04/08

昨日、IELTSを受けてきました!
タイトルにある通りなのですが、今回は誤算が続きました。

僕は、今回Manukau Institute Technolog(MIT)という大学のキャンパスでの受験を希望しました。
MITはスタッフの人がみんな結構フレンドリーで、リラックスした雰囲気が好きなのと、学校が割と家から近いこと、さらにはキャンパス内にある駐車場を利用できるので、駐車場代がかからないことが選んだ理由なんですが・・・実際僕がクリックしてしまったのは、MIT commerceというところだったらしく、MITのAuckland Cityにあるキャンパスに申し込んでしまったようです。しかも、スピーキングのテストは午前9時から。受験者は45分前に来てくださいという注意書きがメールに書いてあったので、8:15までに会場入りしなければならなくなってしまった。
で、実際に8:15に会場入りしようとしたら、会場が開くのは8:30からですよと係の方が教えてくれた・・・イライラするわな(苦笑)
スピーキングテストは15分程度で、午後のテストは12時40分から・・・いつも思いますが、3時間トイレに行くことが許されなかったりなど、受験者の人権はこのテストは無視なんですよね。
しかも、会場を知らされたのは試験2日前で、こっちとしてはメンタルブレまくりでしたよ。

で、なんとかテストが始まる。
面接官が僕の名前を呼ぶ。
笑顔で挨拶をしたのに、返してこない。
「この会場初めてなのよねぇ」ってボソッと言ってたから、「俺もだよ」と話してちょっとした世間話をテストが行われる教室までの間しようと試みたけど、完全に無視なんです。

テスト中も、終始冷たい受け答え。
まるで僕い攻められているような感覚に陥りました。
385ドル払っていじめられて散々ですよね(笑)
スピーキングすべての受け答えで冷たい試験管。
かなりのプレッシャーを受けました。
こんなんでは日本語でだって受け答えできねぇよ・・・ほぼいじめ状態。

ここ数回スピーキングは7.0か7.5をマークしていますが、こんな緊張感の中で、相手の言っていることが頭の中に入ってこなくて、結局質問を聞き直してしまったり、7.0を切ることは間違いない。
ただ、僕はスピーキングは気にする必要はないので、気持ちを切り替えたいのですが、そこで受けた冷遇に精神的にダメージをくらってしまい、気持ちが切り替わらない。
さすがにこれはクレーム出しました。
人として失礼すぎる。

完全にダメージを負ったままListeningに。
ただ、今回のテストは簡単だったんじゃないかな?
珍しくすべてが聞き取れた。ちょっとあやふやな点が3点ぐらいで、あとはよっぽどの自分の勘違いがない限り正解していると思う。

しかしReadingはちょっと状況が違った。
最初の問題から、ちょっと問題がいつもよりも難しかったんです。
そして、大問2は、宇宙のことを話していて、かなり難しく感じた。
結局前半の2問に50分かけてしまい、最後はほぼ勘。
これで7.0取ったら、鼻血出てしまうぐらい驚くぜ(笑)
正直、精神的に疲れていて、脳に入ってくる情報のスピードがかなり遅かったのが原因かと。
後は、今までと少し傾向が変わっており、選択肢の文章が長い。
結局本文だけでなく、質問文を読んでいる時間も長くなっていた。
結果が5.5であったとしても驚きはしないってのが、解き終わったときの感想。
しかし、へこんでいる暇はない。
すぐに次のテストが始まる。

Writingは
タスク1は折れ線グラフ。
タスク2は
Some people say that a government money should not be used for art and cultural activities. Others say to fund these activities has benefit for the population and the culture.
こんな感じでした。

文字数はかけたけど、質が気になる。
タスク1に25分かけてしまい、いつもなら稚拙な単語をアカデミックなものに置き換えるためにかなり時間を使うんだけど、今回は時間が足りなかったから、ちょっと質を落とさざるを得なかった。
手ごたえとしては、6.5~7.0.
6.0だとしたらすごく驚く。
7.5取れていたとしたら、意識しないところで高等なグラマーや単語を使っていて、さらにくだらない間違いの数がすごく少なかったってことだろう。
ここで7.0を取れれば、次はreadingだけに集中できるから、できれば7.0に届いてほしいなぁ。

昨日の夜は、久々にワインをボトル1本開けて、酔っぱらって寝ました。
細かな反省としては、やっぱり体調管理だったかな。
ストレスからなのか、3日間あんまりよく寝れていなかった。

ストレスのコントロールをもう少し改善したら、リーディング行けるんじゃないかなぁ?


ということで、もう少しチャレンジは続きそうです。



ランキングが高いと、また書こうって思えるので、
↓もし、よろしかったら、押して行っていただけるとすごく嬉しいです(^^)
お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

にほんブログ村のニュージーランド情報ランキング。

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://kaigaiikumen.blog.fc2.com/tb.php/567-2c0f530d

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

リンク

ブロとも申請フォーム