05/30

『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ』
『話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず』
『やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず』

山本五十六さんの言葉。
この時代のこの立場にいた人が、こういったことを言えただけでもすごい。
僕はこれらは教育の神髄だと思っています。

僕は「誉めなきゃ人は育たない」とかってに勘違いして覚えていました。
そんなこと言ってなかったですね(笑)
しかし、「誉めた方がずっと伸びる」ってのは、間違いないね。
誉めない指導者、日本には特に多い。
多いから、あんまり注目されないかもしれないけど、正しく誉めることによってこんなにも人は伸びるのだと。

今日、小学校に併設されている特別支援学校で仕事をした。
小学2年生か3年生ぐらいの年の子。
算数を教えた。

その子の能力として、6までの数字を把握するのがいっぱいいっぱいだろう、という診断が出ていた。
1から6までの数字が書いてあるカードと、プラスティックのテディベアがたくさん入っている箱を用意されていた。
カードに書いてある数字の分テディベアを並べるという作業。

最初は、やはり1しかできない。
2〜6になると、数字を読むことはできるが、数字と個数が頭の中で無ずびつかないみたいでした。

なので、今度は、テディベアを5つ並べて、一緒に数を数えてみた。
1・2・3・4・5!
「テディベア、何個ある?」
「5個!」
「じゃぁこれは?」と5が書いてあるカードを出す。
「5!」
「Well Done!」って言ってハイタッチ。

その次、間髪入れずに、テディベアを箱にしまい、5のカードを出し
「テディベア、5個出して!」って言ったら
さらっと5個テディベアを出してきた。
すかさず
「すげぇじゃん!よくできたね!すごく成長してるよ!」とべた誉めして、ハイタッチ。

そしたら、目が輝いたんだよね。
で、そこから1〜6まで、全部テディベアを出すことができた。
そしてべた褒め。
で「これ最後ね!」って言って、3のカードを出したら、その子は2個しかテディベアしか出さなかった。
ここで、先生は残念がってしまうか、それとも、チャンスと見て次の褒めるポイントを探すか。
「よし、これ、一緒に数えてみようか?」
1・2・・・
「何個テディベアある?」
「2個」
「3個じゃないよね、これ。」
「NO, Just two」
「じゃぁ、三個にするためには、あと何個テディベアが必要なの?」
って聞いたら
「1個」と答えた。

正直びっくりした。
数を数えることを学んでいる、そこで足踏みをずっと続けている子が、足し算の原理を理解し始めたんです。

特別支援学校に勤めたことのある人であれば、生徒が短期間で伸びるのがどれだけ珍しいことかわかると思うんです。
今回の件は、たまたまそうなったのかもしれない。
僕とその生徒との相性がすごく良かっただけかもしれない。
でも、そうであったとしても、できた時にしっかり褒めること。
何がすごかったかを具体的に指摘して誉めてあげること。
そうすることで、人間の力は際限なく伸びていくんだろうなぁ、と思った一日でした。



ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。




2 Comments

  • Name:きよきよ
  • お久しぶりでーす❗
    冒頭の言葉、父が昔よく言っていたのを思い出して、思わずコメントしちゃいました🎵私も、子供たちにこの姿勢で接しないと‼と思いました。
    誉めて育てる。これ大事ですよね
  • 2016/07/12 12:51 | URL 
  • Name:leader
  • おひさしぶりです!
    みなさん元気ですか?

    そうなんですよね、一緒に学んでいっぱいほめて、たくさん楽しんで。
    いがみ合いの中で成長するより、喜びの中で成長する人生のほうがいいですよね。

    とは言え、びしっと言わなければならないところは当然存在しますが・・・どうしても人間は甘いほう、楽なほうにながれてしまう傾向がありますから。ただ、それはお互い様で、娘からも指摘され怒られるときが僕もありますんで(^^;)
    お蔭様で、必死に楽しく生きてます♪
  • 2016/07/13 15:39 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://kaigaiikumen.blog.fc2.com/tb.php/355-27ebe402

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム