2016年10月の記事一覧

10/22

ここ1か月以上、暇を見つけてはIELTSの勉強をしてきました。
とは言っても、やっていることは、今まで習ったことの復習で、特にこれと言って新しい取り組みをしたということはありません。

もう、IELTSに必要な技術は大体頭に入っているので、それをうまく使いこなせるようになる練習をしていました。
さすがに、英会話学校でIELTSのコースを何度もとったり、プライベートのチューターをつけたり、日本の問題集もたくさん読み込んだ。去年一昨年の二年間でこれでもかってほどIELTS対策は練っていたのでね、復習だけで十分かと。

問題は、知識はあるが、語彙と読解スピードが追い付いていなかったことが、一番の敗因だったんだろうと思う。

今回受けてみた感想ですが・・・ちょっとやってしまった感がありました。
特にREADING。
READINGは、普通Part1 Part2 Part3の順番で難しくなってくるので、読むのが遅い僕の対策としては、Part1 Part2に時間をかけ、そのパートで満点近くとって、最後の難しいパートは半分ぐらい取る。そうすれば、目標スコアに満ちるという算段なんです。
そして、練習でもそれでうまくいくことが多かったので、今回も同じ方法で挑みました。
そしたらびっくり、一番簡単なはずナPart1が、とんでもなく難しいんです。
内容は、「環境問題とマーケティング」的な内容でした。
1年ぶりの受験なので、正直「俺が受けない1年の間に、IELTSってこんなに難しくなっちまったのか・・・Part1でこの難易度では、Part2と3は今の俺では太刀打ちできない・・・。」と正直すごく焦りながら問題を解いていました。
Part1には、いつも20分かけているところ、今日は28分かけてしまった。
本当は、粘らずにわからない問題は切り捨てるべきだったのでしょうが、ここで一番簡単であるはずのこの問題を切り捨てたら、その先はもっと大変で、もっと混乱してしまう・・・そんなこと考えたので、粘りました。

そして、何とか解き終え、次に向かうと・・・「なんだこりゃ!?簡単じゃねぇか!」。
そうなんです、IELTSの難易度が高くなったわけではなく、一番後に出てくるはずの難しい問題が一番前に来ていたんです。
焦りながらも、問題はすらすらとけるので、冷静さを少し取り戻した。
内容は原始人ついて、みたいな感じの記事です。
興味深かった。時間があったら、もう少しじっくり読みたいなぁ、と思える内容でした。
でも、それでも18分ぐらいかかってしまい、最後の文章に仕えた時間はわずか13分半・・・くそう・・・って思いながら先に進む。

最初の文章を読み始めて驚愕した。
「これも簡単じゃねぇか!!!やられた!はめられた!」
手話について、言語学的に述べている文章でした。
これも正直面白かったのだが、残念ながら、じっくり読む時間などみじんもなく、残念ながらサラサラ読み進めて終わりました。
いくら簡単なテストでも、最後はTRUE、FALSE、NOT GIVENという、解くのに時間がどうしてもかかる問題が、なんと14問中7問もあった・・・。
仕方なく、そこは適当に書くしかなかった。
前半の7問はたぶんあっているとは思うのだが・・・完全にやってしまった。

IELTS,相変わらずだな・・・といったところです。
完全に作戦が失敗した感じになってしまいました。

他にも一生懸命取り組んだWritingなのですが、これについては、何とも言えない。
今回の出来でダメだったら、今の僕には少し厳しいなっていうのが感想です。
前回受けた時よりも、語彙力は確実に向上しているし、今回は特に、議題に正対している文章になるようにしっかりまとめました。
でも、僕の語彙力はまだ6.0か6.5どまりだと思うので、自信のある文章構成力で点数が取れることを祈っているところです。

さて、僕はもうスピーキングとリスニングは目標点に達しているので、気にする必要はないのですが、IELTSの受験を志している方のために、感想だけでも書こうかと思います。
スピーキングは、今回は他の科目の受験日の前日の金曜日に受験しました。
内容が「Talk about weddings」で、かなり苦戦しました。
正直、俺、そんなことどーでもいいんですけど!って何度も言いたくなるような質問をされ・・・。
まぁ、完敗ですよ(笑)
そのほかに気になったのが、雑音。
隣の教室で大音量で音楽を流しているのが聞こえている中でのスピーキングテスト。
これはどうなの?って思いながらのインタビューでした。
385ドルも払っているのだから、そういったところはちゃんとしてほしいです。
クレームつけたら「レコードとしてそれは残っているだろうから、大丈夫。考慮されるよ。」と笑顔で試験管にかわされ終了。
スピーキングはもう気にしなくてもいいので、それ以上クレームをつけるのはやめました。
予想は6.5かなぁ・・・途中、雑音で質問が何だったか分からず、聞き返したりしたし、Weddingのこと聞かれて戸惑ったし(笑)

リスニングなのですが・・・難しいですね。
たぶん僕、今回6.0ぐらいだと思います。
すべてにトリッキーな罠が仕掛けられていて、単純な会話ではない。
「こんなに難しかったかなぁ・・・。」って思いました。
実際、あんなに複雑なことを立て続けに聞き分けなければならない状況は、世の中では発生しません。
また、日本語で言われても、微妙に聞き逃しそうなトリッキーな会話の進み方。
これについては、本当にリスニングの力がこれで測れるの?って疑問に思うほど、異常な難易度でした。


総括して、writingもReadingも、十分に戦えるだけの力はついているんだなぁ、って思いました。
失敗はしたし、焦りもしたけど、去年のようにパニックは起こさなかったし、冷静に「ん?こんなもんか。」ってところでした。
自分で勉強するだけで、もうIELTSは十分だな、というのが自分の感想です。

結果は、鬱になるような結果じゃない限り、お伝えしますね。




↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

intensive week

カテゴリ:暮らし

10/16

来週の土曜日にIELTSのテスト。
その次の週の日曜日にマラソン。

暇があったら勉強したり運動したりしなければならない状況に嫌気は指すものの、四の五の言っていられない状況なので、時間を作っては勉強し、友達に誘ってもらっては走り。

マラソンを申し込んでから、受験を意識して勉強をし始めてから、常にどこかで「運動しなければ・勉強しなければ」という気持ちとの会話が続いていた。
勉強すること、走ること自体よりも、その気持ちとの葛藤が一番嫌いだった。

長く勉強が続けられるように、仕事での昼休みは必ず英語の勉強をしていた。

ホリデー中にヘルニアの症状が出てからは、短めの距離での調整が続き、不安が募る。

自分で決めたこと。
できたりできなかったりする練習と勉強だけど、こまめに時間を見つけてこれらに取り組んできたことは事実。
ランニングについては、できれば今日か明日に25kmぐらいを走っておきたいが・・・。
IELTSの勉強は、READINGはそこそこコンスタントに結果がついてきている。
あとはWritingの調整を1週間続けていけば、今持てる力を出し切ることができるんじゃないかと思っている。


ここ1週間、勉強も走ることも両立できている。
そして子育てと仕事とプライベートレッスンと。

書いているだけで胃が重くなる、そんな数か月だった。
この一週間を乗り切って、あとはマラソン楽しもう。

がんばれ俺!



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

10/04

IELTSの他にも選択肢があるということが分かった。

その名はISLPR。
これが、ブリスベンでしか受けられないテストらしい。
このテストは、より実践に近い形で英語力が問われるようです。
今日、スカイプでのレッスンを受けたのですが、想像していたよりはいいレッスンだった。

このテストの利点は、テストを運営している人たちがレッスンをすること。
だから、テストにもろに出るところや、テストはどういうところを評価しようとしているのかを教えてもらえるのが大きい。
IELTSの勉強をしていて、いろんな学校のいろんな講師と出会いましたが、割と言っていることが細かいところでバラバラだったりする。
でも、このテストの場合は、テスト監督とか採点とかしている人が教えてくれるので、そういったところは間違いない。

そして、IELTSよりもより実践に近い形でテストが用意される。
実はこれ、すでに教育現場で働いている僕からするとかなり有利なんじゃないかと思っている。
数学用語や教育者だけしか使わないような用語は、この半年でかなり学んだし。
Readingもある程度自分のペースで読んで答えるみたいだし。

ただ、スカイプでの授業だけに、ものが見えなかったり、実際の様子が想像できない。
それがデメリットかな。

エッセーライティングを4つほど見てもらったのですが、そこまでぼろくそではなかった。
あと数回レッスンを受ければ、本番いけるかも?という期待すら感じた。
しかし、しっかり見定めなければならない。
なんって言っても、飛行機でオーストラリアに行かなきゃならないんでね・・・(^^;)

でも、もし今月に受けるIELTSの結果が芳しくなかったら、このテストに変えてもいいかなぁって思っている。
IELTSはテスト自体が385ドル。
そこに授業をとったりすると、2倍にも3倍にも膨れ上がるからね。

今日話した感覚では、合格までそんなに遠くないような感覚だったので。

とりあえずIELTSのテストまでは、このまま集中して勉強を続け、それが終わってから考えよう。

もし、これの読者でISLPRを受験したことがある人がいましたら、ぜひ連絡ください。



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

10/02

先週、嫁さんの実家に行って、携帯を見てみると、電波が入らない。
電波が入らないどころか、WIFIすら接続できない・・・。
車で運転しているときは、普通にGoogle mapに接続できていたのに・・・。

と何度も試行錯誤して直そうと試みたのだが・・・残念ながらファクトリーリセットの出番のようだ。
全部データが消えるが、必要なデータは基本的にSDカードに入っているので、アプリをダウンロードしなおす程度の代償で済むはずだと。

思い切ってリフレッシュをかけてみる。
画面が真っ暗になり、アンドロイドのロボットが出てきて「作業中」って言い始めた。

そこから5分待っても、まだ作業中。

30分たってもまだ作業中。


結局1週間作業中(笑)

あきらめて電話屋さんに持っていったら、故障の場合、あなたに故障の責任があるとメーカーが判断したら、その地点で89ドルかかります。で、そこから部品代がかかります。最悪は、89ドル払って、修復不可能という場合すらあります。
逆に、メーカー側の責任だとしたら、無料で中身が交換されて戻ってきます。

と・・・。


1年半前に150ドルで買った携帯に、89ドルかけるのもなぁ・・・。
最近携帯の処理落ちも激しかったし、ここらで買い替えるかなぁ。

と、家に帰り、来週末受けようと思っていたIELTSの申し込みを早速済ませようとネットで会場を調べたら・・・どこも満席(汗)
浅はかだった・・・簡単にいつでも受けられると思っていた・・・。


仕方なく、10月22日の受験に切り替えることに。

そんなこんなでネットサーフィンをしていたら、NZの大手電気屋さんのNoel Leemingがでっかいセールを近所でやっていることに気づく。
携帯を見に行く。
今まで使っていたものよりもずっとよさそうな携帯が、266ドルで売っている・・・。
う~ん、予算おーばー。
200ドルぐらいまでって思っていたんだけど・・・。
と、とりあえず、ほかにもいろんな家電を見て一旦帰宅。

ネットで調べると、大体家電量販店で同じ品物を買おうとすると398ドルぐらいする。
・・・かなりお買い得ではある。
悩んだ結果、買おうという結論に。
で、ネットでクーポン探してみたら、10ドルOFFのクーポン発見。
プリントアウトして、今日、またそのバーゲンセールに行った。
よく見たら、19ドル分の通話料も込みの値段だったし、10ドルOFFの券もあるし。

ということで、新しい携帯買いました。
HUAWEI GR5 ってやつ。
とくにこれでゲームをするわけではないので、今のところ快適です。


IELTSまで、まだ3週間ある。
ここ数日、いい勉強ができているし、新しい携帯と、新しい日程で、新しい環境を引き寄せたいと思います!




ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。









トップへ | 

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム