英語の発音。

カテゴリ:未分類

04/14

英語の発音なのですが、2年ぐらい前ですかねぇ、英語の発音は、大して重要じゃない!って言いきった日記に対して、結構な反響がありました。
ダイレクトには言わなくても「それは言いすぎなんじゃないの?」といったコメントが多かった気がします。

重要なのは、通じること。
無駄にネイティブの発音にしようと思っていること自体に無理があり、そこに意味がない。
僕はそう思います。
アメリカ英語のアクセント、インド英語のアクセント、イギリス英語、KIWI英語・・・そして、NZでは、ポリネシア系のアクセントもあります。
つまり、日本語なまりの英語も、通じればそれの中の一つに入る。
僕はそう思っています。

しかし、通じる英語を話すためには、最低限の条件を満たしていないといけません。
その最低限の条件とは、発音が全く通じないときに素直に修正する心を持つことです。
相手が全く理解していないのに、理解されないまましゃべり続けるのはよくないし、それでは、結局自分の自己満足の会話で終わってしまうだけで、いつまでたっても英語力は向上しません。
通じなかったときは、素直にどこの発音が悪かったかを反省する心は常に持っていた方がいいと。
ただ、そこでいちいち凹む必要はなく、ただ修正すればいい。


自分で言うのもなんですが、僕は割と聞き取りやすい英語の発音をしているらしいんです。
ネイティブの人から、良くそういわれます。
ですが、特定の単語の発音ができなかったりして、よく誤解されたりすること、今でも結構あります。

その問題の大体の原因はカタカナ英語にあるのです。
カタカナで覚えてしまうと、英語でしゃべっているときも脳が悩むんですよね。
傘の意味のアンブレラ。
あれ?LだっけRだっけ?って。

この前は、数学の問題でカードの複数形を発音した時
CARDSとCARSの発音の違いがうまくできずに「渋滞が発生しているの?」と生徒に言われました(笑)

昨日は、四則演算「Basic facts」のfactsの発音をカタカナ英語のファクトで発音したら、生徒を困惑させてしまいました(笑)
カタカナのファクトはF○ckと同じ発音が入ってしまうんですよ。
普通はそんな発音はしないのですが・・・油断していました。


そんなこんなで楽しく仕事をしているのですが(笑)
僕がNZで英語を学んでいる上で、数人の日本人男性の英語をお手本にしていたりします。
みんな異常なほど英語がうまく、言ってみれば、ネイティブスピーカーの人より上手に喋れたり読めたり書けたりする人たち。
そのうちの一人HIROさんのブログをここに。

Hiroの辛口英語発音論

本当にその通り!と言いたくなる内容ばかりです。
よかったらご一読を!

HIROさんは、ネイティブスピーカーの中に入り、なんとしゃべりで勝負する人なんです。
また、僕とはKIWIの奥さんを持つ日本人男性仲間、同年代の子供を持つパパ友、ランニング仲間として、すごく仲良くさせてもらっています。
NZで一番仲がいいお友達の一人ですが、業種が全く違うので、話していても飽きないんです。

NZでもいい出会いがたくさんあって幸せだなぁ、と思う今日この頃です。

では♪

ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

2 Comments

  • Name:真逆
  • 発音よりは声の大きさが大事でしょうか。私は自信がないので声が小さくなり、さらに通じなくなるということになってますね。

    職場では私の英語に慣れてきてるので何とかなりますが、違う部署に行くと聞こえない通じないでまた大変です。

    知り合いが言ってましたが、日本人はゆっくり話すから不正確でも理解はできるということです。なので背伸びして流暢ぶる必要はなくて片言でも会話が成立すればいいと思ってます。
  • 2016/04/14 17:43 | URL 
  • Name:leader
  • 通じること、それが一番大事ですよね。
    背伸びはしても、結局はあとで後悔するだけですもんね。
    とにかく伝えなくてはいけないことを伝えることが出来ればそれでいいのかと。
    僕の場合は、生徒に言い負かされない程度の話術は必要になるなって、日に日に自覚させられています。
    もう少しポンポン心にフィットする言葉を出す訓練が必要そうです。
  • 2016/04/15 14:35 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://kaigaiikumen.blog.fc2.com/tb.php/333-32df40af

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム