教育と投資。

カテゴリ:教育

11/14

どうしても、今は隣国との緊張状態もあり、軍事にお金をかけるんでしょうが・・・そうするしかないんかなぁ・・・。

例えば、どこかの国のように、軍事パレードの時に張りぼてのミサイルを他国に見せつけるみたいな、そんな見せかけだけの補強にして、それに充てていると表では言っているお金を、教育に回してもありなんじゃないかって思う。
お金や時間をもっと教育につぎ込むべきだと思う。
教育の在り方自体に方向転換が必要なこの時期だからこそ。

例えば、僕の友達は数学の先生をしているんだが、彼は熱心に生徒と数学のことを一途に思って働いている。
こういう人材が学校教育には必要なんですが、実際、彼が住んでいるのは地方で、採用枠が狭いから、正規採用になかなか慣れないでいる。
そういう先生が、数学の面白さを一般の生徒に伝え、生徒は頭の使い方を学び、結局最終的に国力の強化につながるんだから、絶対に必要なのに。

彼の受からない要因としては、ペーパーテストと、僕の勝手な思い込みかもしれないけど、ある程度の癒着も裏にはあるんじゃないかと思う。

でも、教員って、試験の点数が取れる人を雇ったからっていい結果になるわけではない、コネがある人をやとったからいい結果になるわけではないので、選定の仕方ももうそろそろ変えていかなければならないと僕は思うんです。
きっとそれを肌で感じているお偉いさんもいるのでしょう。
でも、そういった抜本的改革には、時間とお金がかかる。
ただでさえくそ忙しい教育委員会や文科省が、その辺で舵をきれないのも分かる。
結局、人員と時間、そしてそれにかかる予算がネックなんだろう。

例えば、じゃぁ教育委員会に、そういった改革委員を作って、人員をそれなりに優秀だったり経験のある人を例えば5人用意しよう。
優秀で経験があるのだから、一人年俸1千万円とする。
5人で5千万円。
優秀な5人を中心に舵をとってもらい、教員の採用システムや、受験に偏っている日本の教育的価値観を、目指す生徒像育成へ教育自体をシフトさせる。
一県でそれをやって、結果が出たら、その結果を模範、もしくは参考にして、他県も真似すればいいんじゃないかって思う。

素人の皮算用もいいとこだけどね(笑)

でもさぁ、ミサイル買うお金を、そういうところにちょっとまわしてくれたらなぁ・・・。

と、トランプさんのツイッターのつぶやきがちらっと眼に入ったもんでぼやいてみました(笑)


↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
Related Entries

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://kaigaiikumen.blog.fc2.com/tb.php/511-f175eca2

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

アクセス解析

リンク

ブロとも申請フォーム