07/06

最近いろいろ感じることがあるんですよね。
NZの高校の先生方は、当たり前ですが普通に数学ができるんです。
もちろん教えているうちに学ぶのかもしれませんが、受験数学を経ることなく、これだけ数学の力が付けられるわけなんですよね。

僕らが、ひーひー言いながら身に付けている計算力なんですが、因数分解の計算をすごいスピードですごく正確にできる力、これは日本の教育ではすごく重要とされます。いざ受験の時に、その1問が合否の分かれ道だったりしますから。
でも、NZでは、そんなに生徒を追い込むことなくみんな勉強して、できる子はできるようになっている。

もちろん、できない子に対しての追い込みは必要だと思うのですが、受験のプレッシャーがないところで楽しく数学を学べることが、やっぱりベストなんだろうなぁ・・・って最近思うんですよね。数学の力がどう生きるかってのは、やっぱり受験でどれだけ点数が取れたかではなく、普段の数学の授業で、どれだけ教員が子供の頭で考えさせたがで決まるんじゃないかと思うんです。

例えば連立方程式の解き方を教えるときに、手っ取り早く解き方を教えるなら
3x+4y=5
2x-y=3
と例題を用意して、ちゃっちゃとシンプルに教えればいい。

でも、やり方を教わってできるようになる力って、受験に必要なだけで、人生において役に立つ数学的見方考え方は全く育たない気がするんですよね。

だから、やっぱり教科書の導入のような
消しゴム2個と鉛筆5本で150円、消しゴム1戸と鉛筆2本で70円でした。
それぞれの値段を求めなさい。ってアプローチから
2x+5y=150
x+2y=70

学校では、導入にこういうものを考えさせるに至るわけで、この経路が最近非常に重要だと痛感するんですよね。

でもですね、やっぱり受験に勝てないと、一般的にはいい授業をしていることにはならないんですよね。
ところが、この変化の激しい最近の世の中では、これからの社会に役に立つような力って、教わったことをひたすら練習してできるようになる力よりも、自分で考えて解決する力なんですよね。(※もちろん、教わったことをひたすら練習してできる力も重要ですよ!でも、比重としてはってことです。)
決して今の日本の学校教育の数学が悪いとは思わないし、むしろものすごい優れたものだと思う。
でも、受験だけに照準を合わせて授業をすることの方が重要とされる風潮はまだまだある。
保護者の立場から言ったら、やっぱり受験に勝てないと・・・と思うでしょうけど、最近は高学歴だけではうまくいかない世の中の傾向が目立ちます。世界の動きを見ていると、本当に受験に勝つだけで生徒たちの将来が明るくなるかどうかを見定める時期に来ていると断言できます。

多少時間がかかろうが、考えさせる授業、生徒の意見を引き出せる授業をする先生がいい先生だと、もっと一般的に認識してもらいたい。
まぁ、日本の国民性から言って、受験で一生懸命頑張ることってのも、人格形成にとっても役に立つし、お尻を叩かれてやっと勉強し始めて初めて数学の面白さに気づく生徒もいるので、ひとくくりに受験数学が悪いとはいわないし、思いもしないけど、学校教育で教えている数学の先生方は、引き続き考えさせる授業を続けていかないと、受験志向に傾いた授業を学校でしていると、日本の未来は危ういなって感じます。

ブログのタイトルを、数学の先生としてのタイトルにしているので、たまには数学のことについて語ってみようかなぁって思って書いてみました。たぶん、もしこれが本当にたくさんの人の目に触れたら、きっと批判も来るでしょうが、もう僕もそろそろベテランで経験豊かな教員のカテゴリーに分類されるころですし、特に教育・数学に関しては思ったことを世の中に発信していこうと思っています。
せっかく普通はできない経験をさせてもらっているので、世の中に還元していかないといけませんよね。

※塾はもともと学校とは存在主旨が異なるので、ここでは塾を議論の対象とはしないことにします。


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://kaigaiikumen.blog.fc2.com/tb.php/456-c8962518

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム