2016年03月の記事一覧

03/25

今週から、数学の補助教員として、NZの現地の学校に勤め始めました。

NZに引っ越してきてから、4年半弱最初はとてつもなく遠いところにある目標でした。
移住して1年以上経っても、英語で数学を教えている自分の姿を想像することすら難しかった。
移住して2年して、IELTSのテスト勉強を始めた。
そして、4年たった今でも、必要としている結果は得てはいない。
高額なIELTSを何度も受け、それでも結果が出ないので、何度も何度も「あきらめた方がいいのかなぁ・・・?」とつぶやきながらベッドに倒れこみました(笑)

移住してからすぐに、嫁さんがフルタイムで働きはじめ、二年目から僕が夕方から補習校でパートタイムで働いていましたが、、娘が昨年の11月に産まれたので、嫁さんはしばらく仕事をお休み、僕がフルタイムで働く番になりました。なので、娘がおなかの中で安定期を迎えた地点で、補習校でのお仕事は、今年度までにしようと決めていました。
そして、実は、子育てが少し落ち着き始めた年明けから、就職活動を始めていました。

補助教員を募集しているいろいろな学校に履歴書を添付したメールを送り続けました。
履歴書を手にもって、実際に飛び込みで売り込みもしました。

でも、実際にどこの誰かもわからない外国人を簡単に学校の教育活動に参加させるわけにはいかないんだよね。
そりゃそうだ。
表向きは「伝えておきます!」と言われるが、基本的にそこから連絡はない。
だから、具体的に「人事の担当の人とお話しさせてください」と言って、何とか話は聞いてもらえるとこまでたどり着いたりもしたが、そこから進展はなかった。

でも、僕が働き始めないと、生活ができない。家族を支えることができない。
焦りだけが募り始めた時に、親戚の伝手で、養護学校で臨時の補助教員として雇ってもらえることができた。
やりがいもあり、フルパワーで仕事ができ、学ぶこともすごく多い。

教育現場で働けることは今までとは少し畑が違えど、僕にとっては幸せだし、お仕事がもらえるだけでもうれしい。
でも、欲を言えば、数学を教えたい・・・。

補助教員の登録を済ませても、教員が足りなくなった時の補助として入るだけなので、それでは生活が安定しない。
就職活動は続きました。
ある日、オークランドのとある学校を2校回り「それならe-mailで連絡してきて」と突っ返されて、帰りの車の中で、「次はどーすっかなぁ?」なんて考えていました。
同じ方法でがむしゃらに行っても、同じ繰り返しだろう。
分析をして就職活動のやり方自体を考え直した方がいいと。
一番強いのはコネ。
しかも、一番いいコネは、自分の働いている姿を見たことがある人・・・そんなコネがあるなら、こんな苦労はしてないよね(笑)
・・・あった!俺、コネあった!13年前にワーホリでNZに来ていた時に、とある高校で日本語教師のアシスタントをボランティアでしていたんだ。

あの時の先生何してんのかな?もしかして、仕事の探し方とか教えてくれるかなぁ?
なんて思って、家に帰ってすぐにあの先生の名前を調べました。
実は名前もはっきり覚えておらず、昔やり取りしていたe-mailの履歴を引っ張り出して、やっと名前がわかりました。
で、e-mailを送ったけど、もちろん10年前のアドレスだから、もう存在していない・・・。
今度はググってみた。
なんと!その先生がオークランドにあるIntermediate(日本で言う中学校かな?)の校長先生になってることが判明!!!
迷わずメールしました。
「僕のこと覚えていますか?昔、あなたの日本語の授業で、ボランティアとして働いていたものです。」
と書き出して、自分の状況を伝えた。
そして「仕事くれとは言いませんが、仕事の見つけ方を教えてください」と聞いたら、すぐに返信が来た。

「今、急きょ数学の授業での補助教員探しているところなんです!もしよかったら一度面接に来ませんか?」と。
面接にいき、小一時間程度の質問に答え、気に入ってもらえたようで、即採用になりました。
質問の内容は、普通に考えたら答えるのが難しいのかもしれないけど、自分の経験から、そして、IELTSで鍛えた即答する技術で、何の問題なく答えられました。
お仕事は火曜日から金曜日の週4日間だけだけど、とにかく、数学の先生に一歩近づくことができてうれしかった。

そんなとき、臨時で呼ばれて働いていた養護学校の校長から、週5日で働かないか?とオファーが届きました。
しかし、数学の教員になりたいんだということで、月曜日だけ、もしよければ働かせてください、と伝えました。

そして、ついに今週からお仕事が始まりました。
長年目標にしていたところにすごく近い場所に立つことができる。
そう思うと、緊張でよく寝れなかったです。
一番不安だったのが、やはり英語。
実際に教えてみないと、本当に自分が英語で教えられるのかがわからない。
こればっかしはやってみないことには何とも言えない。
学校への車の中も、実は不安でいっぱいでした(笑)
知らない単語があったり、文章問題を教えるときに、読解スピード遅さが気になったりはしましたが、トータルで見たら、全く問題なく授業ができ、生徒も楽しんでいたようです。

緊張ばかりしていて終わってしまった今週3日間のお仕事。
これからが腕の見せ所。
イースターホリデーでしっかり休んで、ホリデー明けたらフルパワーで仕事しようと思います!

ということで、英語圏で仕事をしようと思っている人。
僕は嫁さんがネイティブスピーカーなので、そういった面もメリットにはなりましたが、引っ越して4年したら、授業ができる英語力が身に付きました。
無理だと思っても、あきらめなきゃ何とかなるもんなんですね!
これから、チャレンジしよう!と思っている人!
きっとできます!ポイントは、頑張りすぎないこと。
でも継続することです!
頑張りすぎずに頑張ってください♪


ちなみに、先週末卒業式があったオークランド補習校。
僕も昨日、オークランド補習校でのお仕事から卒業しました。
補習校では、様々な貴重な体験と、大切な出会いがあり、とっても勉強になったし、楽しかった。
先生方は熱心で、子供は子供らしく明るくかわいかった。
娘は補習校にこれからも通い続けるので、本当にさよならをするわけではありませんが、少しさびしさもあります。

最後に一言つぶやこうと思うのですが、最近のオークランド補習校は、授業だけでなく、すべての面で質が向上しています。
私は、教育の専門家なので、いい加減なことは言いません。
かなりレベルの高い授業や学級運営が行われています。
お子さんに日本語を学ばせる、または忘れずにいさせるには、最高の場所だと思います。
興味のある方は、一度、見に行かれるといいと思います。


では!よいイースターホリデーを!


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

トップへ | 

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム