201502の記事一覧

02/27

今、ニュージーランドの高校で使われているテキストを手に入れて勉強し始めました。

こっちの高校三年生のテキストです。
やはり、NZの数学は、高校3年間で異常に難しくなる。
といっても、内容は日本の数学よりは少し簡単だとは思う。
日本は受験戦争があるので、難しくせざるを得ないのだとも思うので、どちらが優れているかという視点で比較することはしないが、生徒の目線で解いてみると、こんなことがわかる。

中学校までの数学が優しすぎて、そこから高校3年間で世界標準に無理やり近づけようとしている感じが見て取れる。
どおりで、NZでは、学生時代の最後の3年間で数学が嫌いになる生徒が多いわけだ。
バタ足がやっとできるようになった子供に、向こうに見える島まで泳いで行けって言ってる感じ。
生徒がかわいそうな気がする。

高校のテキストを解いていれば、数学の専門用語も頭に入る。
さらに、eの扱い方など、僕も忘れている部分が多いので、数学を復習するいい機会でもあり、一石二鳥でありがたい。
昔は当たり前のようにできていた問題が、今完全に忘れていたりして、冷や汗をかきながら問題を解いてます。

どうやら、NZの数学は、確率・統計学の方に力を入れているっぽい。
僕のどちらかというと苦手にしていた分野です。
で、教科書を開けてみてびっくり。
5〜10ページに1回ぐらいずつ、計算機の使い方が載っているんです。
すごい頻度だ。連立方程式まで計算機で計算できるなんて・・・。

で、思ったこと。

NZは、より実用的な、実生活で使えそうな数学と言うのを取り扱っているんだろう。
だから、データ処理をたくさん練習させる。
ここで使う計算機は、方程式のグラフまで表すことができる。

・・・しかし・・・NZ人のほとんどは、高校を卒業すると、その計算機を使わない。
専門職以外の人は、使わない。

はたして、実用的なのかどうかは、俺には今のところ分からないが、日本人が重視している数学の価値と、NZ人が重視している数学の価値が、かなり違うんだなぁってのが今のところの結論。

・・・なんか、妙な矛盾を感じながら、勉強しています。
しかし、俺はやり抜くぜ!
こっちの学校の教壇で楽しく数学を教えている未来の俺をイメージして頑張ります♪

ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

水泳レッスン

カテゴリ:子育て

02/25

NZに来て、サッカーばかりやっていますが、僕は学生時代、水泳部でした。
スイミングクラブに所属していた時期もカウントすると、学生時代、10年間水泳していました。
都大会には毎年出れるタイムは出せました。
目が覚めるほどの速さではなかったけど。

そんな僕とは対照的に、娘は水が大の苦手でした。
お風呂に入って、ちょっとでも目に水がかかれば「タオルー!タオルー!」と泣き叫ぶほどに。

そこで、せっかく僕が泳ぎ方を知っているのだから、娘に教えよう。
そう思って、去年の暮れから、娘をプールにちょくちょく連れて行った。

最初の日は、顔を水につけることも嫌がっていた。
結局、水の中に肩までつかり、その場でジャンプして終わり。
となりの2歳児がプールサイドからジャンプして、しぶきが自分の顔にかかっただけで泣いていました(苦笑)

頑固な娘。
プールに毎日通って、1週間たっても、顔を水につけない。
プールサイドからジャンプするようになったぐらいで、相変わらず顔をつけない。
1週間、顔をつけないでプールに通い続け、僕にも娘にもいよいよ飽きがきた。

ここで娘に提案した。

「ゴーグルつけて顔を水に一回つけてみてよ。」

そしたら、やっぱり「やだ」と返答。

ここで、僕も引かずに「OK,じゃぁ、もし今顔つけなかったら、もう二度とプールには連れて行かないからね。」って、強気で言った。
このまま顔をつけないのであれば、どうせ娘も飽きて、プールに来たくなくなるのは目に見えていたし。

そしたら「OK,一回だけだよ。」と納得して、娘が初めて自分から水に顔をつけた。
その瞬間から、さらに娘はプールにはまった。
すでにその地点でプールに来てから1時間経過していたのに、そこからさらに1時間半、ずっと潜っては踊り、潜っては歩きを夢中で繰り返していました。
娘が夢中で水に潜る姿に、釘付け。
子育ての喜びをかみしめながらも、割と娘の安全確保に必死でした(笑)
ここで、水を大量に飲んだりしたら、せっかく潜れるようになったのが台無しになっちゃうからね。

それから、年明けの2週間は週三日でプールに連れて行き、やっと3mぐらい泳げるようになった。
バタ足、ドロフィンキックの初歩を教えた。

スクールホリデーが終わってからは、僕も忙しくなってきたので、水曜日の夕方にだけプールに連れて行っている。
前回連れて行った時には、足のつかないところで、3mぐらいを泳ぐ練習ができた。

今週は、飛び込み台から飛び込むことができるようになった。

次は何ができるようになるのか。
子育ては、本当に楽しいなぁ。
自分が忙しくなる前に、こういう時間が持てること、とても幸せですね。
それと、顔に水がかかることに抵抗がなくなったので、今は娘をお風呂に入れても、シャワーで頭から流しても、全く問題ない。
お風呂がすごく楽になりました。
もう、いろいろ幸せです♪
今日もいい一日だった。
感謝ですねぇ(^^)

ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

02/24

ブログ、なんでアップできないのかなぁ・・・って思っていたら、何かの迷惑なポップアップ広告のAPPが勝手にダウンロードされていて、それが悪さをしてアップできなかったことに気づきました。
アップしようとすると、広告が現れたり、Not Foundのページに飛んだり。
そのAPPを削除してからは、何の問題もなくインターネットを使えるようになりました。
本当に迷惑だったなぁ、あの広告。


話は変わりまして、先週末、スクールキャンプの引率でした。
盛りだくさんのイベントと、生徒の笑顔と。
雨が降ったのが残念ですが、子供たちのうれしそうな顔があふれる素敵なキャンプでした(^^)

そのキャンプで、帰りのバスが到着し、荷物をどこに乗せるかを運転手に質問しているときに、異常なほど英語が出てこなくなった。
こんなシンプルなことなのに、伝えられないなんて、最近はあまりなかったので、びっくりしました。
疲れていたんでしょうね。疲れてストレスを感じていたっぽいです。
それと、バスの運転手さんたち、仕事でとちった後のようで、かなり放心状態だったのも伝わらなかった原因の一つだと思います(笑)

最近、ストレスと言語って、ものすごく深い関係にあるんだろうなぁ、って身をもって感じています。

他にも、ストレスと言語と言うと、こんなストーリーが思い出されます。

香川県で勤め始めたときに、年度始めに全校生徒の親御さんたちを体育館に集め、教員の人事発表を行った時の話です。
僕の隣に立っているのは、ベテランもいいとこ、50代の社会の先生でした。
30名ほどの先生と事務の先生が舞台に並び、校長が一人ひとり教員の名前を呼名して、教員は呼ばれたら一歩前に出て「よろしくお願いします」と言う。
そんなどんな学校でもあるような、ありふれた人事発表でした。

「よろしくお願いします」だけでも、200人ぐらいいる親御さんの前で言うのは、結構緊張するんですよね。
僕は、心の中で『かむなよ。俺、かむんじゃねぇぞ!」と念じていました。
10人ぐらい向こう側の先生から校長が呼名をし始め、次々と先生方が挨拶をする。
緊張が少しずつ高まっていくのを自分で感じながら、一生懸命その緊張を抑えようとマインドコントロールを試みた。

隣の先生は、ベテランだから慣れている表情で立ってるし、この人の後だから、なおさらさらっとやらないと、目立っちゃうなぁ・・・って思っていました。

そして、ついに隣の先生の名前が呼ばれ『やべぇ、いよいよだな。』と思い、覚悟を決めたとき、

「よろしくおでぃだぃ・・・よろしくお願いいたします。」

隣のベテランの先生が、かんじまったよ・・・。


全く予期していなかった展開と、緊張から、笑いをこらえるのに必死でした。
笑いをこらえながら「よろしくお願いします」と言いましたが、あまりの緊張状態だったため、顔がもろににやけてしまいました(笑)
今でも思い出してはニヤニヤしてしまうほどなので、当時ニヤニヤが抑えられるわけがないですね。

ネイティブスピーカーで、しかもしゃべることを仕事としている人でさえ、緊張したら、そんな一言も言えなくなっちゃうんですよね。
ストレスと言語ってのは、本当に密接に関係しているんだなぁって思います。


ちなみに、最近、英文がスラスラ読めるんです。
あれだけIELTSのテストの時は、英文が頭に入らず困っていたのに、ニュースも、興味がある記事には簡単に目を通すことができるようになっているんです。
結局はストレスだったんだなぁって、改めて思います。

ということは、あれだけの高額なテストで、ストレスをかけて勉強して受ける結果は、よいわけがないんですよね。
数年かけて、英文に対してのコンプレックスをなくさないと、合格点は取れないんだろうなぁってなんとなく思っています。
ということで、IELTSを使わないでも教員になれる方法があるのであれば、それを実践した方が、僕にとっては近道なのかなぁ、と。

今、なんとか目標にたどり着くために、いくつかの方法を試みています。

進展があったら、ブログにアップしますね。



ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

02/19

久々に更新。

ここのところ、定期的に運動ができていて、気が充実している感じがします。
週に2回ほどしっかりとした運動をすると、僕の場合は気持ちが常に前向きでいられるみたいです。

先週は、金曜日の夜に、アルゼンチン人の友達に誘われて、サッカーをやってきました。
南米の人たちだけに、テクニックと息の合ったワンツーなど、なかなか見せるサッカーについていくのがやっとでした。
また、昨日、ランニング友達とランニングをしました。
このペースで運動を続けて行けば、ゆくゆくはマラソン大会にでも出てみようかなぁ・・・なんてことも考えています。

さて、昨日も暑い中、勾配の激しいコースを10kmほど走ったのですが、そのあと、お友達と、いつも通り僕の家でコーヒーを飲もうとしたときに、そのトラブルが発覚。
コーヒーを飲む前に、水を飲もうと冷凍庫に手を突っ込んだ瞬間に・・・冷たくない・・・。
冷蔵庫が壊れてしまいました。

こともあろうか、昨日から今日にかけてすごく暑いんです。

そこから、電気屋さんに電話して「うちはそのサービスはやってないから」とか言われながらたらい流しに会い、やっとのことで予約を取った。
「今から1日以内にスタッフが来ます」とのことだった。
・・・1日か・・・。

ランニング友達が、家に帰って氷を作ってくれて、なんとか昨日は、冷たくない冷蔵庫の中身を、冷やすことはできたのですが、今朝はもう冷凍庫はびしょびしょ。
朝、急いでガソリンスタンドに行き、氷を買う。

ここでNZの豆知識。
NZでは、ガソリンスタンドで氷を売っています。
大量な氷を利用する人は、大体釣り人なんです。
クーラーボックスに氷を入れて、そこに釣った魚を保管します。
で、釣り人は、釣りに行く前に、船のガソリンを満タンにしていきます。
だから、氷がガソリンスタンドにあるんです。

話は戻って、大きな袋二つ分氷を買って、家に帰って冷凍庫にあったものから優先的にクーラーボックスに詰め込む。
そして、さっき、業者の方が来て、修理してくれた。
原因は、時間を操作している部品の故障だった。
全部で230ドルかかった。

で、直してくれた業者のおじちゃん、すごく不愛想で、すごく感じ悪かった。
英語はうまいけど、アジア人で多少なまりがある。
こういったケースの場合、僕は自動的に
「この人日本人が嫌いなのかな?」って思ってしまう傾向にある。
僕の名字は、典型的な日本人の名字で、ほとんどどんな国の人でも、僕が日本人だとわかるから。

でも、結局、僕の思い過ごしだった。
彼はただ単に不愛想なだけだった。
ありがとう、冷蔵庫が直って本当に助かったよ!って言ったら、急に笑顔になり、話が弾んだ。

感謝するってのは、本当に大事なんだなぁって思ったよ。
僕の固定概念や、不愛想な人の表情を、もろともせず、人と人をつないでしまうんですから。

冷蔵庫が直るだけでなく、感謝の大切さの再確認までできて、本当に良かったなぁ。
今日も一日気分よく頑張れそうです(^^)


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

02/01

NZに引っ越してきて、もう3年が経ちました。
ここにきて、僕の使っていたMac Bookpro の動きがいよいよおかしくなってしまった。
触ってもいないのに、勝手にポインターが動いたり、画面が切り替わったりします。
まぁ、以前故障して以来動作もかなり遅くなってしまったことから、今回は思い切って新しいパソコンを買うことにしました。

Macのほうは、お金と時間に余裕があった時に直して、さらに改造しようと思っています。
(DVDドライブを抜き取り、そこにHDDをはめ込んで、メインのところにSSDを入れる予定)
その時まで、少しお休みしてもらおうと思います。

さて、そこで困ったのが、僕のパソコンに対する知識が、前のパソコンを買った3年ちょっと前で止まっているということです。
「えぇ!?今ってメモリー2GBじゃ小っちゃいの?」
とか、
「マックばっか使ってて気にも留めていなかったけど、割とBluetoothは標準装備が当たり前というわけでもないんだ。」とか。

友達から情報を集めた結果、僕のように、ネット、音楽、ワード、エクセルぐらいにしか使わない場合は、安いものを買って、2年後ぐらいにまた安いものに買い換えて、という買い方がいいようです。
というのも、1000ドル以上出して買っても、結局故障して直したりして、4年のスパンで見たときに、1500ドルぐらいかかってたりすることも多いのでね。
だったら、500ドルで買って、また2年後にそのパソコンに異常が出たら500ドル出してまた新しいのを買えばいい。
そうすると、時代にもついていけるし。

ということで、最初は800ドル前後のパソコンを狙おうと見ていたんだけど、予定を変更して、400ドル前後でパソコンを探すことにした。

最後に残った候補は

Hewlett Packard Notebook 15 inch 15-G041AU
http://www.thewarehouse.co.nz/red/catalog/product/Hewlett-Packard-Notebook-15-inch-15-G041AU?SKU=1948294
389ドルという値段、そして、メモリが4gbなこと、そして、これに限っては8gbまで増設が可能だということ。
ただ、気になるのが、Bluetoothが搭載されていないという点。

音楽をBluetooth内臓スピーカーで聞いたりする僕にとっては、結構これは痛手なんです。

で、それならばと、そのお店においてあるacerのパソコンの評判と値段を携帯でチェックしていたら、ほかの店舗で298ドルでacerのパソコンがあると。

・・・こいつは買いだ。

そう思い、もう一つの家電量販店へ。

Acer Aspire ES1-512-C32A
http://www.harveynorman.co.nz/computers/laptops/acer-aspire-es1-512-c32a-laptop.html

で、これを買おうとして、店員を呼んだら
「お兄ちゃん、これはネットブックみたいなもんで、ワードやエクセルを扱うときも重さを感じるからやめたほうがいいよ。2GBしかないんだで!」
で、僕も
「4年前は、メモリ2GBって言ったら、相当だったけどね。それに、あとで増設できるんでしょ?」と返したら
「今は、OS自体が重いんだよ。それと、この機種が安いのは、メモリが増設できないからなんだ。悪い事言わない、やめたほうがいいよ。」って言われた。

買おうと思ってルンルンしていた気持ちが、急にしょげてしまった・・・が、そんな中、メモリが4GBのacerのパソコンが。
Acer Aspire ES1-512-C0GA Laptop
http://www.harveynorman.co.nz/computers/laptops/acer-aspire-es1-512-c0ga-laptop.html


プロセッサー、メモリ、ストレージを見ても、これと同等レベルのパソコンを、397ドルで売っているところはない。
Bluetoothも内臓だし。
さっきより99ドル高いが、事情を説明すれば、うちの嫁さんも納得してくれるだろう。

ということで、買ってきました♪

今のところ、サクサク動いています。
おすすめかどうかは、まだわかりませんが、まだこのセールやってるみたいですよ。


ちなみに、HPのラップトップって、たぶんBluetoothがついていないことが多いような。
それでも、大手のお店ではでかでかと「Bluetooth built-in」とか書かれていたりします。

また、最初に行ったお店の店員さん、かなりいい加減で
「ノートブックは、どんなパソコンでもメモリは増設できるよ」と知った顔で言っていました。
電気屋さんの店員さんはしっかりした知識を持っていますが、Ware○○○○○の店員さんは、かなりいい加減な発言が多かったりするので、NZ移住初心者の方、気を付けましょう。

ということで、新しいパソコンで、初めて書き込んだブログでした♪


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
トップへ | 

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

アクセス解析

リンク

ブロとも申請フォーム