11/25

子供の頃から、どうしても継続が苦手な自分。

計算が苦手、読書が苦手、英語が苦手。

数学の先生でありながら、僕は計算が遅いんです。
数学は、いかに計算を避けて、効率的に答えを出すかを競う競技みたいなもんなので、僕は生き抜いていけたのだが、
小学生の頃は、クラスでダントツに一番計算が遅かった。
今でも数学の先生の中では、計算は遅い方だと思いますが、さすがに、職業として毎日のように計算をしていたので、今では人並みよりちょっと計算が速くなりました。

最近、読書にはまっています。
自分の読書が嫌いだと言うトラウマを解消すべき手段として、本来なら今は英語の勉強をしているので英文を読まなければいけないところですが、日本語の本を読みあさっています。
ちょうど実家から話題の名作ばかりが送られて来た。
さすが人気の本だけあって、どれも面白い。
ここ数日これを続けていたら、読む事に抵抗がなくなって来ました。
知らなかった。実は本って、漫画みたいなもんなんですね。ワクワクします。
親から送られて来た本が、あと3冊残っているので、しばらくは退屈しなそうです。

英語。
僕は高校時代、英語の単位を落として留年しそうな年がありました。
それだけ苦手でした。そして嫌いでした。
今でもチンプンカンプンですが、それなりに英語でコミュニケーションは取れます。
毎日英語で話しているお陰、毎日英会話学校に通っているお陰ですね。


今週末、勤めている学校の運動会。
もちろん、教員代表としてリレーに参加します。
2ヶ月以上前にフットサルで足首を痛めてから、全く走ってない。
毎日20km自転車をこいでいるので運動不足ではないが、30代でぶっつけ本番は怪我のもと。
先ほど、近くの公園で短距離を少し走って来ました。
走ってみたら、カーブが異常に安定して走れる事が分かった。
トップスピードでカーブに入ってもぶれない。
さすが毎日自転車で坂を上っているだけありますね。


最近、継続の重要さを身をもって体験してます。
苦手な事でも継続すれば誰にだって力はつく。
でも、肝心の「継続が苦手」なのはどうすればいいのか?

問題は「どう継続して行くか」なんでしょうね。
習慣であったり、やる気であったり。

数学の先生になってから計算が速くなった。
面白い本を読み続ける。
学校に通うようになり、クラスの先生にも、クラスメイトにも恵まれ、英語を勉強するための気持ち作りがしやすい学校。
交通費を節約、運動不足を解消するために、毎日自転車に乗ってたら、足が速くなった。

環境を変え、やらざるを得ない環境に身を置く事が、継続するコツのようです。
前向きに継続できる環境と理由(目標)をしっかり整えてから、継続の作業に入る事が重要なんですね。

勉強だったり、ダイエットだったり・・・。

当面の英語の勉強方法ですが、洋書を読みあさろうと思います。
しかし、その前に、日本語の本をたくさん読み、「本は面白い」の感覚を植え付ける。
そこから、洋書を読みあさろうかと思います。
そして、読書の時間を作る。
今回のホリデーも、嫁さんの実家に行くのですが、エスプレッソマシーンを持参して、コーヒーとビスケット、そして読書。この時間を回りに迷惑がられても取ろうと思います(笑)


と言うわけで、みなさん、楽しいワクワクする様な洋書があったら教えて下さいm(_ _)m



ブログランキング

↓2つもあるんですが、もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。

育児パパランキング


海外ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
上のボタンをクリックすると、ここ↓の結果に反映されます。

NZ情報

5 Comments

  • Name:高校生
  • 問題はいかにしてその環境を整えるか、ですかねー。
  • 2013/11/25 18:32 | URL 
  • Name:leader
  • 環境を整える事。
    それと、自分の目標を整理する事ですかね。

    例えば、予備校で同じクオリティの授業を受けるのであれば、激混みする電車に乗っていくより、空いている電車に乗って学校へ向う方が長く続けられる。だったら、安易に都心部に行くより、田舎方向へ行って授業を受ける方がストレスが少なく、長く続けられる。
    ストレスなく続けられるかどうかってところがミソですね。

    もう一つは、「満員電車も国ならないぐらい素晴らしい授業」を受けに行く事。
    そっちの方が好ましいですね。
    これは理由。しっかりとした強力な理由があれば続けられる。

    「大学合格したらあれやろう!」とか、目標の明確化も継続できる重要な要因の一つですね。

    環境だけだと、気持ちが疲れた時に途絶えてしまう。
    気持ちだけだと長続きしない。
    よって、継続できるコツを細かく分けると、この3点ですかね。


    > 問題はいかにしてその環境を整えるか、ですかねー。
  • 2013/11/26 04:09 | URL 
  • Name:高校生
  • 返信ありがとうございます。

    もうひとつ気になることがあります。
    そういった環境などを整えることに固執するあまり、環境が整えられなかった時に、「条件が揃ってないから無理。揃えば俺は継続できる。今の環境がワリ」ってなるケースがあると思うんですが(ていうか僕のことなんですが笑)、その時はどうすればいいでしょうか。ほかの方法でモチベーションを上げるのがいいんですかね。
  • 2013/11/27 19:25 | URL 
  • Name:leader
  • う〜ん。
    そう言う時にまず僕が考えるのは「意志」ですね。
    「環境がわるい!」って思った時に、反射的に「俺の人生は環境次第でいいのか?」と自問自答するようにしています。
    「環境次第の人生は送りたくない。俺は自分の意志で自分の人生を構築するんだ。」って考える事にしています。
    そうすると、結構冷静になれることが多く、そう考えると以外と無理だと思わせる環境から抜け出せる抜け道が見つかったりするんです。

    例えばですが、僕は8人家族の家に住んでいて、そこで受験勉強をしていました。
    元々勉強が苦手な僕は、静かな場所じゃないと勉強ができませんでした。
    でも、静かな場所で勉強したい!って思ってもなかなか場所がなかった。
    そこで「こんな家で勉強できるか!」って思って勉強を放り投げた事が何度もあった。
    でも、「あれ?俺大学行って先生になるってのが俺の夢だったんだ。環境次第に「無理だ」って放り投げるんじゃなくて、自分の環境すらも操れる先生になりたい!」って思うようになった。
    そんな事を考えながら、犬の散歩をしていたら、一カ所だけ人通りが少なく街灯が凄く明るい場所を見つけたんです。
    僕は、そこに参考書を持ち込み、地面の砂に数式を書いたり、英単語を書いたりして勉強しました。

    懐かしい。
    それ以来「環境次第の自分」ではなく、「環境すらも操る自分」になっています。
    でも、一人では臨まない環境からの脱出はかなり困難で、限界があります。
    そんなときは"高校生"さんがやっているのと同じで、コミュニケーションが非常に役に立ちます。

    今年の始めに通っていた英会話学校は、授業料がアホ高いのに、授業の質があまり良くなかった。
    貯金は減って行く一方。家族がいるので、これ以上貯金を減らすのは無理。
    でも、英語力を上げなきゃ、自分が働けない。
    自分が働けなかったら、貯金は増えないし、次の子を授かる事も無理。
    家事や娘の保育園までの送り迎えもあるし、フルタイムで学生になるのも無理。
    無理無理無理!
    そこでちょっと鬱っぽくなり、どうしたらいいか分からなくなった。
    気持ちは憂鬱になり、人にメールするのも億劫な時期だったのですが、昔から親切にしてくれている英会話学校の先生にe-mailで連絡をしました。
    そしたら、「永住権を持っている人なら通える無料の英会話学校がある。」と教えてくれました。
    そうして今の学校に通うようになりました。
    質は高く、時間も1日3時間なので、無理なく通えていますし、英語力も上がっています。
    自分であの先生にe-mailを書かなかったら、行き詰まったままだったでしょう。

    「意志」と「コミュニケーション」があれば、環境の奴隷にならなくても生きて行けるんじゃないかって思います。
  • 2013/11/28 05:11 | URL 
  • Name:高校生
  • 環境に振り回されない意思と人を頼ることが大事なんですね。
    そう考えると今はこんな簡単にコミュニケーションが取れるわけですから、いい時代になったものです。

    色々ありがとうございました。
  • 2013/11/28 05:58 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://kaigaiikumen.blog.fc2.com/tb.php/164-da8c3167

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム