2017年05月の記事一覧

お別れの挨拶。

カテゴリ:教員

05/31

明日で今の学校はお勤め最後。
そして今日は、全校集会でお別れの挨拶をしました。

全校集会の前に、マオリの先生のクラスでShared lunch、そしてお別れの挨拶をそこでもしました。
やっぱりこのマオリの先生は暖かいし熱い。労を惜しまず人に尽くす、本当に尊敬できる先生。
いい出会いに感謝です。

小さなクラス用と全校生徒用で、言うことを変えたいので、全校生徒用のスピーチ内容に触れない形で話をしました。

この学校でたくさん学んだし、たくさん成長した。
ここで働き始めたときには、生徒たちの前で英語でスピーチするなんて、緊張してまともにできていなかっただろうけど、今日は全く緊張しなかった。

自分でいうのも何ですが、僕、この学校で、すごい人気者なんです。
だから「なんでいなくなっちゃうの?」とたくさんの生徒から言われた。
小さなクラス用のスピーチは、それの答えになるようにしゃべった。
「自分の情熱に突き動かされて今まで生きてきた。その情熱が消えそうになっていることに気づいた。だから、子供たちは好きだけど、もうここにはいられないと判断した。」と。
さすがにこれを語ったときは、結構目頭が熱くなった。

そしてもう一つ
「ハイスクールの数学は、今までの算数とは全く違って、もっと面白いんだ。だから、今、数学を嫌いと決めずに、いつかは面白くなると信じて、今の基礎的な算数をちゃんと学ぼう。」と。

情熱は失われ始めたが、やっぱり楽しく充実した日々もここにあったのは事実なんだよなぁ。

全校集会でのスピーチですが、同じ日にお別れの挨拶をする先生が先に挨拶。
彼女は、僕より若いのに、とある特別支援学校の副校長になるために退職。
頭のいいコンピューターを巧みに操る先生でした。

彼女のスピーチが終わり、僕の出番です。

「僕は、クラスで計算が一番遅い生徒でした。でも、今は数学の先生です。実は、計算が遅いから、計算をできるだけ省いて解く方法を見つけることが僕は上手かったんです。計算が遅かったから、数学ができるようになったんです。 僕は、中学生のころ、英語の先生に『英語なんて人生で必要ないのに何で学ぶの?』と言っていました。そして今、英語でスピーチしています。 最初はいやだと思っても、無理だと思っても、実はそうでもなかったりすることが人生には多いです。なので、今数学が嫌いと決めるには時期が早すぎるんだよね。」というくだりから、熱い格言みたいなものにつなげていく予定だったのですが、完全にその熱い格言が頭から抜けてしまい・・・。

「何が言いたかったかというとね・・・わすれちゃったんだ(笑)」

そんな感じで、そのあともちょっとユーモアを交えて「また会おう」とあいさつし、生徒たちが最終的にはドカドカ笑って終了。

我ながら、いいスピーチだったと思います。
えぇ、英語はグダグダだし、何が言いたかったか忘れたけど、スピーチ全体としてはよかったかなと(笑)

人生初の、ネイティブスピーカー数百人の目の前でのスピーチとしては、上出来だったかな。

これですっきりさっぱり切り替えて、次の学校に打ち込めそうです。
明日は最後の一日、ゆっくり楽しみたいと思います。

では!


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

05/30

今勤めている学校は、明後日でおしまい。
なのに、先週の水曜日の午後から、風邪で撃沈。
日本人なのでね、風邪でも薬で押さえて何とか・・・なんてレベルじゃなかった。

頭は痛いし、体はだるいし、のどは激痛。
とにかくイライラが止まらない。

水曜日の午後から土曜日にかけて、1日15時間ぐらい寝てた(笑)
マヌカハニーを目が覚めるごとに舐め、食欲がある時に、できるだけ何でもほおばり、水をがぶ飲み。
布団に入って、異常な量の汗をかく。
これは自分が子供の時にやっていた、風邪の治し方。
久々にやりましたよ。
普通なら、2日ぐらいすれば治るんだけど、今回は4日間かかりました。
その間の個人レッスンもキャンセルになり、風邪だけでなく経済的な打撃も・・・。

ここ2年以上、ずっとマラソンのトレーニングをしていたおかげで、その間は風邪とは無縁だっただけに「風邪ってこんなきついのかよ・・・」って正直辟易しましたが、何とか今日、授業ができるだけの元気が出てきました。

まだ鼻は出るし、咳も止まらない。
まだまだ風邪が完全には抜けきってません。
NZにお住いの皆さん、最近はやっている風邪、かなり厄介です。
予防を心がけましょう!


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

05/27

もう少ししたら、タイトルを変えようと思います。

NZに移り住んできたときは、自分が子育てと家事をこなしていたのですが、今は家事は分担制(でも、なぜか僕の守備範囲の方が広いけど笑)。
特に最近は子育てには嫁さんの方が多くかかわっているので。

それと、なんでも深く考える日本特有だと思うんだけど「イクメン」という言葉自体がよくないという風潮にあるのも一つ。

で、ブログをはじめて5年ほどたちますが、ここで思い切ってタイトルを一新したいと思います。
タイトルは、乞うご期待!



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

05/23

久々に英語についての記事を書いてみようと思います。

僕が教育現場で働いていて、よく使う表現です。

例えば、目の前に泣いている生徒がいたとしたら、あなたはどんな声掛けをしますか?

基本的なのが

Are you OK?
大丈夫?
ですよね。

ただ、相手が十代だと、色んな涙があります。
大きく分類すると「声をかけてもらいたい泣き方」と「ほっといてもらいたい泣き方」です。
それを最初に判断するには、とってもいいフレーズですよね。

Are you OK?
の後に
「声をかけてもらいたい泣き方」と判断した場合は
What happened?
Is there anything I can do for you?
何があったの?何かできることある?
とたたみかけるように優しい声で声をかけをします。

そうすると、大体泣いている原因を話してくるので、そこで

I understand what you feel.
It's hard aye.
わかるよ、気持ち。
つらいよね。

「aye」は「だよね」と言った感じです。
そして最後に

Do you want me to do something for you?
何か僕にしてほしいことある?

と聞くと、ほとんどの場合首を横に振るでしょう。
そしたら、

Hope I can see your smile soon.
すぐに笑顔になれるといいね。

と言って、微笑んでその場を静かに去りましょう。


続いて「ほっといてほしい泣き方」への対応です。

Are you OK?

の後に、露骨に避けようとするしぐさが見られたら、危険サインです。
深入りをすると、逆に嫌われるかもしれません。
ただ、そのまま黙っていなくなるのも何ですよね。

そういう時は

Do you need help?
If you need my help, just tell me anytime, OK?

助けは必要かい?
僕に何かしてほしかったらいつでも言ってね。

と言って、その場を去りましょう。



ここで今日の英語の話は終わります。
文法的に間違っている文を書いているかもしれませんが、僕は翻訳者ではないのであしからず。
僕が英語の記事を書くときは、教育者なので、教育現場や、普段の生活で使われる会話を扱っていこうかなと。
特に英会話ではあまり習わないけど、こういう時にどう声かけていいかわからない・・・といった場面での英語を紹介していこうかと思います。

次は、感じの悪い十代の子に出くわした場合の対処法について書いてみようかなぁ(笑)



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

気持ちの持ち方

カテゴリ:哲学

05/22

前回のブログで、プロテインが大切だと話はしていたのですが、実はその後もあまり気持ちが上向かない時間が続き、ついにちょっと鬱っぽくなってしまっていました。

こうなってしまうと、ベッドから出るのが億劫になったり、散らかった部屋を見るたびにイライラしたり。

上の娘が補習校に通っている間に、下の娘と嫁さんとカフェに出かけた時なんです。
ふと、自分が不平不満ばかりを募らせていたことに気づいたんです。
細かく書くことは避けますが、とにかく仕事でのストレスからくる不平不満が爆発している状態でした。

ふと「あれ?俺、不満ばっかり募らせて、感謝してねぇ。」って気づいたら、心がすごく軽くなりました。

そうなんですよね。
世の中、特に重い意味付けなんていらなくて、自分が納得していない仕事でも、もう数日でいなくなる学校の仕事に不満を抱えたところで仕方ないこと。それに、今の学校だってみんな自分なりに一生懸命働いている。
それでいいじゃないか。
今は、英語環境での教育現場で働くきっかけを作ってくれたこと自体に感謝すべきだろう。
ここですごく英語が上達したし、本当にたくさん経験させてもらった。
日本語の授業をしたり、数学を英語で教える技術も学んだ。
発達障害をもつ生徒との接し方もたくさん学べた。
僕は、教育者として、一回りも二回りもここで成長させてもらった。

感謝して、次のステップに進もう。
そう決めた瞬間に、心が明るくなった。

U-20日本代表、久保建英が決勝点のアシスト。
エイバルの乾がばロセロな相手に2ゴール。
ミランの本田圭佑が、FKでゴール!

目に入るニュースは、気になっていたサッカー選手の大躍進。

自分の心が明るくなると、色んなニュースが明るくとらえられる。
あぁ、気づいてよかった。



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

05/19

今日は一日すごくイライラしていた。
娘が口内ヘルペスのため、昨日今日と仕事を休んで看病していたのですが、今日はだいぶ具合もいいので、買い物行くことにした。

スーパーやジャパンマートで
「私には何を買ってくれるの?」
「何を買おうとしているの?」
「ねぇ、もう行こうよ!」
とずーっとぐずりながら話しかけてくる。
おかげで集中できない。

さらに、押しているトローリーにぶら下がったり、揺らしたり、買い物の邪魔以外の何物でもない。
しまいには、スカートをキャスターに絡ませて、破いてしまい号泣するというお約束の展開。

娘たちは今、育ちざかりなので、体を作る食べ物の買い物には値段よりも質にこだわりたい。
一生懸命に原料のラベルをチェックしているときに、ぐずぐずされると、かなりイラっと来る。

普段は無視できるのに、今日は「うっせぇな!」ってぼそっと言ってしまった。
これは僕にはものすごく珍しいことなんで、自分でも『あ、俺なんかイライラしてるな、今日。』
と自分で自分に警戒信号を出しながらも、なかなかイライラが止まらない・・・。

気分を変えるために、家につき次第30分ほど寝てみたが、全く変わりなし。

仕方ないので、昼ごはんは気分を変えて、Wendy'sで外食!
と思ったら、そこで接客していたマネージャーの態度がどうしようもないぐらい悪くて、イライラ倍増。

早く注文しろよ!っていう顔つきでこっちを睨みつけてくる。
ハンバーガーセットを頼んだとき「飲み物はコーラでいいですか?」と聞かれ
「今日はコーラは飲みたくないので、L&Pをください」って言ったのに、なぜか会計の時に注文を確認したら、思いっきりコーラって書いてあった。
「コーラじゃなくて、L&Pにしてくれますか?」って言ったら、レジを打ちなおしているときに大きなため息をつきやがった!
「さっき言ったでしょ、コーラは飲みたくないからL&Pにしてって!」と強めににらみを利かせながら言ってから、少し態度を改めたが、もう腹が立って仕方がなかった。

家に帰り、夕飯を作ったり、洗濯物を取り込んでたたんだりしながら、このイライラの原因がやっとはっきりした。

このイライラの原因は、最近仕事のストレスが限界に達しているから・・・ではなく、そのストレスを解消するために、2日前に10km走ったことによる筋肉痛と疲労感からだということに気づいた。
急いでプロテインを牛乳にとかして飲んで、1時間後、嘘みたいにイライラが消えていた(笑)
自分でいうのも何ですが、いつもはこんなにも優しい父ちゃんなんだな、僕は、って思えるぐらいの差です(笑)

反省
運動でストレス解消をしたら、必ずプロテインを飲もう!


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

05/18

『恥をかいた分だけ言語は上達する。』
僕の新聞記者をしている友達が、ロシア語を学んでいるときに言っていたことです。
彼はその後ものすごいスピードでロシア語を身に付け、ロシアで新聞記者として仕事をしていた。

僕も彼の言っていることは正しいと思う。

最初にどうしようもないほどの冷や汗をかいたのは、カナダのトロント空港での出来事。
大学4年生の時に、1か月カナダのいとこのところにお邪魔させてもらった時の話です。
いとこ家族にすごくよくしてもらい、楽しいカナダの生活を送って、いざ日本に帰る時の空港で、いとこが送りに来てくれて、最後にサヨナラしてからカスタムを通る時のお話です。
関税を通過できなかった。
理由は「携帯電話の電池が切れていた」から。
僕は英語が全くしゃべれずに、一生懸命相手が言っていることを理解しようと電子辞書片手に一生懸命理解しようとした。
どうして電源が入らない携帯電話が問題なのかがわからなかった。
捨てるしかないよ!ってしぐさを見せられたり、いろいろ混乱して、最後の手段の「日本語が喋れる人いませんか?」と聞いたが、残念ながら、その日日本語をしゃべる人はどこにもいなかった。

結局、別送にすればいいということがわかり、自分がもっていたバッグに携帯電話を入れ、別送で送った。
機内に持ち込む用のバックを使ったので、ビニール袋で国際線の乗り継ぎとかをする羽目に(苦笑)

でも、日本についてわかったことは、言語において、僕みたいな人間は、やっぱり追い詰められないと、上達しないってこと。
追い詰められたことにより、一生懸命にコミュニケーションをとった。
一生懸命理解しようとしたし、一生懸命伝えようとした。
なんもわからなくて、笑われもした。
何より、度胸がついた。

ここから、恥をかくことが必ずしも悪いこととは限らないことを学んだ。

NZに着いた時も、必死だった。
ホストマザーが言っていることが、全くわからなかったから(笑)
また、キーキーしゃべるタイプのお母さんだったので、僕は怒られていると思い込んでいた。

そんな体験、もう最近はなかったのですが、昨日また起こった。
僕が担当している生徒、元気がまるでなかったので、心配した英語の先生がその生徒を連れ出してお話をしてあげたいから、その間生徒のリーディングを見ててよ!って・・・。

最初、冗談だと思ってたんだけど、どうやら完全にマジ。
・・・汗
無理無理、ネイティブスピーカーによりによって自分が一番苦手な英語のリーディングを教えるなんて絶対無理。
しかし、その落ち込んでいる生徒も、その先生と話すことはすごく重要だし、僕も一応教えるという技術はあるので、全くできないことではないかもしれない。
仕方なく、腹を決めて
「今ね、僕は補助教員だけど、10年以上ちゃんとした数学の先生をやっていたんだ。だから、マネージメントはできる。でもね、知っての通り、僕は日本人で、ネイティブスピーカーではないんだ。だから、一緒に学ぶようになるし、君たちの助けが必要だ。一緒に一生懸命学びましょう!」と言って、生徒と一緒に環境問題についての記事を読み始めた。

生徒が読んでいる記事を逆さの方向から読む力は僕にはない。
仕方ないから、生徒が話し合って読んでいないときに、その記事が書いてある紙を僕の方に引き寄せ、必死に読む(笑)

段落ごとに、メインアイデアを見つけさせ、そのアイデアに関して小さなお話をする。
NZの子供たちは、話し合いがとても得意。
上手にストーリーからあまり脱線しないような形で、ディベートが進められ、僕は生徒の集中力をコントロールしたり、脱線しそうになったら元に戻したり、また、彼らが理解できないコンセプトを、彼らに理解できるように例を与えて説明したりした。

冷や汗もいいとこ。
2個ぐらいわからない単語あったし(苦笑)
久々に必死になりましたよ。

そこで気づいたのですが、読むスピードは確実に上がっていること。
また、必死に教えようと食らいついたので、生徒よりもメインアイデアを見つけるのが速かった事実が、自分に自信を与えてくれた。
そして、その時一緒に学んだ生徒や、途中から僕が教えている姿を実は後ろの方で見ていたその先生から「やっぱり教えるの上手ね!」ってほめられた。

かなり嫌な汗かいたけど、たかが10分15分のことだったけど、やっぱりそのあとの収穫はでかい。

言語と嫌な汗というのは、間違いなくつながっているんだなぁって久々に実感しました。


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

05/14

今日はオークランド補習校の遠足で、動物園に行ってきました。

6歳になってから、娘の知識の多さにたまにびっくりすることがありますが、今日はそんな一面がちらほら。
僕は、あんまり知識をため込んだりしないタイプなので、そんな娘の記憶力がうらやましい。

NZに引っ越してから、年に1回は必ず訪れる動物園、ちょこちょこマイナーチェンジをしながら運営されているので、来るたびに面白い発見があります。

そんな中、今日娘が言っていたのは「象さんの寿命とうんちの回数」という興味深い話。
象さんは、うんちができる回数が一生で決められているようなんです。
なので、うんちが最高回数に近くなると、象さんは自分の死を悟り始めるんだそうです。
日本男児はうんちネタに弱いですね(笑)
非常に興味深かったです。
本当かどうかはよく分からないのですが、娘は真剣でした。
もし、これについてよくご存じの方がいましたら教えてください。

写真をアップしたいのですが・・・携帯がうまく動かず断念。
やっぱりアップルで一式そろえた方が楽なのかなぁ・・・。



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。




日程変更。

カテゴリ:暮らし

05/13

次の学校で働く初日の日が一週間ちょっと後ろにずれてしまった。

今勤めている学校は、すごく先生の入れ替わりが激しい学校で、ここのところでまた数人先生が辞めてしまう関係で、人事の仕事が追い付かなくなってしまっているようです。
そして、規則上も実は辞める2週間前に通知するのではなく、1か月前だったようで、この関係もあり、後ろにずれました。

最初に僕が提示した日程の辞表を、校長は受け取って、その次の日に退職日の変更を提案されたので、強く押し切ればたぶん変更は受け付けないこともできたとは思います。
でも、前回のブログでも書いたように、今の学校の校長先生は僕の友達なので、最後にぶつくさ不満をたれてわだかまりを残すよりも、次の就職先の学校がOKだと言ってくれたので、最終日をずらす提案を受け入れた。

正直少しがっかりしましたが、長い人生、10日ほど出勤日が変わったところで大した違いはないだろう。

しかし・・・カレッジで仕事するの、楽しみだなぁ♪



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

決意が形に。

カテゴリ:暮らし

05/10

先日意味深なそして意味不明なブログを書きましたが、その続きです。

今は、西オークランドにある、とある小さなインターミディエートで補助教員として仕事をしているのですが、今年に入り、特別なケアが必要となる生徒の数が増え、数学の補助教員だった自分まで、つきっきりでその生徒たちの面倒を見ることになって、ほとんど数学を教えることが少なくなってしまった。
自分は、数学を教えていないと、心にエネルギーが注がれない。
そのせいで、3月ごろから、妙に鬱っぽくなる日々が続いていました。
今の学校は僕の友人が校長先生ということもあり、できるだけこの学校の教育活動に貢献したかったのですが、自分の仕事内容は僕の立場からは何も変えられない、このままの状況が続くと、自分の情熱が消えてなくなってしまう。
自分に生きがいを感じさせてくれる教育への情熱が消えてなくなってしまうことだけは絶対に避けたい。
ということで、仕方なく本気で仕事を探すことになった。
それが、この前の決意表明のブログの記事の本当のところです。

前に一緒に数学を教えていた先生が、今年からとあるカレッジで働いているので、その学校に補助教員が必要なのかどうかを、その先生を通じて調べてもらった。
その先生は、素晴らしい授業をする先生で、僕が尊敬する数学の先生です。
その先生が「この学校は素晴らしいよ!先生方をしっかり学校がサポートしてくれるし、純粋に教育活動に没頭できる。もし空きがあったら、絶対来た方がいいよ!」と言ってくれた。
で、先週の頭に彼女から電話があり、どうやら、補助教員のポストが空いているという連絡を受けた。
なので、e-mailに履歴書をつけて送ってみた。

そして、先週の金曜日の夕方、18か月の娘を抱いていたら、知らない番号から電話がかかってきた。
「うちで補助教員として働きながら、上手くいったら、仮免許を発行して、うちで教員として働くってのはどうですか?」と。
・・・?
自分は補助教員に応募したのに、数学の教員のオファーをにおわせた電話が来たことで、頭がちょっと混乱していた。
とにかく、今週の月曜日に面接をしようという話になった。

そして、その学校に行ってみたら・・・でけぇ!!!
まるで大学のキャンパス・・・。
素敵なヨーロッパ調のデザインの校舎の中を案内され面接。
もう、ドキドキですよ。こんなとこで働けんの!?って思っただけでニヤニヤしたくなるぐらい。
心は「何としてもここで働きたい!」って焦りはじめていた。

で、人事の人と面接の後は、数学科の主任と、副校長と面接。
数学がわかっている人と話すと、ちょっとほっとする。
僕の教えたい数学と、彼らの教えたい数学が同じものであることが、一瞬でわかった。
日本でもそうなのですが、数学の先生同士にしかない波長みたいなものがあり、話せば話すほど簡単に打ち解けることができた。
そのあと、このポジションを紹介してくれた例の先生のところへ行き、そこでその先生が数学科の校舎の案内をしてくれた。

そこにはショッピングモールのような数学を教えるだけだけに存在する棟があるんです。
そして、そこには数学の先生たちだけのための職員室がある。
熱い!これは熱い!
この職員室には、僕のような数学が好きな人間がわんさかいるのか!
これは熱すぎる!!!
何としてもここで働きたい!!!

でも、昨日一日返事がなく、今朝はかなりへこんでいました。
「やっぱり、あんなところで働けるわけないよな。夢のまた夢なんだぜ・・・。」
今勤めている学校に着くと、胃が重くて重くて、笑顔も作れるわけもなく、ひたすらまじめに特定の生徒の面倒を見ていました。
その生徒も機嫌が悪かったみたいで、かなり落ち着かない様子だった。
「やはり俺には、もう数学を教えることはできないのかもしれない・・・。」

まぁそんな言葉が頭の中に響き渡っていた。

でも、昼休みに電話があり「あなたをぜひ採用したいです。オファーを受けていただけますか?」と。
「もちろん!お願いします!」と言って電話を切って、一瞬笑顔になるも、この後に友人である校長先生に辞表を届けに行かなければならない重い現実のため、すぐに笑顔が消える(笑)
補助教員で、実際に過去にバリバリ教員として働いていた人、ましてやまだまだ現役バリバリの年齢の男性なんて、見つかるはずがない。自分でいうのも何だけど、彼女にとって、僕がどれだけ頼りになる存在かどうかは、自分でもわかっていただけに、それだけに昼飯がのどを通らないぐらい憂鬱になった。

仕事が終わってから、ある先生にお願いしてPCを借りて、辞表を書いてプリントアウトして、サインして・・・。
校長室に向かい、辞表を提出しました。
お互い涙目になりながら、お別れの挨拶をして・・・とはいえ、規則により退職は2週間後ですが。

ということで、とあるカレッジ(日本で言うと中学高学年から高校に当たりますね)で、今月末から働くことになりました!

まだまだ正規の教員ではありませんが、新たな環境での仕事、すっごく楽しみです!
また全力で学びに行きます!
僕、欲張りなんで、まだまだガンガン成長して行こうと思います♪


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

急展開。

カテゴリ:暮らし

05/05

思いもしなかった展開があって、頭の中が混乱しています。

良い方向の展開なので、僕としてはハッピーに感じるべきなのでしょうが、正直あまりにも急な展開で、頭の中がぐるぐる回っています。

数年に1度あるんですよね。
僕の人生にはこういうことが。

具体的にこの話が確かなものになったときに、ここに公表しますが、神様は見ていてくれるんだなぁって感じます。
気持ちを落ち着かせるために、意味不明なブログになってしまいました。
来週には、この展開が公表できる形に落ち着くと思うので、乞うご期待!


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

05/03

最近、数学を教えていない。
ずっと特定の生徒に付き添ってばかりいる。
その代わり、普通の教員ではできない体験をさせてもらっている。

生徒のプライバシーの問題もあるので、ここで何を学んでいるかの表現は避けておくが、やはり、数学を教えたい。
管理職が新しい人を本気で見つけてくれないと、自分はずっと数学を教えることができないまま時間だけが過ぎていく。

僕は、やっぱり数学の先生なんですよね。
この状況から脱出するために、また新たな一歩を踏み出そうと決めました。

簡単に言うと、職場を変えようという決意なのですが、まぁ雇ってくれるところがない限りは動けない。

年始に頑張って就職活動したときは、面接すらしてもらえなかった。
でも、何とかある高校でインタビューまでこぎつけることができそうな話しが舞い込んできた。
ここにかけて頑張って環境を変えたいと思います。

この職業は、どうしても生徒との断腸の思いの惜別があるのがきつい。
特に、卒業まで見守れないってのはきついんだけど・・・自分には自分の取るべき道があり、自分の力が最大限に生かされる場を選んでいかないとならない。
自分の技術を磨くためにも、やっぱり高校かなと。

頑張れ俺!

そして、もし仕事が取れて、その仕事に慣れ始めたら、またIELTSを受けようと思います(笑)
いい加減正規の教員にならなきゃね(^^;)

では、決意表明でした。


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

05/01

数年前に壊れたマックブックプロ、ここのところで修理に出しました。

「バッテリーの故障」が原因だったらしく、300ドル弱で修復可能。
ということで頼んだのですが・・・いざ部品を交換した後、それがバッテリーではなく、ロジックボードの故障だということが判明したらしく、残念ながら修理に1000ドル近くかかることが判明。
それなら新しいの買った方がいい。

しかし、実は、300ドルで直るって報告があったときに、増設するためのメモリーを買ってしまった。

Trademeやe-bayで、ロジックボードやマックブックの値段を調べるも・・・全部大体600ドルぐらいかかる。

ということで、決心しました。
どのみち壊れてるんで、ロジックボードを取り出して、オーブンで焼きます!
オーブンで焼いて直ったという記事がネット上で多いので、やってみますよ!
今週末(たぶん)に実施しようと思っています。

余裕があったら、ここで報告します!



↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
トップへ | 

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム