06/12

今日、動物園の近くにある、鉄道博物館に朝、行ってきました。

急いで家を出たので水を持ってくるの忘れてしまった。
仕方なく、デイリーに寄って、水を買うことに。
※デイリーとは、日本で言うコンビニのようなものです。そこまでコンビニエントではないですが(笑)


デイリーだと、スーパーの2.5倍ぐらいの値段するので、あんまり利用したくはないのですが、仕方なく動物園の近くの7Day openと書いてあるデイリーに行った。
同じ水が二か所に置いてあり、片方には2ドル90セント、もう片方には2ドル50セントと書いてあった
2ドル90の方には堂々と値札が付いていて、2ドル50の方は、少しすみっこに追いやられていた。
ちなみにこの水、スーパーだと99セントなんですけどね。
まぁ、この程度の差額は覚悟していたからいいんだけど、なんで二種類価格があるの?
全く同じ水なのに、と思って店員のおばちゃんに
「この水はいくらなの?」
って聞いたら、
「そこに書いてあるでしょ、2ドル90セントよ。」と答えてきた。
普通に値段を言えばいいのに、「そこに書いてあるでしょ」と付け加えてきたので、ちょっとムカッとして。
「じゃぁ、こっちの2ドル50の水はなんなんだよ」
と問いただしたら
「しまっておくスペースがなかったから、そこに置いてあるだけよ」
と返ってきた。
しかも、おばちゃん、なぜか激怒してる(汗)

自分は本来、こんなことでは口論になったりしないんだけど、ちょっと今朝の私は虫の居所が悪かったようで
「だったら置き場所変えろよ」って言いながら5ドル札を渡した。
そのおばちゃんは
「そんな必要はないわ、私がやりたいようにやるだけよ」と突っ返してきた。
この人は理論がわからない人なのだな、むかつくけど、この言い合いは終わりにしてさっさと店を出ようと思い。
「もうどうだっていいよ、おつりよこせよ!」って言って、おつりを受け取ってさっさと店を出た。
店を出るときに「感じ悪いなぁ!」と捨て台詞をはいて。

僕は本来言い合いレベルの喧嘩も大っ嫌いだから、めったにこういう人とはやり合わないのですが・・・こういうのは自分らしくないんです。
何かイライラしていたんですね。

で、鉄道博物館に着き、まだイライラが冷めやらなかったので、自動販売機で2ドルのコーヒーを買おうとさっきもらったお釣りを確認したら・・・4ドル10セントもある(笑)
スーパーより安く売ってくれたのね、あのおばちゃん。
値段を変えるのも、おばちゃんの自由だもんね!
おばちゃんの正義、貫き通してくれてありがとう!

ちなみに、昔のNZでは、交通違反をした人の車をぺしゃんこにすることによって反省させたという時期があったそうです。
その時の正義の犠牲第一号になった車がこの車。
kuruma.jpg

正義の形にもいろいろあるんだなぁ(笑)


ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://kaigaiikumen.blog.fc2.com/tb.php/361-488c7b99

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム