努力不要論。

カテゴリ:哲学

11/19

うつくしいものを美しいと思える あなたのこころがうつくしい
(相田みつを)

NZ人の嫁さんが日本に来たときは、納豆が嫌いだった。
でも、僕らがうめぇうめぇ!って言いながら食べている姿を見て
「絶対おいしいと感じるポイントがあるはず」と言って、目をつぶっていろいろ考えながら、もう一度納豆を食べたら、そのおいしさに気づいた。
それ以来嫁さんは納豆が大好きです。

嫁さんに関してのもう一つのエピソードをここで。
NZでは、セミの音、鈴虫の音は、騒音雑音としてとらえられることが多いです。
でも、日本人にとっては、鳥のさえずりと同じように、季節を表す気持ちのいいものですよね。

僕は、香川県で教員をしていました。
また、嫁さんは、香川県の高校で英語の補助教員をしていました。
ある残暑が厳しかった日の夕暮れの田んぼ道を二人で歩いていると、鈴虫の大合唱が始まった。
ものすごい音量。
僕は鈴虫のジャグジー風呂に入っているかのような、ものすごく心地いい感覚を覚えた。
ドラゴンボール風に言うと、メディカルマシーンに入っているかのような感覚
めでぃかるましーん

そんな僕を見て、嫁さんは
「これを騒音としてとらえるよりも、美しいものとしてとらえた方が、人生は100倍楽しくなるはず」
って言って、また目を閉じて集中して、虫の音を美しいと感じる感覚を探しはじめた。

何が言いたいかというと、嫁さんは、とっても僕のことが好きなんです
「苦痛を伴う努力をしなくていい技術」を使っていたんです。

納豆を無理やり食べたら、そりゃ苦痛ですし、体にいいからおいしくなくても食べなければならない苦痛ですよね。
でも、それがおいしいと感じられたら、そんなに幸せなことはない。

虫の音も「うるさい」と思って我慢してるよりも「美しい虫の音」としてとらえた方が、ストレスも少ないし、むしろ癒される。

脳科学の研究をしている人がこんなことを言っていました。
運がいい人と運が悪い人、実は数学的にはそんな差は存在しないんですね。
運がいい人と悪い人の差は、とらえ方なんですよね。

雨が降ってる自然現象を、運がいいととらえられる人と、運が悪いととらえられる人の差なんです、と言っていました。

そしてもう一つ超重要なことを言っていました。

「日本人の脳は不安を感じやすい作りになっている。」

ということです。

不安を消すために努力をひたすら続ける。
でも、これって、全く勉強していなかった人間が勉強をしっかりして自信をつける場合には有効でも、一生懸命やってきた人間には逆効果、間違った方法だそうです。
僕は人にものすごい努力を強いることはしませんが、自分にはいつも努力が足りないと言い聞かせてきたところがあります。
通りでIELTSのスコアが伸びなかったわけだ・・・。

僕自身も、海外に出てから、今まで僕も実践してきた根性論、努力論に疑問を感じるようになりました。
これらは全部、教育ではだめとされる結果論ありきのテクノロジーなんです。
不安に感じやすい日本人は、確かに根性、努力で安心を求める傾向にあるけど、逆に、それらがあれば何でもできると思い込んでいる側面もある。
それが危険なんだってこと。
日本人の自殺者の多くの人の理由がそこにあるんじゃないかと思うんです。

僕は根性論、努力論はそんなに完成された、絶対的なものではない、とここのところでやっと理解しました。

人間って、今を生きているんです。
結果じゃないんです。
つまり、努力も楽しくないと、現時点では人生を楽しめていない。
努力も楽しめるようにするべきなんですよね。
つまり、努力と呼ばなくていい形にするのが、一番いい教育の仕方なんじゃないかなぁって思うんです。

そりゃ歯の治療とかは別ですよ。
ちょっと苦痛を我慢しないと楽になりませんから(笑)
ただ、痛いのが好きな人の気持ちが分かったら、それも努力と思わず済むのかも(笑)

ということで、僕もIELTSの勉強を、ずっと苦行だと思ってやってきましたが、楽しくできる方法を見出して、残りの3週間、みっちり勉強したいと思います♪

あ、ちなみに、バナナを食べると、不安になる気持ちが抑えられるみたいですよ!
今日から毎日バナナ食べまーす!

↓もし、よろしかったら、押して行ってください。
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。
Related Entries

2 Comments

  • Name:ふにゃこ
  • おくさま、前向きな方ですね^^
    日本の子は、野菜嫌いを克服するように、親も保育園などもあの手この手で食べられるようにすることが多いです。強要しても成功しないことが多いですが、そのおいしいところを伝えられるとうまくいくことがありますよね。NZの子って、きらいなものは食べなくていい、という方針のケースが多いように思います。強要はよくない、という観点ではそれもありだけれど、おいしい食べ方もあるのになーと残念に思う場合もときどきあります。
  • 2017/11/19 08:45 | URL   [ 編集 ]
  • Name:leader
  • すごく前向きな時と、すごく不安を感じるときと。
    まぁ人間なんで当たり前ですが、そんなところです。
    ただ、お互い学ぶ点が多く、めぐり合わせていただいた神様に感謝しています。

    「嫌いなものは食べない」僕は、食よりも、数学にそれを感じたりします(笑)
    正規の教員になれたら、その食わず嫌いをただすところから入ろうと思います♪
  • 2017/11/20 18:20 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://kaigaiikumen.blog.fc2.com/tb.php/516-6aac7246

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

アクセス解析

リンク

ブロとも申請フォーム