11/20

今日、NZ人の生徒に日本語を教えていました。
46495829_764345770575310_763609747453640704_n.jpg

週に1度、ホリデー中はやってないので、なかなか学習は進んでいませんが、もう教え始めて1年以上たったので、ひらがなもカタカナも何とか書いて読めるようになりました。
先週から文法の学習に入っているのですが、これがなかなか難しいんですよ。

文法とはちょっと違いますが、数字を1から10まで数えるときは4は「よん」と読んでも「し」と読んでもいいわけなんです。
でも、10から1、つまり上から下に読む場合には4は必ず「よん」としか読まないんですよね。

僕、日本語のネイティブスピーカーなわけで、どうしてかはよくわからないんです。

ほかにも、どういう時に「は」を「わ」と読むのか知らないわけなんですよ。
感覚に頼っているわけで、どう説明したらいいかなんて、日本語の先生しか知らないわけね。

この「は」に関しては「subject marker(主語を示すもの)」と呼ばれ認識されます。
日本語を教える前は知りませんでした、そんな表現。
つまり、主語の後に使う「は」の発音は「わ」なんだと、その生徒もわかってくれました。

しかし、今日の問題は「何」でした・・・。

何って、「なに」って読んだり「なん」って読んだりするんですよね。
これって、どんな時にどちらの発音を選んでいるんだろうか?

日本語を教えるサイトを見ると
How manyのときは「なん」
Whatのときは「なに」


と読むって書かれていた。
確かに人数の「何人?」は「なんにん?」ですよね。
そして、どこの国出身かを聞くときの「何人」は「なにじん」ですよね。

と伝えたら。

でもミスター、僕が教わった
「あなたの名前は何ですか?」
は、whatなのに「なん」って発音するって言ってたよって瞬時に指摘され


・・・わからない・・・。

授業が終わってから、嫁さんと話していたのだが・・・まだわからず。


なので、キッチンを片付けながらも考え続けました。


でもまだわからず。


全くいったい、なんなんだよ!
って言いたくなりますね・・・って、落ち切ってない感じがしますが、今日はここまでにします(^^;)



ぜひ↓押して行ってください(^^)
お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

Related Entries

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://kaigaiikumen.blog.fc2.com/tb.php/673-5b79adf4

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

☆☆☆カウンター☆☆☆

アクセスランキング

アクセス解析

リンク

ブロとも申請フォーム