06/20

いつも毎週月曜日は、特別支援学校で働いているのですが、今日は人手が足りていたようで、電話はなかった。
収入が厳しい時に、仕事が入らないのはきついのですが、発想を転換して、急きょ空いた一日を勉強とランニングに充てることにした。
ずっとやりたかった、そしてやらなければならなかったことにしっかり時間を充てられるいい機会。

来月に来るスクールホリデーあたりでIELTSのテストを受けようかと思っているところです。
まぁ、まだ迷っていますが。

正直、ここ数か月、貯金がものすごい勢いで減っているのを見て、すごく焦りまして、早々にでも正規の先生として働かないと!っと、ネットで口座を確認するたびに思っているところです(笑)

で、本日、去年まで毎週3日は通っていたOnehunga libraryに行き、勉強を再開。
半年ぶりに試験勉強に挑みましたが・・・やっぱり、リーディングもライティングもめちゃくちゃでした。
リーディングは時間をオーバーしたのにもかかわらず、点数が低い。
ライティングは、時間をかけても仕上がらない。

テスト勉強をし始めるときは、だいたいこんなものなので、そこまで焦ってはいませんが、英語環境で、毎日英語を使って会話することを仕事としている自分としては、もう少し手ごたえを感じたかったというのが本音です。
ただ、自分の英語力にはそれなりの自信があるんでしょうね、これができなかったからと言って、自分の英語力を否定されたとは思いませんでした。
なので、冷静に「あぁ、こういう英語を求めているわけか・・・。」って捉えることができました。

日本でも、中学生ごろから、新聞を切り抜いてノートに貼ったりして、よりアカデミックな文章を読む癖をつけ始めるのですが、英語でもその作業をさせられているところですね。
ただ、読んでる内容は、学術論文のような文章がほとんどなため、新聞よりもずっと読みにくい。
新聞は、そんなに読むのに苦労しないのですが、やはりIELTSの文章は、読み進めたいと思わない書き方になっている。

で、今日は「なんで俺は読みたくないんだろう?」というところに焦点を当てて自分を分析してみました。
最近の教育業界では、よく人間が物事を学ぶときに、自分が3つのタイプのどれに属しているかを知ると、効率がいいと言います。
その3つのタイプというのは、視覚・聴覚・体感型。

視覚タイプは、言葉で物事を理解する。
書き写したりして覚えるのが得意。

聴覚タイプは、聞くことで理解する。
読んで理解するよりも、誰かに説明してもらった方が理解が速い。
説明が得意。

体感タイプは体を動かして理解する。
じっとしているのが苦手で、ながら学習の方が効果を発揮することがある。
無理に勉強すると、まったくはかどらない。

ここでわかるのが、僕は学生の時、完全に聴覚と体感タイプのど真ん中だった。
勉強していると、イライラしてきて、勉強を止めて、よく走りに行ったり、ボールをけったりしていた。
また、全く同じことが教科書に書いてあるのに、誰かに説明されないと腹に落ちなかった。

学生時代は、国語や社会の教科書を何度読んでも、あんまりよく理解できていなかった記憶がある。
これは、自分の能力が低いというより、僕の脳がかなり偏った傾向を持っていたんだな、と今日やっと気付いた。
日本のテストは、基本的に視覚タイプに有利になるようにできている。
数学は例外だと思うけど。

読むのが速く理解が速い方が圧倒的に有利。
国語だけでなく、理科や社会も学習教材に説明の文章が多いのも一つの傾向。
ただでさえ僕の時代はYoutubeなんてなかったからね、最高に不利な状況で勉強してたことになる。

そして今、僕の目の前に現れているIELTS。
Readingが天敵である。
いくらやってもうまくいかない。
で、今日、読んでもなかなか頭にすらっと入っていかないことに気付いた。
会話では、ほとんどネイティブと変わらない反応で聞き取り、受け答えができるのにもかかわらず、読むスピードは小学生レベル。
単語は対応できる力は付いているのですが・・・。

とりあえず、分析はここまで。
ここからは、聴覚・体感タイプの人間は、どんな方法で効率的にスピードを上げられるのかの情報収集をしたいと思います。






ブログランキング

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。




Related Entries

2 Comments

  • Name:ふにゃこ
  • 同じような分類なのに、私の分野(アドラー心理学)の心理士さんが名付けた分類と、内容がちがってはいますが、私の場合は、イクメンさんの紹介している分類の、視覚タイプそのものです。文字から情報を得ます。日本語だと場数がちがうので分かりづらいですが、外国語の場合は、リスニングでさっぱり分からなくても、書いてあれば理解が出来ます。でも、映画を英語字幕で見ていると、音声にじゃまされて、結局字幕も分からず、かえって内容が分からなくなる、という不思議な現象に悩まされます・・
  • 2016/06/21 09:48 | URL   [ 編集 ]
  • Name:leader
  • 僕は、字幕に邪魔されて聞き取れなくなります(笑)
    内容がわからなくなることは一致していますが、アプローチは全く逆ですね(^^;)
    聞いたり話したりが得意な方が、教員としてはプラスなのですが・・・IELTSがきついんです・・・。
  • 2016/06/21 17:54 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://kaigaiikumen.blog.fc2.com/tb.php/364-30cab2d0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

アクセス解析

リンク

ブロとも申請フォーム