば、遅くなっていたコンピューターが速くなったり、NZで一番安いだろう電気屋さんが家の近くにあることを発見したり、悪いことだけではない。



明日はきっといいことあるさ♪



ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

再挑戦。

カテゴリ:暮らし

03/04

やっと気持ちが固まった。
一晩考え、これからの進路が大分明確に見えて来た。
お陰で、昨日までダルかった体も、心なしか軽くなったように思える。

進路なのだが、イースターホリデーまでは、少なくとも今の学校に通いながら、IELTSの勉強を続けていこうと思っている。
違った環境からは、違った刺激、違った学びがある。
それを全面に受け、自分の成長を促していこう。

IELTSなのですが、多分6月に受けます。
6月に受け、Reading,Writingを7.0以上取る。
あわよくば、全てのカテゴリーで7.5以上をマークする。

よって、イースターの辺りのホリデーを終えたら、そこから集中的にIELTSの学習に入る事にする。
そこで、学校に区切りをつけ自分で勉強するか、また、学校の環境を最大限に生かして勉強するか、その辺りは、その時に考える事にする。

Speakingは、日本語環境にどっぷり浸からない限りは、今よりもっと伸びるだろうし、Listeningにも同じ事が言える。
とりあえず、英語での生活全てが、自分の勉強に繋がっているという意識をもう一度思い出し、日々色々吸収していこう。

正直、Writing7.0の達成は難しくないと思っている。
このままコンスタントに練習を続ければ、7.5にも到達出来るんじゃないかと思っている。
気づいたのだが、task1の分析なんて、俺の得意分野だしね(笑)
後は、気の利いた言い回し等を蓄積すればいいのかなと。

問題はReadingだ。
本を読む時間を作るという習慣が僕にはなく、生活リズムの中で読書の時間が作りにくい。
そこら辺の対策をしっかり練っていきたい。
当面は、洋書を楽しく読む習慣の確立だな。


総合的な注意点としては、引き続き、心技体のバランスを保つよう気を配ること。
手に入れる将来像のビジュアライズや、継続した勉強、そして自転車での登校と冬のサッカーリーグの参加。
常に目の前に起こることと、自分のそのバランスを常に結びつけるように意識して、粘り強く自分を成長させていく。


これから、もう少しIELTSブログが続きます。
続編ということでお付き合いください(^^;)
「IELTS〜Over all7.0から7.5へ〜」
それでは、学校へ行ってまいります。



ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

病は気から。

カテゴリ:勉強

03/03

金曜日のIELTSの結果発表のあたりから、妙に体が重く感じるようになった。
土曜・日曜は、補習校のキャンプのため、泊まりがけで出かける。
カヌーに乗り1時間半、水上から生徒を監視。
5歳児6歳児の細腕では、上手くカヌーが扱えず、草むらにはまったり、進入禁止区域に入っていったり、風下に流されたまま帰って来れなくなっていたり(笑)
直射日光をもろに受けながら、水上で大声を出しながら漕いでいたので、体も喉も疲労困憊。

夜は、生徒よりも早く寝てしまった(苦笑)

そして、アラームを付け忘れ、生徒に起される失態(^^;)

それでも、生徒の幸せそうな顔を見ると、やっぱり教育っていいなぁって思う。
補習校の生徒はみんないい子でね、喧嘩とか、いじめとかの心配がなくて、気を張らなくてもいい。
子供たちのその朗らかさに本当に心が癒されました。

キャンプが終わり家に着くと、仲良くしているアルゼンチン人の家族に呼ばれBBQ。
ちょっと目の前がクラクラしていましたが、なんとか乗り切り、9時には床に就きました。
そして、朝7時に起きて、娘と嫁を仕事場に送り、さて、自転車に乗って学校へ行こう!・・・と思ったのだが、なぜか体はベッドの上に(笑)
体が言う事を聞かない。
10時に目が覚め、ヤバいヤバいと起き上がるも、めまいがひどく、体も重い。

とりあえず、外も雨だし、今日は学校へ行くのは断念。
そして、結局そこから15:30まで意識を失ったかのように眠っていました。

今日から、秋っぽくなったオークランド。
元々僕は季節の変わり目に弱い体質で、まだまだ体が重いのです。
で、気がついたのですが、今は一時的にどこへ自分が向おうとしているのかが分からない状態なんです。
迷っているんですよね・・・これからの進路を。
学校へ通い続けるべきか、自分で勉強すべきか。
IELTSを申し込むべきか、もう少し慎重になるべきか。

人は迷っている時に一番元気がでないんですよね。
体の奥から出てくるパワーを感じ取る事が出来ない。

この状態が長く続くと体に良くないので、自分のこれからの進路について、真剣に考えて、早急に結論を出したいと思っています。


あぁ、どうすっぺなぁ。


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

トップへ | 

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム