2015年05月の記事一覧

05/08

IELTSのテストを受けてから、もう半年がたつわけで、その間、ずっと自分のリーディングの問題点が頭の中に突っかかっている。

語彙力ももう十分にある、ロジック等はむしろ得意な方、ただ、なぜか文章が頭に入っていかない。
これが僕の最大の問題だった。

僕の読みに関しての問題点は、慎重すぎる、または深く考えすぎる、もっというと、深く理解しようとしすぎるところにある気がする。
日本で英語を習っていた時に、日本語訳を見て、やっと納得していた。
日本語訳を読んだのと同じレベルの納得をしないと、自分の中で英文を理解したことにならない。
そう今でも思ってしまっている感がある。

そこなんだろうなって思う。
「理解する」に固執しすぎてしまっている。


先日、日本に帰ってしまう日本人の友人を家に招き、食事をした。
彼は、子供のころにNZに引っ越してきた、日本語も英語もネイティブレベルの人。
さらに、翻訳通訳の仕事をしていたので、英語に関しては、たぶんそこいらのネイティブよりも知識は深いんじゃないかな。
3年前、彼が目の前で同時通訳をしているのを目の当たりにした。
人間業とは思えなかった。
聞いていると同時に翻訳し始め、さらに次の文章を耳に入れて一時的に記憶し、それをまた訳して伝える。

ここ数か月で、やっと、家族が来た時とかにする程度の通訳は僕もできるようになってきた。
僕の感覚だと、通訳ってこんな感じだろうなって。

英語で文章を聞く。

頭の中で言っている意味を「言語」ではなく「イメージ」としてとらえる。

その「イメージ」を日本語で表現する。

逆も基本的には変わらないはず。
でも、同時通訳となると、そのイメージとしてとらえるという部分がほとんどスキップするにもかかわらず、さらに短期の記憶をフルに活用している。
こいつは人間業じゃない・・・。

で、同時通訳ってどんな感覚でやってんの?
って聞いたら
「無心です。その翻訳があっていたかどうかなんて、考える暇はありません。翻訳が終わってから、俺の言ってること合ってたの?っていつも思ってます。」と。
で、すごく興味深かったので、さらに聞いてみた。
「自分を考える脳、と言うよりも、計算機のように、情報を入れたら、変換して表示する媒体のように機能させてるわけ?」って聞いたら。
「えぇ、そんなところです。」としみじみ答えた。

更に「現に日本語に訳して表現した文章をしゃべっているとき、語り手は次の文章をしゃべり始めているわけだよね?
つまり、しゃべりながらそっちも聞いて、記憶して翻訳して表現してるわけじゃん。その記憶はどうやってるの?」

と聞いたら。

「えぇ、無心の中でも、耳は語り手を聞いています。そして、可能な限りうっすらした意識の中で記憶するんです。そして、語り手の語りが少しでも途切れることがあったら、まずその記憶をリフレッシュします。パソコンで言うキャッシュをクリアするような感じでしょうか。」と。
キャッシュと言うのは、インターネット上で、わざわざ同じ背景等を何度もデータとしてダウンロードしなくてもいいように、パソコンがパソコン自体に記憶していく、言ってみれば簡易版記憶システム。つまり、そこで使っている脳の記憶は、そのような反射神経ぐらいに無意識で使われる短期的記憶力なのかなぁって思いました。
僕の携帯電話なんかは、容量が小さい分、定期的にキャッシュをクリアしないと動きが遅くなる。
そう言った構造から考えると、同時通訳は、20分が一コマでやらないと持たないってのは、うなずける。

僕はこれからこの短期的記憶力を「言語のキャッシュ」と呼ぶことにした。

ここで考えてみる。

しゃべっているときのキャッシュと、読んでいるときのキャッシュは、きっと違うと思う。
でも、似通ったコンセプトがそこにはあると思う。

そこでなんとなく気づいたのが、僕の場合は、読むという作業で一番時間がかかるのは「読んだ後に翻訳して自分の気持ちに理解させる行動」なわけだ。
これって、もしかして、いらない作業なんじゃないかな?って思うんです。
とくにIELTSのリーディングのように、時間との勝負の読解問題に取り組むときは、そのキャッシュをフル稼働させ、理解しているかどうかに気をとらわれることなく、集中して、自分を媒体のように見立てて、ひたすら問題を解けばいいのかなって思ったりする。

僕も、数学の先生を長くしていると、特に中学校1年生の数学の授業ばっかりしているときは、どうしても四則演算を繰り返させる。そうすると、自分も計算をするので、計算がすごく速くなる。急いでいるときだと、頭で考えないで、心を無にして手が計算してくれる、と言った感覚に陥る。
これをリーディングでもやるってことだろうな。

結局、僕も今無心で計算をするだけの十分な集中力はない。
その集中力をつけるには、方法はただ一つ、継続してひたすら計算するしかない。

リーディングスピードを向上させるのも、ひたすら無心に近づけるよう、読む練習をするしかないんだろうね。

これからは、言語のキャッシュ、ここを意識して英語の本を読んでいこうと思います。


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
トップへ | 

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム